« 嬉し泣き | トップページ | コロコロ~。 »

2016年9月 5日 (月)

マッシュルームカット?

うう。今晩のサヴィの自宅輸液、針を抜いて押さえた脱脂綿に結構血が滲む。点滴液がダ――と滝のように落ちて入っている時でも、このところ3回に1回くらい血が滲んでしまう。毛細血管に刺しちゃってるのかなぁ。痛そうに舐めていることないから大丈夫かな。

とにかく、脱脂綿が赤く染まるたんびにサヴィに土下座よ。

輸液スランプか・・・? 気持ちアゲアゲでいかないとね。

ここは我が家のもう1匹の可愛い妹猫、ワビに登場してもらおう。

姉はオカッパだけど、妹は、まさかのマッシュルームカット。

Mashwavi_2

サヴィの病気のことは、イマイチわかってない。

サヴィにかかりっきりになっていると、足元で転がり「かまってちゃん」になる。

病院へ連れて行かれるサヴィを見て、独りかくんぼを始める。

Kakurennbo

病院から帰ってみると、隠れたまま眠っちゃってる。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!

にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 嬉し泣き | トップページ | コロコロ~。 »

コメント

がんばれサヴィちゃん。
我が家にはSUB手術を受けたニャンがいます。
CRE11、BUN140オーバーで受けた手術から、戻ってきて5ヶ月間は正常値を維持してました。
ここ2ヶ月でCRE2.8にまで上がってしまいましたが、1つしか残ってない腎臓で頑張ってます。
私は絶対諦めないんです。
来年にはまた腎臓の再生治療も新たにスタートする可能性もあるみたいなので、必ずそれが受けられるまでは現状維持のために力を惜しまないつもりです。他の方の闘病ブログはとても参考にも励ましにもなります。同じく猫をこよなく愛する者として乗り越えましょうね!!

投稿: さばちり | 2016年9月 6日 (火) 01時10分

clubさばちりさん、

はじめまして! 
なんとも頼もしいコメントをくださってありがとうございます!
おお、さばちりさんの猫さんは、SUB手術を受けて頑張ってるのですね!再生治療など高度な医療を受けられる環境におられるようですね。

サヴィは、片方の腎臓機能でほぼ正常値を6年も頑張りました。
ここへ来て、「腫瘍らしき影」の影響が出てきて、腎臓だけでなく、進行中の緑内障のせいで、片目もだんだん大きくなってくるし、バランス取りが難しくなってはいます。

ですが、或る意味、私もさばちりさんの言うように、「諦めないんです」。おそらく、サヴィは強い子だと信じることを諦めていないんだと思います。

医療の進化は目覚ましく、それを積極的に受け入れていく・・・さばちりさんのその選択は、さばいちりさんにしかできない尊いものです。

私は、正直、サヴィにとって、何がベストか、いまだモヤモヤしてますが、サヴィの「生きること」を尊重して付き合っていくことに迷いはありません。

ええ、乗り越える山は、猫さんと飼い主さんの分だけ多種あれど、ともに乗り越えていきましょう!

がんばれ、さばちりさん & さばちりさんの猫さん!
そして、がんばれ私 & サヴィ。

投稿: サヴィねぇ | 2016年9月 6日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉し泣き | トップページ | コロコロ~。 »