« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »

2016年11月6日 - 2016年11月12日

2016年11月11日 (金)

処置を凝視

サヴィ、月曜日から3日あけての瀉血。

月曜日は微少ながら値が下がったが9ccしか抜けなかった。それでも間隔を短くしたから今日も下がっているだろう。

これまで思うように血が抜けないため、注射針の太さ、シリンジの大きさなど圧や血液凝固具合を見ながら、あらゆる瀉血方法で試してくれていた。脚が難しいなら、一度、頸動脈から抜いてみようか?という話であったが、まずはいつものごとく、脚から。

検査分の血を抜いてシリンジを次々に替え、今日は順調に抜け出ている(=血圧が高くなった)。途中で検査結果を見て、先生も私も「う~ん、上がってるなぁ・・・」と。

赤血球数 1411→1449、PCV 58.2→61.1

右後脚から、左後脚、看護師さんに2.5ccの注射器を何度も替えてもらう。20cc抜いたところで、サヴィの造血の多さもあって、「もうちょっと抜きましょう」と、前脚からも。

前脚の時は、血管を浮き上がらせるために、鉗子で強さを調整しながら輪ゴムで脚の付け根を結んでもらう。片手で翼状針を固定しながら、片手でシリンジを操作する先生が手先の器用な方で良かった・・・。

Shaketu

サヴィ、後脚だけでも診察台に長時間固定され、前脚にいたっては、シリンジ6本替えながらの処置の一部始終を凝視!

30cc抜いてもらい、家に帰ると絶好調。いろんな布に蹴りを入れ、当たり散らしていた。

ゴハンも欲しがり、私のあとをストーキング。

瀉血が影響しての腫瘍の造血なのか、ただ無関係に驚異的に造血してるのか、先生も検討がつかず、かといって、何か造血を止める薬もなし(原因を調べて、抗がん治療までするか、それはそれで、「う~ん」という感じだ)。

ああ、10年前は、猫息子マオの貧血に、造血ホルモン注射を打っていたのになぁ。今は、多血で命を落としかねないサヴィの瀉血・・・。本当に両方とも猫にはツラいね。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2016年11月 6日 (日)

よく見て遊びましょう。

Kyouda1

Kyouda2
Kyouda3
Kyouda4
Kyouda5
Kyouda6

土曜日の朝、にぃさんと朝食のパンを食べていた時のこと。

パン袋の口を束ね閉じる針金が入ったテープを見つけたワビ。これで遊ぶのが大好き。自分の好きな場所へ持って行き、アクロバティックに遊び始めた。

段々と興奮してきて、はっちゃけ過ぎて壁に気が付かなかったのか、飛び上がって1回転するはずが、顔面強打っ!

にぃさんが思わず駆け寄る。ワビは何が起きたか分からない様子。

食卓まで何もなかったように歩いて来る。頭を振るわけでもなく、痛がる様子もない。

ただ、自分の失態を誤魔化すためか、後脚をペロッペロと舐めていた。

ああ、お馬鹿な頭が余計お馬鹿になってしまうではないか!

気を付けて、ワビ!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (5)

« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »