« 京都の晩秋(2) | トップページ | 喜々としてムシャつく! »

2017年11月29日 (水)

今年の宿泊旅行納め

京都旅行から帰って3日空け、平日に連続して休みが取れたので、父のボケ防止と冥途の土産に温泉へ。2011年に初めて行ってから何度か利用している「近場の温泉旅館」THE BEACH KUROTAKE。私が住んでいる所かも、途中で父を拾っても、車でのアクセスが良い。

知多半島の伊勢湾を一望しながら入る、源泉掛け流しの天然温泉。晴れた日の夕方、海に日が沈む前の風景を客室の窓から眺める。

ああ、大きなロウソクみたい・・・!

Kurotake1

これは露天風呂に急がねば・・・・!

風呂場には誰もいない。これはチャンスと服を脱ぐ前にスマホ片手に露天風呂からパチリ。

Kurotake2

中部国際空港が近いから、航行する飛行機が間近。騒音もなくフンワリ飛んでいる。

Kurotake3

山の向こうに隠れてしまった陽の光をバックに、航行する船体のシルエット・・・。

Kurotake4

お風呂に入るために眼鏡とるとハッキリみえないけど、色はわかるのよ、色は。

貸し切り状態の露天風呂を満喫した後のお楽しみは、新鮮な魚料理。

梅酒と前菜の次は、生き〆サバの炙りって、ファイヤ~♪

Kurotake6

Kurotake7

地産の刺身は、新鮮でプリプリ、トロリと食感も楽しめ、甘くて美味しい。日本酒がすすむ。

Kurotake8

焼き魚を1品挟んでの上品な茶碗蒸し♪美味でございます~。

Kurotake9

結構、ここまでいろいろ食べての揚げ物は、キツイ?という思いも吹っ飛ぶ、エビとキノコのかき揚げ。

Kurotake10

そして大詰めは、真鯛のしゃぶしゃぶ。

Kurotake11

Kurotake12

当然、〆は雑炊。シャブシャブの後の出汁は、最高ね。抹茶アイスとおぜんざいのデザートでフィニッシュ!

父と会話しても、なにかと腹が立つだけ。合わんのよ、父とは・・・。でも、旅行に連れ出したところでトゲトゲしてもね。テレビ見ながら、まぁ父の言葉に適当に相槌だわね。

いつもより早く就寝。

早朝の朝風呂も貸し切り状態。やっぱり海水浴シーズンでない平日だからね。

朝食も「これでもかっ!」ってくらいの料理で・・・。

海の見えるお食事処。夕方にはシルエットしか見えなかったけど、よく見える船。

Kurotake5

みんなお仕事してる。私も一息つかせてもらったから、また、頑張るか。

にぃさんと猫達に留守番させるのも、たぶん、今年はこれでおしまいだ。

|

« 京都の晩秋(2) | トップページ | 喜々としてムシャつく! »

コメント

素敵なお宿で親孝行...憧れます。
来年私の母が傘寿なので、お祝いにどこかへ連れて行こうと思っております。
近場の温泉、又はずーと行きたいと言っている鎌倉...
うーん、悩みます。

投稿: 同僚110 | 2017年11月29日 (水) 23時02分

見ているだけで美味しそうですhappy02
海の近くの素敵なお宿、いいですね。
お父様との旅行、その時はトゲトゲしてても後でいい思い出になると思います。

最近、泊りで旅行したのはもう数年前。
うちの場合は、近場だったら有馬温泉かな。
近すぎて日帰りになりそう(^^;

そういえばもう何年も前になるのですが母と旅行したのが、近場の城崎温泉でした。
もう一度どこかに旅行に行きたいと言っています。
でも、近場とはいえ夏前でかなり暑くて、車の中で少し調子が悪そうに見えたので、その時よりもっと年をとった今はやはり年齢的に遠くは無理かな。
季節も選ばないと駄目ですね。
やっぱり有馬温泉で日帰りかも。

投稿: ぺん | 2017年12月 1日 (金) 22時38分

club同僚110さん、

まぁ、自力歩行と、自力入浴が出来るうちは、連れてくか~って感じね。一々腹立たしい行動の父を叱っていたから、親孝行って感じじゃなかったけどね
┐(´д`)┌ヤレヤレ

近場も、もちろん良いけど、お母様の体力があれば鎌倉もいいね。
うちは、父が「腰が痛くなる」とかっていうから、長距離はムリ。ってか、父と長距離が無理(笑)。


clubぺんさん、

城崎、有馬・・行ったことがないけど、行ってみたい(私が)!
こちらだと、高齢者連れて行くとしたら、岐阜の下呂温泉くらいまでは1泊で行く近場かなぁって感じです。
連れて行ける時期はありますよね。父の場合は、これ以上寒くなると出たがらないし、暑いと私がヘタるし(笑)!

でも、要は、父に「非日常で刺激を与える」ことが目的であり、そういうことでいえば、本当に近くのスーパー銭湯でも良いのかも~!

ぺんさんんも、お母様と気持ちの良い季節に是非!

投稿: サヴィねぇ | 2017年12月 1日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の晩秋(2) | トップページ | 喜々としてムシャつく! »