« トルコ料理を教わる(1) | トップページ | フェイクだけど、、 »

2017年5月21日 (日)

トルコ料理を教わる(2)

蒸し~と暑くなって忘れる前に、先日教わったトルコ料理の続き。

と、その前に、食前食後と、ずっと出してくれたチャイ。あれは結局何の葉だったか、フェンネル?トルコの2段式ポットで。

Trkchay2 

上段に茶葉を、下段はお湯を。下段のお湯が沸くと上段の茶葉が蒸らされ、そこにお湯を注いでお茶を作る。下段のお湯で濃さを加減。なーるほど。

Trkchay1

【レンズ豆とクスクスのキョフテ(ハンバーグ)サラダ】

材料:レンズ豆、クスクス(もしくはブルグル)、玉葱(1/2~1個)、トマトペースト(大匙1~2くらい?)、パセリ、レモン、オリーブオイル、塩、粉唐辛子(レンズ豆:クスクスは1:1とするレシピが多いけど同僚の「適当」加減を数値に置き換えると、クスクス半分くらいでも良さそう?)

①レンズ豆がかぶるくらいの水から調整しつつ柔らかくなるまで煮る(画像くらい?)。火を止め、クスクスを入れて蒸らす(レンズ豆が吸った水分量で少ない時は、多少お湯を足す?)。

Renzumame2

②玉葱をみじん切りにして、オリーブオイルで炒め、トマトペーストも加える(実はこの部分、覚えていなくて、別レシピを参考)。

③②、パセリのみじん切り、塩、粉唐辛子も入れて、ハンバーグ捏ねるみたいに、よく混ぜる。感触として、ハンバーグ捏ねるくらいの固さらしいよ。

Renzmamesld1

③レモン汁も絞り入れて混ぜる。

Renzmamesld2

分量は、おそらく何度も作って感覚で覚えるしかない?

同僚は、「レンズ豆にクスクス加えたら、蓋をして蒸らしても良いけど、蒸らし過ぎたりとかわからなくなるから、蓋しないで、レンズ豆の水分を吸ってクスクスが開く感じで。。。」と。

と、これくらい豪快でも大丈夫だ(笑)。

Renzmamesld3

片手でお寿司のシャリくらいの大きさに、職場の同僚達でニギニギ。

Renzmamesld4

これはレタスなどで巻いて食べるのだけど、取り皿に他の料理も盛り付け~。

Trkdishes2

バターライスは、細いパスタを焼いた物を一緒に入れて炊くんだって。

Trkdishes1

同僚と、ご主人が作ってくれたものは

焼きなす&サワークリーム(ヨーグルトに、ニンニク、パセリ、塩を入れる)のディップ

鶏肉と大豆のトマト煮

トマト、キュウリ、玉葱のサラダ

牛肉とハンバーグをバーベキューの炭火で

トルコ風漬物(継ぎ足し作ったもの)

どれもこれも、本当に美味しく、そして何よりも楽しかった。

こんな機会を作ってくれて、皆で集まって、本当に良かった。ありがとう!

|

« トルコ料理を教わる(1) | トップページ | フェイクだけど、、 »

コメント

とても華やかな食卓で、見ているだけで楽しそうだし、美味しそう!

最近、妹に私がいつも作っている料理のレシピを教えてほしいと言われてLINEで送ったんですが・・・
分量の表記に困ってしまって(-_-;)

塩・・・1~2つまみ
砂糖・・・好みで加減
醤油・・2~3まわす(←ここまでくるとなんだかよくわからない・・)
などなどと・・・。

「肝心なのは途中で味見をすること」と書いて送りました。
季節や食材や好みによって分量が違ってくるのでレシピ通りにはいかなくて、20年以上前は私も計っていたと思うけど、本当にもう最近は「適当」に。
大体一緒の味付けになるのが不思議です。
それに母や伯母の味付けに似ているも不思議。

分量を適当に書いたのにちゃんと作れたと返事が返ってきました。

同僚の方はトルコ料理を作り慣れていらっしゃるんですね。
豪快だから美味しくなるんだと思いますheart01

投稿: ぺん | 2017年5月24日 (水) 22時20分

clubぺんさん、

この料理は、いわゆる女性なんかが集まった時にワイワイとオシャベリしながら時間をかけて食べるタイプのものだそうです。
同僚は、トルコ人男性と結婚し、現地で作りながら覚えたようです。トルコ語も教科書で勉強でなく、耳からの習得。こういうのは、本当に「使える」。素晴らしいです。
自分でいろいろ足し引きして、好みを見つけるのは、やっぱり何度も作ってみることなんだろうな。
私は今日も、レンズ豆のスープ作ってみましたよ。

ぺんさんも、何度も作るうちに、これくらい、これくらい・・・と感覚が身に着いたのですのね。
私も、計量スプーンがあっても使うの面倒で、醤油など液体は、「一回し」とかっていう感じです。そして、薄めの味から始めるのは、本当に大事ですね。

お菓子はキッチリ計量しないといけないので、面倒臭がりの私には無理なのよ~。

投稿: サヴィねぇ | 2017年5月26日 (金) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルコ料理を教わる(1) | トップページ | フェイクだけど、、 »