« 開田高原(2) のんびり~ | トップページ | 冬に美味しいもの »

2015年11月28日 (土)

4WDの軽でGO!

先日訪れた開田高原へは、江戸時代の街道の一つ、国道19号の中山道(木曽路)を、木曽川を眺めながらヒタ走る。

岐阜~長野にかけては母の在所も近く、小中学生の頃に訪れた名所も数多い。が、その行った「はず」と、かなり記憶が怪しい。

その一つ、「巨大な古い吊り橋、昔も見た覚えあるけど何だっけ?」は、この土地の水力発電開発の資材運搬用に建設された全長約250mの「桃介橋」。

Momsuke1

初上橋!(がっしりした造りで大丈夫そうだが)にぃいさんを先に歩かせ、こっそり吊り橋の安全性を確かめる。橋そのものも美しいが、橋上からの眺めも素晴らしい。でも半端なく寒くて半分で引き返す。

そこから25kmほど行くと、木曽川の激流で刻まれた巨大な花崗岩群が見られる「寝覚の床」がある。桃太郎が婆さんに拾われた場所だと誤って記憶していた、そこは、浦島太郎が竜宮城から帰った後、知人を探し諸国を歩いている途中、あの玉手箱を開けちゃった場所なんだとか・・・。

どっちの太郎にしたって、嘘つけ~!

ドライブの足は、もっぱら私の愛車ホンダの「Z」(あの往年の360ccではない)。4WDの軽自動車、実によく走り、小回りがきく。

にぃさんの車はMTなので操縦する楽しみはあるけど、渋滞時とか半クラッチの脚がつりそうになるし、高速代は軽自動車の方が安いし。

Zh0nda

乗りやすさが気に入って、もう15年目になる(街乗りが主だったので、いまだ5万kmしか走っていない)。このタイプの後継車、HONDAで出してくれないかな・・・。

ミッドシップのため、後部座席に乗る人は「体育座りする」のような最悪な乗り心地(笑)。シートを倒してフラットにすれば十分なラゲッジスペース(災害時には猫達のシェルターになる)。タイヤが大径なので車高が高く、見晴らし良し?今年車検通したけど、いつまで乗れるかな。

さて、話は中山道に戻る。途中、坂下町(馬籠近く)にある川沿いのカフェでランチ。

64cafe

私が知る限り、この町では唯一のお洒落カフェ。

64cafe1

”物凄く洗練された”というより、親しみを感じるランチメニュー。野菜は地元のものだろうか、新鮮でおいしい。デザートのグレープフルーツのゼリーも濃厚。

64cafe3

カフェのテラスから見える山肌の防護法面工の形が、猫の耳・・・?

64cafe2

この辺りに来た時は、また寄ってみよう。

Wabifine83

車に猫たちも乗せて旅に行くことが、にぃさんの夢らしいが・・・

┐(´д`)┌マズモッテ、ムリダナ・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 開田高原(2) のんびり~ | トップページ | 冬に美味しいもの »

コメント

おっ!
吊り橋に立っているお方はにぃさん!?
これはお顔を拝見できるのかとポチッ。
モザイクかかってた。笑
でも、顔は見えなくともオサレな雰囲気が
漂っておりますな~。

車には詳しくないのですが、愛車が乗りやすいと
手放せないでしょうね~。
私は今、ホンダのN-BOXですが、かなり気に入ってます。
背の高い私でも、かなり広く感じる内装なのです。
機会がございましたら、是非一度試乗して見て下さいね。
あっ、ホンダの回し者ではないですよ。笑

投稿: はぐてんママ | 2015年11月29日 (日) 14時51分

club はぐてんママさん

はははは!拡大していただいたのに、スミマセン。俺にプライバシーはないのか・・・と呟くので、一応、モザイクかけてみました。

私は免許取ってからずっとHONDA。
トゥデイ、プレリュード(2種類)、インテグラ、デルソルと、にぃさんと共に中古で乗り継いできました。
2000年に名古屋も集中豪雨で川が氾濫し、インテグラが水没し、そのトラウマから「車高の高い車!」と、今のZを買いました(笑)。
N-ONEシリーズが出た時に随分と考えました。買うならN-BOXと思いながら、まだZの調子が良くてね・・・。
にぃさんは、会社の関係で他社の車に乗り換えましたが、HONDAファンの私は、なかなか浮気できなくって・・。
あ、ワタシもHONDAの回し者じゃなくてよ!

ママさんも早く足を治して、お出掛けしてくださいね!

投稿: サヴィねぇ | 2015年11月29日 (日) 16時54分

寒い日本の
一人暮らしが寂しくて
猫飼おうかどうかが頭をよぎる
りーべです。

にぃさまの気持ちもよくわかります。家族ですからね。
家族で週末車でドライブ、そんな温たか家族はいいことです。

ある年齢から、たぶん男性のほうが、そういうことを求めるのでしょうか?

うちのじいさんも、ばあさんが先に立たれてから、
住み着いた野良猫とたいそう仲良くしておりましたし、

うちの父親も、そうでした。(といっても、母親は健在)
で、
猫が好きなのはどちらかというと父親で、
猫つれてドライブとはいかないまでも、ちゃんと家の中に
猫のトイレとかスペースをつくったりしたものです
(さいきん行方不明になったので、寿命がきたのかなぁとかいっています)

弟も妹も猫好きです。なら、兄である僕も基本好きなはず。。。

でも飼ってしまったら結婚は遠のくだろう、りーべでした。

投稿: りーべ | 2015年11月30日 (月) 10時47分

近所でリードをつけて、肩ににゃんこをのせて散歩させているおじさんがいます。
そのおじさんに憧れているおやじがうちの夫です。

大体、キャリーに入れるのにも一苦労するのに(2人で30分かかる)リードなんてどうやってつけるのか・・・。

男たちのロマン?
猫には通じず。
ですね。

長野は若い頃に夫も含めて友人たちとスキーに行きました。
本当にいいところですよね。
もうスキーをしたら、2人とも大変な事になりそうですが、ゆっくりと一度訪れてみたいです。

投稿: ぺん | 2015年11月30日 (月) 20時46分

clubりーべ君、

な、なんと、おじいさまも、お父様も、猫を!
そしてご家族も猫好き・・・。素質あり!

にぃさんは、小さな軽自動車のキャンピングカーもどきなどで、猫達を連れて、まったりどこかを旅したいらしいです。
飼ったら、飼ったで、責任が生じて、時には面倒と感じるかと思っていたら、ドストライクでハマってしまう・・・男性の方がそういうのは多いのかしら。

りーべ君、だめ、動物飼ったら、「俺にはコイツがいるから・・・」ってなりそうだし(笑)。
いや、まてよ、ここは、動物をこよなく愛し、そういう女子を狙っていく???

よし、猫カフェへ急げ! ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

clubぺんさん、

ははは、ご主人、肩乗り猫散歩に憧れているのですね!
相手が、こ、コブちゃんの場合、り、流血が・・想像できる(笑)。

ほんと、男たちのロマンたるや、
猫たちは理解していないのに、
「そっか、そっか、そうだよな~」と、
勝手に理解していると思い込んでいる。

というのが真相でしょう。

長野、割と近い山国なので、よく行きますが、他の自然豊か、街の情緒豊かな場所も魅力ですね。
スキーが出来るところの近くは温泉もありますし、ご主人といずれゆっくりと!

投稿: サヴィねぇ | 2015年12月 1日 (火) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開田高原(2) のんびり~ | トップページ | 冬に美味しいもの »