« コロコロ~。 | トップページ | 食いしん坊 »

2016年9月 9日 (金)

マッサージ

1週間ぶりのサヴィの通院。多血症の血液数値、微小だけど下がる=造血のスピードはさほど早くない?

赤血球 1440→ 1329(正常値 500-1000)
ヘモグロビン 19→ 17.9(正常値 8-15)
血球容積比PCV 58.8→ 54.4%(正常値24-45)

瀉血は5mlしかできなかったが、焦らず、少しずつ。次回の通院は1週後。

自宅輸液も、排尿と体重の増減で加減しながら現状継続。

サヴィの輸液、毎回針を刺す位置を変えている。うまくいけばお腹周りに落ちてくんだけど、どうしても皮の伸び具合で前方(頭側)へ入れがち=輸液が前脚へ落ちる。

コメントに頂いたアドバイスのように、重力を使って落とせるよう、クッションを挟んで寝かせたり、少しでも滞留しないようユラユラマッサージ。

Taputapuサヴィのマッサージをしているとやって来る「かまってちゃん」ワビ。

自らサヴィの横でコロンとなる。

Taputapu2

サヴィ、今はそれなりにバランスが取れているよう。

自分で玩具を出してきて遊んだり、ゴハンをおねだりしたり、オネショもなくなった。

油断はできなけど、私もホッと一息。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!

にほんブログ村 猫ブログへ

|

« コロコロ~。 | トップページ | 食いしん坊 »

コメント

サヴィちゃん落ち着いてきたようで良かったですね。

うちの子も輸液をしていた頃、手の方に落ちてドラえもんの手みたいになってたことがありました。
病院での輸液でしたが、毎回落ちる場所が変わっていたので、これはもうある程度どうしょうもないのかなと思います。
マッサージで少しでも楽になってほしいですね。

それじゃ、サヴィねえさんもお体大切にして下さいねー

投稿: さばちり | 2016年9月 9日 (金) 20時55分

club さばちりさん

ありがとうございます!
確かに、ズドーンとしたドラえもんの手ですね(笑)。
入れる量が多い分、パンパン度が半端無いですが、サヴィも慣れてきたようです。

多血症の対処を優先し、CreやBUNは測っていませんが、輸液と排尿のバランスが今のところ取れているので、サヴィも多少は楽なんだろうと思います。
調子が良いうちに、看病する我々も十分息抜きすべし!ですね!
さばちりさんの猫さんも安定していますように!

投稿: サヴィねぇ | 2016年9月10日 (土) 12時05分

最近お腹がタプタプなリーベです。

全然この猫ブログと関係ないですが、この間の職場の健康診断で、4kg痩せました。タプタプなのに痩せて、看護師さんたちに心配されて「もう一度体重計りますか?」などと言われた70kgオーバーのアラサーです(笑)

介護のブログずっと最近は読ませていただいてます。理系男子からするとサヴィちゃんの症状が大変なのは、よくわかります。オネィさん(+ワビちゃん)のおかげで、少しでも楽になっていることを願うばかりです。30歳超えて、家族がいることがいいなぁと思うことが増えています。もちろんサヴィちゃんをはじめ、末長くみんな一緒の時間を過ごす、というのが尊いことだなぁと、、最近、ドイツから一緒に帰ってきた彼女にふられたリーベでした。(PS:婚活がんばります)

投稿: リーべ | 2016年9月11日 (日) 21時34分

サヴィちゃんも頑張ってるけど、
サヴィねぇさんも、お身体大丈夫かな~。

自宅輸液されるのも、排尿と体重を見ながら加減されたり、
本当、サヴィちゃんも安心ですね。
サヴィねぇさんだから出来ることだと思います。

私は、大切な人が来週退院ですが、
治った訳ではなく、出されるといった感じで、
介護保険が降りるまでの自宅介護は私が通いですることになりました。
日々をどう楽に過ごさせてあげられるかは
私次第ですから、頑張ろうと思います。

お互い、ファイトですね!(◎´∀`)ノ

投稿: はぐてんママ | 2016年9月11日 (日) 21時59分

clubリーべくん

ありがとう。
獣医師の指導のもと、基本的なことのみを理解し、できることだけをするもはや緩和ケアの範囲ですが、猫を看ていると、人間のエゴにどう向き合うか突きつけられます。
物言わぬ動物だけに、人間の満足度を持っての行為の繰り返しじゃないのかと。でも、そういう違和感を持つことが大切なんだろうね。

ところで、何⁉︎?ふられた? でもってタプタプなのに痩せた??
まったく、リーベ君には心の点滴必要ね。
うちは種族を超えた猫も家族だけど、いわゆる「健やかなる時も、病める時も」変わらず愛情注げる相手に出会えたことは感謝。
でもさ、最終的に「お一人様」になるんだな〜って覚悟もあるよ。どうお一人様になるのか、楽しく考えていかないと。

お腹のマッサージしてくれる女子が見つかりますように!いや、見つけるには、自分でタプタプをなんとかしなさーーい!
くれぐれもご自愛を!


club はぐてんママさん

自宅での輸液も、ほぼ1ヶ月が経ちました。毎日続けることは、精神面の安定が無ければ無理だな〜って、つくづく思います。
だから、できるだけ「自分にも甘く」生活するようにしてま〜す!

大切な方の状況、介護に通われるとのこと、その大変さ、少なからずお察しいたします。ママさんの「どう楽に過ごさせてあげられるか」っていう気持ちの込め方が伝わってきます!
思う存分、その方に寄り添ってあげてくださいね。
でも、ご自身も疲れてしまわないように、ね!

投稿: サヴィねぇ | 2016年9月12日 (月) 00時09分

 
絵が・・・絵が可愛すぎるっ
内容を見る前に絵で萌え死んじゃいました・・・
二の腕タプタプしてるんですね、サヴィちゃん。
でも、ねぇさんのマッサージでゴキゲンかな?♪
羨ましくてワビちゃんがシンクロしちゃうくらいですもんね(^_-)-☆
油断は出来ないでしょうけど、ねぇさんがちょっとでも一息つけてるなら良かったです。
サヴィちゃんも少し落ち着いてる様子、良かった。
まだまだ大変だと思いますが、笑いとホッコリのたっぷり詰まった絵と記事が、多分、ねぇさん自身の癒しにもなっているのだと思うので、続けて下さいね。
楽しみにしてます(^◇^)
我が家のニャンズの有り余るパワーよ、今日も届け~!!
(そして出来れば私の体に有り余っている脂肪という名の栄養も一緒に飛んで行け~!)

 

投稿: サヴィ母 | 2016年9月12日 (月) 21時59分

club サヴィ母さん

ありがとうございます!
写真は時に負の部分をさらけ出すので、病気のサヴィは控えめに撮ってます。でも、変わらず可愛いサヴィですし、皆さんにイラストでその可愛いさを知ってもらいたい、と、親馬鹿丸出しですわ。
看病を前向きに、病気を冷静に客観的にとらえる手段としても役立っています。
というか、イラストが描けるくらいの余裕があるくらい穏やかですhappy01
BCコンビの元気で可愛いパワーと、母さんの有り余る栄養(笑)、しかと受け取りましたから、ワサヴィも私もパワーアップするわよ〜!
これからのオカッパサヴィ、マッシュルームワビも、こうご期待!

投稿: サヴィねぇ | 2016年9月14日 (水) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロコロ~。 | トップページ | 食いしん坊 »