« 秋の日本原風景 | トップページ | ドーナッツ・しっぽ »

2015年9月 6日 (日)

畑の中の食堂

猫らを、スカシカシパンで誤魔化して出かけた週末。

Sukashipan2

美しい棚田の風景を堪能した後、お昼ご飯を食べに行ったのは、恵那市の「畑の中の食堂 yama5ya(ヤマゴヤ)」さん。

Yama5ya

(クラシカルな写真になってしまったが)この地へ移住され、今年の春にオープンしたばかり。山小屋からは、恵那の山々がノビノビと広がって見える。

私たちが座ったのは窓際の席。木々の合間から別の山小屋が見えたり、飛んで来る鳥を見たり、長閑だなぁ。

Yama5ya2

ここでは、肉・魚を使わない料理がいただける。

Y5lunch3

冬瓜の冷製スープ。「コブミカンやレモングラスなどで爽やかに仕上げています」と、爽やかに説明してくださる。まだ暑さが残る中、喉をスッっと潤してくれる。

Y5lunch1

真ん中のエビフライっぽいのは、ニンジンのフライ。にぃさんが「カボチャ」だと思ったほど、甘い。野菜、豆、木の実など存分に味わえるワンプレート・・・思いのほか腹が満たされる。美味しい自家製パンには、”^五”と、洒落の効いたヤマゴヤさんの焼印?

Y5lunch2

ミニデザートの卵や油脂を使わないパウンドケーキも、ブルーベリーソースでしっとり。

開店直後に訪れたら予約で一杯とのこと。諦めて帰ろうかとも思ったが、近くの道の駅やらで1時間半ほど時間を潰して待った甲斐あり。

自然の恵みを生かした食堂=天候に左右されることを楽しむ余裕、覚悟、食への信念、地域で生活する柔軟な心と知恵がないと出来ないことだろうな。

Yama5ya3

これから地域でどういう存在になっていくのだろう・・・と、楽しみな食堂として再訪したいと思いながら帰路に着く。

Wabifine80

スカシカシパン・オン・ザ・ヘッド!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 秋の日本原風景 | トップページ | ドーナッツ・しっぽ »

コメント

人参のフライ!?しかも丸ごと?
それは美味しい人参じゃないと、出来ない技ですよね!
一食の価値ありですな(о´∀`о)

スカシカパン♪大人しく頭に乗っけられて(σ≧▽≦)σワビにゃんカワエェ~

投稿: onnea | 2015年9月 7日 (月) 17時29分

club onneaさん

スカシカシパン、やっとデビューです(*≧m≦*)!
かなり食い付きの良い海洋生物シリーズ。色がアイドルっぽいんで、ワビの頭に乗っけてみました。こやつ、被り物いけるかも?

人参フライ、半割りだったと思うんだけど、超甘!
地元の野菜なのか、自家製野菜か聞かなかったのだけど、食にこだわり持ってるようね。
フライに付けるカシューナッツのソースも美味でした。
シェフは、栃木の「アンリロ」という有名店の出のようです。アンリロの間看板メニューも人参フライみたい。
アンリロレシピもあるようだから、美味しい人参採れたら
、やってみそ!
イベント続きのお疲れを引きずりませんように!

投稿: サヴィねぇ | 2015年9月 7日 (月) 20時18分

素敵な山小屋ですね~。
身体に良さそうなお食事に景色も最高ではないですか!
心もリラックス出来そうですね~。
これは人気なのが分かります。o(*^▽^*)o

スカシカシパン??
って何だろうって思って、調べたらウニの仲間なんですね。
他にも、スカシカシパンって菓子パンがあったり、
中川祥子さん考案のスカシカシパンマンなるものが
存在するのですね~。笑

それを頭にのっけるワビちゃん、かわゆす。

投稿: はぐてんママ | 2015年9月10日 (木) 16時24分

clubはぐてんママさん

この4月に開業なさって、まだ、夜営業はされていないのに、もう予約がいっぱいのお店・・・。
オサレなカフェ・レストランがその地域ではほとんどないからとも思われるけれど、遠方からも来るファンがいるようです。
また、行ってみたいと思うところでしたよ。

ははは、そうなんです、スカシカシパン・・・って、何?って感じですよね。
ショコタンだからこそ、このスカシカシパンに食いついた何かを、この海洋生物は持っていると!
ワビ、ギガかわゆすでしょ。

投稿: サヴィねぇ | 2015年9月10日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の日本原風景 | トップページ | ドーナッツ・しっぽ »