« 癒されない時がある | トップページ | 猫にも穏やかな風 »

2016年6月24日 (金)

巨匠の猫(2)

(皆さんが掛けてくださる言葉で、灰になった心は払拭。ありがとうございました!)

問題を起こすのも、解決するのも「ヒトとの関わり」。

”そうですよね?オランジーナ先生?” ”ウイッ!”

と、清涼飲料のCMで、往年の「人」訓示を思い出している。

さて、心が灰になる前の話題だけど、梅雨の晴れ間に出かけてきた。

Planet2

日中の都会のど真ん中。「第12使徒襲来」!?

Planet

Planet1

これ、名古屋市科学館の世界最大級のプラネタリウム。人気があって予約で「当選」を祈るか、朝から並んで、当日券ゲットを祈るかでしか入場できない。だから外から見てるだけ~。

目的地は科学館の向かいにある、名古屋市美術館で開催中の「藤田嗣治展」。

Fujitaexhbt

以前に頂いたコースター(入場割り引きの引換えになる)を持参し、「これ、回収されちゃいますか?」とチケット売り場で聞くと、「裏にスタンプ押してお返しできます」と(ホッ)。

巨匠の初期~晩年の作品を一度に見たことはなかった。成功した作品や大作・・・それはそれで魅力的。

でも、私は、彼が切り取った、こんなシーンが好き。

Fujitacat

美術館で売っていた、藤田氏の猫のポストカード「デザイナーキャット」(今回の作品展にはないもの)。

今にも猫の手が出てきそうで、ハラハラ・ドキドキする(笑)!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!

にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 癒されない時がある | トップページ | 猫にも穏やかな風 »

コメント

コースターを返してもらえてよかったですね☺
それにしてもこの絵はがき…
こわい!こわすぎます!(笑)

投稿: 同僚110 | 2016年6月25日 (土) 11時21分

神戸は、7月下旬から開催されるので前売りを近日中に買おうと思ってます。
それに好きな国芳展もあるので、今年の夏は楽しみがいっぱいです。

この絵・・・うちもあるある・・・と思ったけど、よく考えたら違う!
うちは、こうやって見る前に「飛んできます」
針山が怖ーい。
必ず裁縫箱に入れて、ふたをするようにはしてますが、その裁縫箱が気になるようでやっぱり開けたら
「飛んできます」

投稿: ぺん | 2016年6月26日 (日) 09時41分

club 同僚110さん、

コースターありがとうね。
「(割り引き分の)100円でコースター買ったと思って、出さなきゃいい」と旦那の言葉。
いや、「100円引いてもらって、コースターも手元に残す!」これが主婦ですよっ(笑)。

ははは、怖いよね~、実際、こんな風に目まん丸くして狙われてたら・・・!


club ぺんさん、

私は昨年名古屋で開催されていた「いつだって猫展」(もちろん、国芳の猫もあり)を逃してしまい、悔しい思いをしてました。でも、来年、巡回で京都で開催っていうので、京都旅行を計画しても面白そう~と、ちょっと楽しみにしています。

ぜひぜひ、藤田氏の世界も楽しんできてくださいね!

でしょ、針山コワ~なのよ。
サヴィが御丁寧に針山から1本ずつ待針を抜いてるのを見て、悲鳴をあげたことがあるから、余計に・・・。

でも、ぺんさんとこのように「飛んで」こないだけ、マシかな(笑)!

投稿: サヴィねぇ | 2016年6月26日 (日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 癒されない時がある | トップページ | 猫にも穏やかな風 »