« 赤い鳥 | トップページ | 諏訪湖・松本2018 »

2018年9月10日 (月)

美ヶ原高原2018

猛烈な台風の翌日・・・、かねてから予定していた長野へ1泊2日の旅行へ。

大きな被害のニュースに気が咎めるも、幸い台風一過の晴天に、電車の遅れも10分少々。与えられた日常を、感謝を持って楽しむべし。

同行者さん3名と名古屋-松本間の約2時間を、振り子電車のワイドビューしなので。旧特急しなのに乗ったのは小学生の時だったから、それ以来。(振り子については、交通新聞社「トレたび」さんの解説が参考になる。)

昼に松本に到着し、京都旅行でもお世話になったガイドさんと合流し、市内でランチ。

信州と言ったら蕎麦。ここは蕎麦粉のガレットでしょ。MONKABAさんへ。

Matsumotogalette

新じゃがとコーン、アンチョビのガレット。パリッパリで美味~。

皆でゆっくりとランチを楽しんだ後、ガイドさんの運転で松本市街からビーナスラインを走って向かうは美ヶ原高原。小学生の頃に行った記憶は、高原美術館の野外オブジェのみという乏しさ。また、夕方~日暮れのトレッキングは初めてだ。

ヨーロッパのカリヨンみたいな高原美術館の鐘の音を背に出発。

Utukushi_2

Utukushiroad

(同行者さんの撮影)

駐車場からほぼ平坦な所を歩いて10分、アルプスの絶景が望める山頂(牛伏山)に。

Viewfuji

(同行者さん撮影画像をトリミング)

この写真を見て、セリフをつけるとしたら・・・

「青年よ、大志を抱け by クラーク」

「伝説って言われたけど、僕の父さんは見たんだ。by パズー」

実際は、「今日は富士山が見える」とガイドさんが教えてくれるているところ。皆、「ほぉ~、あれが?」と。日が傾き、光線の加減で山の稜線がハッキリ見えてきたところで、皆、自分が見ていたものが、富士山でないことに気が付いた(笑)。

私のiPhone撮影でも、分かるくらいだから、肉眼は、もっと見えるんだけどな。下画像の山々のあたり、ほぼ中央の一番奥に薄~く富士山、わっかるかな~?

Mtfuji

Utukushi6

「美しの塔」は霧鐘塔。夕暮れに、カメラの三脚を立て、じっとしている人がいたが、あれはその後の星空撮影のためなのかな?

トレッキングコース中腹には牧場があって、のんびりと牛が草を食み、お馬さんも~♪

Utukushi2

1カップ100円の人参欲しさに寄って来る。前脚で土をホリホリして催促するんだわ~。

電波塔のある王ヶ頭まで歩くんだけど、風が強くて、気温も10何度・・。風がなければ大丈夫なんだけど、風が・・・ああ、その先の王ヶ鼻まで行ってたら、寒さで逝ってただろう。

途中に見える「きのこ汁」の看板に、、、飲みてぇぇぇ!

Utukushi7

Utukushi3

Img_1835

Denpato2

(同行者さんの撮影)

駐車場への帰路、日も暮れ、星が段々見えてきて綺麗だけど、足元も暗く・・・。

Utukusinight

ガイドさんだけ駐車場にもどって迎えに来てくれることに。

「キツネがいる」と教えてもらったけど、キヤァ、キヤァって暗闇から鳴き声がするものの、姿がよくわからなかった。

駐車場に戻り、星空を見上げると、本当に無数に見えて綺麗だったんだけど、、、じっと見ていられない。甘くみていたわ~。エアリズムじゃなくて、ヒートテック着てないと!

登山せずしてアルプスの絶景が望めるなんて・・・。願わくば、雪の残るアルプスが見られる季節に、ちゃんと防寒して訪れたいものである。

|

« 赤い鳥 | トップページ | 諏訪湖・松本2018 »

コメント

ガレットが美味しそうです♪

昨日夫と長野にもう一度訪れたいねと話していたところです。
ただし、若い頃のように冬にスキーではなく今の季節ぐらいに。

もうヒートテックがいるんですね!
そういえば、妹と昨日ユニクロに行ったんですが店内はすっかり秋色でした。
このまま、穏やかに秋が深まっていって欲しいです。

↓下の記事
絵はもちろんですが書体も素敵ですね♪

投稿: ぺん | 2018年9月15日 (土) 18時34分

clubぺんさん、

台風と北海道の地震、、日本で災害が起こっている中、自然を楽しむというのに気が引けながらも、感謝しながら楽しんで来ました。
名古屋は30度超えの蒸し暑さでエアリズムを着ていたので、標高2000mの高原の寒さが余計に身に沁みました。

信州でガレットというのは、本当に最近ならではだと思いますが、とても美味しかったです。

私は登山をしないので山には疎いのですが、日本のアルプスの山々が望める長野は、魅力です。紅葉はもちろん、スキーも骨を折らない程度に、また、温泉など、いろいろ楽しめそうです。

ぺんさんも、ぜひ、ご主人と!

↓ 大正ロマンの絵や文字は、本当にいろいろ参考になりますね!

投稿: サヴィねぇ | 2018年9月16日 (日) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い鳥 | トップページ | 諏訪湖・松本2018 »