« クルミの殻 | トップページ | 京都の晩秋(2) »

2017年11月25日 (土)

京都の晩秋(1)

勤労感謝の日に、日頃お世話になっている方と晩秋の京都へ1泊旅行。

今回は、京都を中心にガイドを始めた知人の車での案内により、「紅葉」を楽しむ旅。でも、この時期の京都って、人、人、人なのでは?

11時過ぎの京都着を待っていてくださったガイドさん曰く「今日の市内、意外と空いてます」と。

まずは人気のスポット「詩仙堂」周辺を散策するために、一乗寺へ。

一乗寺は、恵文社 (本にまつわるセレクトショップ)には行ったことがある。冬の時期だったからかな、その界隈にはそんなに人は居なかった印象だが。

まず最初に訪れたのは、狸山谷不動院 。交通祈願に良いお寺みたいね。至る所に狸の軍団!ええ具合に苔むしてるところが良い。

Tantaniyama

境内の健康階段と言われる250段の石段を登って行くと、おお、「プチ清水の舞台」ではないか~いっ!急に取り出されたiPhoneのレンズがどうやっても曇る。

Tanktani

本堂からの眺めも良いのに観光客はここまで上がってこないのかな的な狸谷山不動院を下って、和洋菓子の「一乗寺中谷」で昼食のいろどりごはん(白みそ雑煮、おばんざい、赤飯、ごま豆腐)をいただく。席の順番待ちの間に目にしたスイーツは、かなり美味しいそうだったが、お腹いっぱいで甘いものまで手がでなかったのは惜しい。

食後、いざ、詩仙堂へ。

ここは京旅行のオススメとして必ず”美しい室内からの風景”写真が紹介されているが、紅葉の時期は決して期待してはいけない、その美しい写真の風景を。

Ssnd1

人が入らないように手を伸ばして撮った門前上写真は、やはりブレブレ・・・・。

室内からの景色は(人しか写らないから)諦めて(;´д`)、庭園に出てみた。

Ssnd3

嘯月楼。こんなところから月を眺めてみたいものだ・・・。

Ssnd2

苔の上のモミジ落ち葉が美しい。人が目に入らないのは足元と頭上か(^^ゞ。

だいぶ日が傾いた京都をあとにして向かったのは大津市。「京市内はもちろん色々と紅葉のライトアップをしているけど、混んでると思うから」というガイドさんの計らい。市内から渋滞もなく高速で30分くらい。

琵琶湖に続く瀬田川沿いにある大津市の石山寺

Isyama1

Isyama2

Isyama3

ここは、紫式部が源氏物語の着想を得た寺だとか?

Isyama5

紫式部の後ろ、スポットライト当たった女の子、誰っ?

実際はとっても美しいのに、iPhoneでの撮影写真を見るとガッカリ。でも、本堂でのミニコンサートやら、境内随所にある名所に寄ってみたりと、夜の紅葉のお寺散策も楽しいものだった。

夕ご飯は、石山寺近くの「すみ蔵」さんという手打ち蕎麦のお店で、一品料理をいくつか、熱燗を少々にお蕎麦を頂いたが、店内雰囲気も良く、とても美味しかった。

京都へ戻り、翌日に備え就寝~。

フランス語私的備忘録: 銀杏=ginkgo(伝わり間違いから)、山茶花=sanzaka(伝わり間違いから)、柳=saule pleureur、にわか雨=averse、ツツジ=azale(')e、狸=chien viverin、蕎麦=nouilles de sarassin

つづく。

|

« クルミの殻 | トップページ | 京都の晩秋(2) »

コメント

なんと。サヴィねぇさんと同じ日に京都にいたとは!
ただ、訪れた場所は違うようですね。
そこまで遠くないのに実に訪れたのは20年ぶりです。
紅葉はきれいでしたがツアーの人、人、人でした。
疲れて早々に帰ってきました。
来年、もう一度リベンジです。

投稿: ぺん | 2017年11月25日 (土) 21時50分

サヴィねぇ

えーー!ぺんさんも京都に⁉︎
なんという偶然。でも秋の京都に引き付けられますものね!
20年ぶりの京都、混んでいたのは残念ですが、また、次に!

投稿: サヴィねぇ | 2017年11月26日 (日) 01時41分

もみじの美しさと
狸の立派な青々とした姿にやられました。
そうだ!京都へ行こう!をして見たくなりました!

投稿: 同僚110 | 2017年11月26日 (日) 16時17分

同僚110さん、

ぜひ、日帰りでも!

当初、絶対混むだろな~、って思っていたけど、ガイドさんの選択のお陰で、本当にスムーズな旅行でしたよ~。
めいっぱい案内してくれたから、新幹線1本遅らしたほどよ~。

投稿: サヴィねぇ | 2017年11月26日 (日) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クルミの殻 | トップページ | 京都の晩秋(2) »