« 落花生?? | トップページ | サビってる? »

2017年3月10日 (金)

猫ら、下宿する(5)

ここ2週間、猫らとの下宿騒動はもちろん、以前からの予定で色々忙しかった。寒の戻りも手伝って、見事に風邪引いたわ~。寒気と熱と耳鼻詰まった感でア・ポーン。でも食欲があるから大丈夫。

下宿部屋の壁の養生★→サヴィのジャンプ・イン★があったので、養生見直し。

強度を期待し養生シートで挟んだプラ段は厚みと重み(といい加減な作り)で、養生テープで留めてみても壁から浮く。こういう隙間にサヴィが入れば、テープだって、ペリっだわ。

Kabeyojo1

シートからプラ段取り出して、壁に立てかけ、養生テープでそっと留めてみた。

Kabeyojo2

時々そーっと剥がし、和紙マステと替えながら接着部分がネチネチ、あるいはシミになっていないか観察。シレ~っと作業を観察するサヴィ。壁が剥き出しになっても興味なし。やっぱ養生いらんか?

Savvygshk4

いや、剥き出しになった時、こやつが怪しいんだわ・・・・。

Wabigshk2

サヴィ、下宿前後(2/2→2/15、2/24、3/10)の血液検査結果。

赤血球数 1464→1434→1464→1477
PCV%(瀉血量) 62.6(28cc)→61.8(8cc)→64.1(22cc)→66(18cc)

「瀉血量と造血量に法則性がないという証明はできた」と先生。今後は、理想を追わず、数値が計測できる間は、サヴィの食欲、元気、体重増減での瀉血通院間隔をあけることに。ちょっと上がり気味だから、次回は早めに通院しよう。

夜中のサヴィは、とても元気(過ぎる)。食欲もあり結構なことだ。

が、新たな興味が私を困らせる・・・。

台所と部屋の仕切り扉。台所は(養生が面倒で)侵入禁止。この手のドアノブを開けられるサヴィ対策で、プラ段養生したが、とにかく好奇心の塊のワ・サヴィ。「向こう側に行ってみたくて」、扉の養生プラ段の縁を、夜中にパチン、パチン、パチン、パチン、パチン・・・。

Dooryojo

掻く部分にガムテの粘着面が出るように引っ付けて応戦。

フェーフェー不満げに鳴き続ける真夜中のサヴィ。

ああ、隣人さんに忍耐力、あるいは鈍感力があることを祈るばかりだ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 落花生?? | トップページ | サビってる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落花生?? | トップページ | サビってる? »