« 京都の晩秋(1) | トップページ | 今年の宿泊旅行納め »

2017年11月26日 (日)

京都の晩秋(2)

京都2日目。寒いけれども晴れて気持ち良い。

ガイドさんの提案で、まず、嵐山-高雄パークウェイへ。

平日だからなのか、パークウェイは全然混んでいない。車をゆっくり走らせ、要所要所で景色を楽しめるよう停めてくださった。

各展望台からは、保津川のライン下りの船が見えたり、小倉山や愛宕山(標高924m)の紅葉の姿を見たり、京都市街を一望できたり。

Takaohodu

愛宕山展望台にある、京都市を見降ろしながらの「かわらけ投げ」スポット。

Kyotopano

ハート枠に、一応京都タワーが、、、。

Towerinheart
同行者と挑戦したかわらけ投げは、あさっての方向へ飛んでいった・・・。

パークウェイを高雄口で降り、神護寺へ。

山の階段を登って行く途中、甘酒&みたらし団子で休憩し、秋の山の色や匂いを感じる。

Jingojichaya

Jingoji_2

赤いのは紅葉だけじゃなく、ドウダンツツジもこんなに真っ赤になるんだね。

Gingododn

「高雄に泊まって自然をゆっくり散策するのも良い」とのガイドさんのお勧め。

嵐山嵯峨野へ移動し、伝統的な街並みが保存された地区を天龍寺方面へ散策。


Arashiyama2

遅めの昼食は「あだし野」という店で雑炊を頂いた。温まる~。

途中、嵐のメンバーとすれ違う。

Arashi1

イナバウアーから〜の、犬バリアから〜の、猪バッファ…って?

Arasiinba

天龍寺に近づくにつれ人も多くなり、帰りの時間を考慮して引き返す途中の化野(あだしの)念仏寺が最後の訪問地。

Adajino1

静かに眠る魂の五輪の石塔群を見ていると、生き物は自然の一部とあらためて感じ、なんとも解き放たれた感が持てる。秋の暮れかかる陽の中、さぁ、京の旅もここまで、と、寂しくもある。

Adajino2

京都は何度か来たけれど、また違った京都の楽しみ方を教えてくださったガイドさん。

そして、日頃お世話になっている方の旅に、ずうずうしく便乗させていただき、さらにお世話になってしまったのでは、と、ふと、我に返る私なのだが、本当にお二人に感謝なのである。

そうそう、「京都に住むなら嵐山オススメ」というガイドさん。散策中に嵯峨野で売り物件を発見し、私の心の中は、「そうだ、京都に住もう!」のフレーズが繰り返されている・・・。

|

« 京都の晩秋(1) | トップページ | 今年の宿泊旅行納め »

コメント

そうだ!京都に住もう…
これは私も何年もの間、
頭で鳴り響いています。

今年の紅葉は美しいみたいですね。
行こうか!と思いつつ、
人混みを思い浮かべ
腰が重くなっています。
行った気分になる写真の数々、
ありがとうございます✨

一年でも良いから、
アパート借りて、
京都の四季をゆっくりと
楽しんでみたいものです。

投稿: diolch | 2017年11月27日 (月) 23時43分

京都に住む・・・素敵な感じですが、暑さに弱い私には無理かな。
関西では絶対に「夏の京都」のニュースはいかに暑いかと言うのが話題になるので。
以前から京都に住む知人が来るんなら床を予約してくれると言ってくれているのですが(^^;

本当に写真を見るだけで素敵な旅だったのがわかります。
うちはいろいろと反省?をして来年に向けて対策を練りなおしているところです。
ただ、今度は一人で電車を乗り継いで平日に行くのもいいなとも思っています。

投稿: ぺん | 2017年11月29日 (水) 10時22分

clubdiolchさん、

最近は、特にサヴィがいるから夫婦で一泊は難しく、でも、京都なら日帰りでも行けてしまう分、じっくり訪れることはなかったです。
紅葉、美しかったですが、台風の影響もあり、たぶん、いつもの色とは少し違っていたのかもしれません。

今回は自分ではあまり選択しない趣向でもあり、どうかな、と思いましたが、道中、同行者と案内者のおかげて楽しませていただきました。
「住む」を含め、なんか、新しい感が方が持てる旅でもありましたよ~。
ま、住むは半分は夢ですけどね!


clubぺんさん、

盆地だけに、蒸し暑い京都ですよね。
私も寒さより暑さに弱いから、ほんと、実際に住むとしたらどうなのか・・という気がしています。

が、が、名古屋の蒸し暑さも半端ないですから、どちらにいたとしても、避暑出来る場所が近くにあるのが必須かもです。

夏の川床、これもまだ未体験!なんか風流な京都は1つも経験せずですが、これからも機会があれば、京都に限らず新たな楽しみ方を探していきたいと思います。

投稿: サヴィねぇ | 2017年11月29日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の晩秋(1) | トップページ | 今年の宿泊旅行納め »