« 皮下輸液 (;;;´Д`) | トップページ | 受け入れて進む! »

2016年8月16日 (火)

サヴィ実家より♪

サヴィ、ワビの命の恩人である保護主さん、サヴィの不調を心配してくださり、嬉しい”応援”を送ってくださった。

保護主さん宅(=サヴィ実家)には幼少だったサヴィの兄・姉貴分の猫ちゃん達がいて、中には輸液が必要な子もいる。そのご自宅で使用するセットを少し分けて頂いた。

Yueki

情報交換してみると、先生によって輸液の考え方、やり方が色々。また病院によって輸液セットの料金がピンキリであることがわかる。

3回目にして新しい輸液取り換え時、チューブの気泡が何となく気になり、いろいろ触っていたら、滴下する液を確認する「点滴筒」が100%液で満たされちゃって焦る。
(後に抜き方が分かったが)保護主さんからチューブセットも頂いていたので、迷わず「交換」でサヴィも私の心も救われた(チューブは接続部の消毒ができていれば複数回使用OKと先生から1つしか買っていなかったので)。

もう一つ、すごいものが・・・ご主人の釣果のキハダマグロ丸一匹!シンクにギリ入る大きさにビビり、立派な姿を写真におさめるのを忘れたじょ。

普通の洋包丁と、キッチン挟みでバッツンバツン。スーパーの鮮魚コーナーとかに頼むべきだったと後悔するほど、刺身の柵とは程遠い塊がいくつか出来上がった。

中落ちを食べさせてやろうとしたんだけど、ワ・サヴィは・・・ドン引き。

Magurodon

美しいフォルムの刺身画像がご披露できれば良かったのだが・・・、マグロ丼で誤魔化す!旨っ! 本当に、どれもこれも感謝なのである。

Wabiinbed

(暑い中、ベッドの中のフリースをこねくり回してから落ち着いて寝るワビ)

元気なワビの背中の皮膚をツマみ上げながら、サヴィの輸液をイメトレ。

サヴィ、自宅皮下輸液4日。目標300mlだけど、針抜けとかして平均200ml強。皮下に溜まった輸液の吸収の速度が少し遅いし、強制給餌で多少水分補給しているから、入れすぎて体に負担かけるよりは・・・と割り切ることに。排尿は日に6,7回ある。

明日、病院で現状を診てもらい、輸液量等相談をしてこよう。

今日は何度となく「私ですよ~!」と鳴きながらリビングに出てくる。

サヴィは甘えて嬉しいとシッポがボワっと膨張するんだけど、今日はそれが見られて嬉しい(画像はブレブレだけどね)。

Savvytail

身体を色んな所でスリスリ~。

ブラッシングするとリラックスするのか寝ころんでゴロゴロ~。

サヴィ、無理せず行こう!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 皮下輸液 (;;;´Д`) | トップページ | 受け入れて進む! »

コメント

ワタシは、スランプの時は終わると汗びっしょりて事が
何回かありましたcoldsweats01

こっちゃん3年、QUやすみれ、クロミとやって来て思うのは、絶対慣れる!上手く入れれるようになる!です。
ぐらぐらクロミや噛みつくオレを経験したら、こっちゃんがすごく楽勝に感じます。
と言いつつ、にゃあは絶対無理ですが・・・・sweat01

お姉さんのブログ見て、最近は空気抜けてるのを確認していなかった事に気づくくらいアバウトです(汗)

ご存知かもしれませんが、手順が載ってるHP。
http://www.pet-hospital.org/guidance1017index.htm

ちょっと違うなぁ・・・と思うところもありますが、
ここを参考にされてる方が多いみたいです。

後、やっぱり加圧バッグあると便利かも。
サヴィとお姉さん、両方の負担が軽くなるように思います。
ワタシが買った時より、さらに安くなってたから、
うちも壊れた時用にもう1個買っときます。

サヴィがご機嫌で甘えてウネウネする様子が目に浮かびます。
こっちゃんも、輸液の後は一旦逃げるけど、戻って来てはウネウネしたり、ご飯食べに行くので、身体が楽になったんだろうと解釈してます。

多すぎるより少ない方が良い、少しでも入ればOK!
気持ちを楽に頑張りましょうwink

投稿: QUママ | 2016年8月16日 (火) 23時12分

clubQUママさん、

有難うございます!
自宅で輸液してる人は、皆、何かしらの失敗を経験し、スランプ、焦り、落ち込みを乗り越えて行くんですよね!
諸先輩方を見習い、日々精進します(  ̄^ ̄)ゞ。
サイト紹介助かります。まだ、時々手順が「どうだっけ?」と覚束ない事があるので、確認しながら慣れるようやってみるわ!
加圧バックも検討してみます。いつも時間測るの忘れるのですが、300を5分くらいで入れてる感じですが、4回目にして、サヴィが慣れてきた感があります(笑)。ほんと、サヴィの性格にも救われてます。

輸液チューブは、早速助かりました!
小さな気泡だからタコ管で逃げるんだろうけど、気になってチューブを弾いたり、不用意に点滴筒圧縮したら、えーーーって感じで。
その後、また同じような事があってはと、検索していたところ、人の点滴でのナースがアドバイスしてるサイトで点滴筒の液の抜き方を発見して、なーるほどでした。
でも、気にし過ぎが生んだ余計なハプニングですね、まったくぅ。
これからは、ドーンと構えていきますよ〜!

こっちゃんもサヴィも、ウネウネしている時が多い事を祈るわ〜!

投稿: サヴィねぇ | 2016年8月17日 (水) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皮下輸液 (;;;´Д`) | トップページ | 受け入れて進む! »