« チビッた! | トップページ | 背伸びなしのクリスマスディナー »

2015年12月20日 (日)

腎臓が小っちゃい?

今年は暖冬だが、それでも猫達には随分と寒くなってきた。

あら?恐竜の卵?

Wabitamago

顔は細めの身体ムチ子さんのワビ。しっかり身が詰まって弾力あり。

Wabiseat

ご飯大好き、玩具大好き、マッサージ大好き。いつも全力。とにかく天真爛漫。

そんなワビは、にぃさんに連れられワクチン+血液検査。

文句なしの健康優良児である。

Wabiblood2015

おまけに撮ってもらったエコーでわかったが、体つきに対して、両方の腎臓サイズが小さいらしい(態度はデカイのに)。いつから小さいのか(生まれつきなのか)は不明。

(ググってみると、こんな記事★を見つけた(岡本動物病院さん、院長のブログ))

いずれにせよ、加齢とともに腎臓の負荷は大きくなる。年齢も7歳、血液検査クリアとはいえ、気を付けてやらねば。

最近、サヴィのロイヤルカナンの腎サポをスペシャルからセレクションにかえてみた。

Dryfood

1粒のサイズが大きい・・・サヴィにどうかな?と思ったけど、お気に召したよう。

幸い、ワビはご飯の好き嫌いがなく、サヴィの腎臓サポート食もヨダレタラタラ横取り。

ワビもサヴィも、食欲があることが、この上なく嬉しい。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« チビッた! | トップページ | 背伸びなしのクリスマスディナー »

コメント

 
なるほど・・・
腎臓って年を取ると小さくなる傾向にあるんですね。
生まれつき小さい子は、早く機能低下しちゃう可能性大、ってことですか。
ワビちゃんはどっちなんでしょうね?
どちらにしても、7歳なら普通のゴハンでも「シニア」に変わるくらいですから、「老化」には気を付けてあげないといけないですね。
レントゲンやエコーなんて、撮ったことないです;
血液検査だけでは分からないことってあるんですね。
我が家のしーちゃんは、療法食とまではいわれてませんが、消化サポート的な食事に変更を言い渡されました。
幸い、すごく美味しいみたいで、ムシャムシャ食べてくれてます。
我が家は2ニャンお留守番中に大皿にフードを入れて一緒に食べさせているのですが、今までのゴハンとサポート食を半々くらい入れておくと、サポート食がキライっぽいサヴィは今までのゴハンだけを選んで食べてて、しーちゃんはサポート食を選んで食べてくれているので、とっても助かります。
(もちろん、サポート食をサヴィが食べても問題は無いんですけどね)
親孝行な子たちだな~って思います。
ワサヴィ姉妹も、問題はありつつも親孝行な娘さんたちに間違いないですもんね、ガンバレ!!
 

投稿: サヴィ母 | 2015年12月20日 (日) 15時34分

club サヴィ母さん、

ワクチンと一緒に「キャンペーン」で安く行われている時に、気まぐれでエコー検査したサヴィに心配事が見つかったこともあり、ワビも・・・検査しとくか的な感じでしたが、ははは体格の良さばかりが目立つ結果だわcoldsweats01
生まれつきの体質がどうであれ、病気であれ、それも個性と思える今日この頃、できる範囲でワサヴィの健康を気遣っていきたいと思います。

しーちゃん、サポート食が気に入って良かったですね!
こちらが意図して食べさせようとしているものを食べないで困まっている人も多いですもの。ほんと、親孝行。
サポート食で、気になることが改善できること、祈ってます。そしたら、病院で「シキガエル」になることも少なくなるものね!

投稿: サヴィねぇ | 2015年12月21日 (月) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チビッた! | トップページ | 背伸びなしのクリスマスディナー »