« Atelier "F" | トップページ | ことり万博2 »

2018年2月 7日 (水)

ことり万博1

2月3、4日の週末、静岡の掛川花鳥園へ行ってきた。

onneaさんが、「ことり万博2018」(花鳥園内で開催)に出店されたところ、私も便乗させて頂いた。

初めての花鳥園。

ことり万博が開かれていた温室のハンギング(逆光画像でちょっと残念だけど)が素敵。

うちのベゴニアやゼラニウムなども、こんな風に仕立てられたら良いのに・・・。

Kachoen

先に到着して、大勢のお客さんをさばいていたonneaさんの邪魔にならぬよう、と、トリあえず、花鳥園の中を見てみることに。

水辺の鳥。バナナみたいな口ばしのオオハシを撮ろうと思ったけど、ギニアエボシドリのファンキーな子が目に入りパシャったら、「ゴハンくれないのに、撮ってんじゃね~よ!!」と言わんばかりにキャーキャー鳴かれたわ~。

Gebosidri

カンムリバト(?)の一種。頭がオサレ~!

Kanmuribato

別の温室では、様々なスイレンの水槽が(写真が1枚も綺麗に撮れんかった)と、コガネメキシカンインコなど、インコ類がいっぱい。

Mexicankoganeinko

そして、猛禽類が、可愛いやら、カッコいいやら!

フクロウ(羽角(耳みたいなやつ)がないのがほとんど)、ミミズク、コノハズク(フクロウの小さいので小さい羽角がある)・・・で、この子は何だっけ・・・・なんとかワシミミズク。

Miizuku

ええっと、ええっと・・・なんとかワシミミズク?

Euromimizuku

ウサギミミズク~が、ちょっと、サヴィチックな困り顔。

Usamimi

ペンギンかと思える、オオフクロウ。かわいい・・・。

Oofukuro

この他にも、外にはハリスホークなどのカッコイイ系や、モデルのような足長のヘビクイワシなど、2日目に屋外でショーを見せてくれた。

可愛い、カッコいい・・・などと連呼しながらも、展示動物として園にいる姿の彼らに、人間のエゴを感じずにもいられない。でも、園でスタッフさん達に愛情注がれているはずね。

さて、この続きは、また後日に。

|

« Atelier "F" | トップページ | ことり万博2 »

コメント

オカメインコが飼いたいと言い続けています。
コブがいるから無理ですけど(^^;

神戸花鳥園が「神戸どうぶつ王国」となったので行ってみたいな~と思いつつ行けていません。
母の病院の近くなんですけど。

サヴィねぇさんの記事見てたら行ってみたくなりました。
次回の母の病院の後に一緒に行ってみることにします。
猫も何故かいるみたいです。

投稿: ぺん | 2018年2月 9日 (金) 14時17分

clubぺんさん

毎日寒いですね!
先週末はちょっとだけ寒さも緩み、また花鳥園内温かったです。
園内を見ながら、鳥って、本当に多種多様なんだな・・とあらためて思いました。
イベントは、主にインコ類、文鳥好きさんが多く、いつも猫ばかり見ている私には、へぇ~、ほぉ~、という発見ばかりでしたよ。

ぜひ、お母様と神戸の花鳥園を覗いてみてくださいね!
(で、猫って・・・!?)

投稿: サヴィねぇ | 2018年2月 9日 (金) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Atelier "F" | トップページ | ことり万博2 »