« 秋味が止まらない! | トップページ | 甘え技 »

2016年10月21日 (金)

心、備える

鳥取の地震、震源地近辺はもちろん、他近隣府県の皆さまも驚かれたことだろう。

Wabifine89

愛知県でも震度2度程の揺れ?幸い、我が家においては感じず。

日本各地での地震、どこにいても用心は必要。こんな時、猫たちの安全と非常食に加え、サヴィには輸液のストックに気を配りたい。

本日、2週間ぶりの瀉血と血液検査。赤血球数は1300台に、PCVも57%と数値が上がっていたので、やはり造血されての多血。ま、気休めでも計測できるだけ良しとしよう・・・。

瀉血も8mlしか抜けない。

先生曰く、血の抜けは普通の子並み。ただ腎不全で高血圧になっている子だと、もっと抜けが良いらしい。血圧があまり高くなっていないのと、やはり脱水で水分量が少ないことも関係しているのか。

数値が、下がったり、上がったり。行ったり、来たり、、、。

Burancoせめて赤血球数1000まで減ればとのことだが、無理せず、次回の瀉血は1週間後。

数日前のサヴィは、ちょっと調子が悪そうで、食欲も減り、強制給餌を少ししていた。

しかし今朝のサヴィは狭い家の中を走り回り、雄叫びをあげながら布やらシーツやらに蹴りを入れて回る。この後、病院へ連れて行かれるとも知らずに・・・。

我が家の猫娘達は、実はアーティスト。過去には、こんな作品あんな作品を生み出してきた。今朝の作品は、絶妙なウェーブを描くキッチンマット。

Nekart

「ええ、この脚で造り上げました。」

Savvyfine206


腎臓機能を示す数値、また少し下がった。

目下の心配である造血する腫瘍らしきについては、このまま付き合っていくしかないが、Creが2.4に、BUNは33。ちょっと落ち着いたことは大きな喜び。

このまま、ゆっくり、ゆっくり・・・!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 秋味が止まらない! | トップページ | 甘え技 »

コメント

今回の地震、うちの地方は結構揺れました。

地震警報が鳴るとまずすることが猫の確保です。
猫ズをキャリーに入れて初めて人間の心配です。

我が家の猫達も腎不全のため、腎臓用の処方食とお水は非常食セットから外せません。
3日分を持ち出し袋に入れて、ストックは別に用意してます。

サヴィちゃん、上手いこと病気とつきあえてるんですね。
脚力もすばらしいし、作品を生み出す気力もなかなかです。
我が家の壁の爪研ぎあとも作品だったのかと今さら気づきました。
でも極力、作品はキャンバス内(爪研ぎ器)でおさめてほしいと思う次第です……( ´・ω・`)

投稿: さばちり | 2016年10月21日 (金) 20時31分

clubさばちりさん

さばちりさんのお住まいの地域も揺れたのですね。
本当に自然の大きさに畏怖の念を新たにしています。
災害時の猫らの避難について、頭ではシミュレーション出来てても、猫ら確保ができるか?いまいち心配であります。でも、きっと火事場の馬鹿力は働くはず!と根拠のない自信だけは持っておこうと!

サヴィ、今のところオン・オフを繰り返しています。病院での瀉血という地道な治療でも長くコントロールできればな…と。

ははは!さばちりさんとこも、キャンバスに収まらない作品を残してく、アヴァンギャルド派のアーティスト達なんですね!

投稿: サヴィねぇ | 2016年10月21日 (金) 23時39分

腎数値は、びっくりするくらい下がりましたね。
クレもBUNも、安定してますね~と言われるこっちゃんより良いです!
波があるのは仕方ないけど、出来るだけ穏やか~でいて欲しいですね。

フジコと地味三毛仲間と勝手に決めてたワビ、後ろ姿に、あれ?こんなに派手だったっけ?と驚きです。
何か羨ましい~

投稿: QUママ | 2016年10月25日 (火) 08時25分

サヴィちゃんの作品、素敵。
これからもいっぱい作品作ってね。

うちも結構揺れました。
仕事休憩中にコブと一緒に寝転んでいて、スマホのアラームにびっくり。

体感で震度3かなと思ったらやっぱりそうでした。
コブはスマホの音の方に多分おびえていたような。(3年前の淡路の地震の時は震度4でしたけど全然動じてなかったので)
今回緊急地震速報の音初めて聞いたんですけど、すごい音ですね。コブだけじゃなく私もびっくりです。

正直言うと、テレビなどでいろいろと「備えて」とか言っているけどいざとなったらなかなか。
20年前の時はすぐに取れるようにと玄関に懐中電灯を置いているのが物が倒れて取り出せず真っ暗な状態で、ドアも外からあけてもらうまで出られませんでした。
出来ることはなるべく落ち着いて状況を見極めて、出来る限り身を守る事でしょうか。
阪神の時は震源地近くに住んでました。
最初、ドーン!って感じが来ます。
私は、ダンプカーが建物に突っ込んだのか?と思いました。
それから大きな揺れが。
そのあとの余震もすごくて、なんとか車に避難したんですが(空き地のような場所に駐車場がありここが一番安全でした)数時間は動けませんでした。

今は携帯やスマホがあるからこれだけはそばに必ずおいていた方がいいですね。
ただ、地震が起きる前は、近所のワンコがすごく鳴いていたので、もしかすると猫たちの方が早く察知してくれるかもしれないです。
彼らの方がちゃんと安全な場所がわかっているような気もします。
今回のコブはいつものコブと違って、スマホの音におびえて、私にひっついていたので、確保しやすそうでした。
いつも夫と、コブを捕まえるのが厄介かもと話しているんですが、大丈夫かも・・・?

投稿: ぺん | 2016年10月25日 (火) 19時58分

clubQUママさん、

2カ月前のサヴィの数値、、さすがに色々と覚悟しました。寝ながらのお漏らしや、はみ出すトイレで、このまま寝たきりか?とか・・・。
でも、本当に、毎日の大量輸液や強制給餌に、サヴィはよく頑張り、ワビとの追いかけっこもできるように(感涙)。病気でも強い子!

ワビ、、、背中の模様は、「亀の甲羅」のようで、フジコちゃんを見ると、「何かが足りないかも?」と感じてしまうほど。
模様の派手さだけでなく、行動も鳴き声も派手です(笑)。

こんな偽姉妹のワ、サヴィを見守ってやってくださいね!
(輸液、もちろん必要量ですが、災害時の備蓄としても安心です。ありがとうございました!)


clubぺんさん、

私も、正直、非常用持ち出し袋とか、いざという時、取り出せないんじゃと懐疑的。備蓄チェックする際に、物入れの奥から取り出しているくらいだもの。
だから背伸びせず、ぺんさんの言う通り、携帯と、それから車のカギだけは必ず身近に置いておこうと思います。

ここ愛知県では、旦那も職場の人も、「東北の時のようなユ~ラ~」っていう揺れを感じていたようです。

緊急地震速報、かなりの音ですよね。そして周囲の人のスマホなどが一斉に鳴るので、ちょっと怖さが増します。。猫らにはもっと恐怖音になるに違いないですね。

コブちゃんのようにひっついてくれれば良いけど、おそらくワ・サヴィは一目散に走るので、とにかく人間は冷静さだけを失わないようにしたいです。
しかし、マニュアル通りに事が起こらない「想定外」はたくさんある、、そのことも覚悟したいとも思う今日この頃です。自然に近い動物たちの方が、身の処し方をしっているのかもしれませんね。

投稿: サヴィねぇ | 2016年10月25日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋味が止まらない! | トップページ | 甘え技 »