« 高価な・・・。 | トップページ | 京都の晩秋(1) »

2017年11月17日 (金)

クルミの殻

先日、職場で久々に和胡桃(鬼胡桃)を頂いた。

スーパーの殻付きは、たいてい西洋胡桃(ペルシャ胡桃/樫胡桃)で、殻の厚さが和胡桃よりも薄く割りやすい。

我が家にあるクルミ割り人形は実用性のない民芸品。和はもちろん、西洋胡桃も無理ね。

「兵隊よ、和の国の胡桃の殻を割ってみるが良い。」

Wagurumi2

「お、王様、それはムリでし。私の顎が外れ、歯は木っ端微塵になるでし。」

Wagurumi3

和胡桃の殻の断面。ウサギみたいでかわいい。

職場で食べて、殻をもらってきた。

Wagurumi

何かに使えそうかと思いもらってきたけど、今の所思案中。置いておくだけで可愛いので、当分このまま。が、油断していると1個2個と無くなり、家具の下で発見される・・・。

Savvyfine214

「私じゃないわよ。そんなお子様の玩具に興味なんてないわっ!」

|

« 高価な・・・。 | トップページ | 京都の晩秋(1) »

コメント

うさぎ!言われてみれば確かにうさぎに見えます。
それにしてもくるみ割り人形、可愛いですね。

投稿: 同僚110 | 2017年11月19日 (日) 11時08分

club同僚110さん

クルミ割り人形をはじめ、ドイツのザイフェンのエルツ山岳地帯の木工人形は、とっても可愛いです。クリスマスのモチーフが多いので、マーケットで出会えるかも?

投稿: サヴィねぇ | 2017年11月20日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高価な・・・。 | トップページ | 京都の晩秋(1) »