« 御狐様?お猫様? | トップページ | 南信州2018 (2) 最高の蕎麦 »

2018年10月28日 (日)

南信州2018 (1)

にぃさん、2週続けて平日に休みを取る。

2年前に幸運にも拝めた雲海(過去記事)を、今年もねらってみようかと。

だがしかし、天気予報を見て「観られなかった時のゴンドラ代が痛い」と、2日くらい前からケチケチ夫婦はテンションが緩む。ゴンドラに乗らずとも観られそうな場所=標高が高い=遠いという日帰りの壁。

まぁ雲海は別の機会にして、中央道に乗り南信州へ出かけた。

朝9時頃に駒ヶ根インターを降りる。中央アルプスの駒ケ岳を主峰とする木曽山脈。

Komagatake

山登りできる健脚がない我々が向かったのは、寶積山光前寺

Kouzenji

朝から庭師の方々が境内の庭園を手入れしていらっしゃるだけあって、素晴らしい。

Kozenji2

大きなスギの並木が清々しい。平日の朝だから(?)、人もいなくて良い。

Koxrnji2

ここで鑑賞すべきものの一つが、石垣の間に自生している”光苔”。

石垣の隙間を見てもよくわからないので庭師の方に聞いてみたところ、「もう時期的にあまり見られないですが、、」と、作業の手を止め、かろうじて残っている光苔を教えてくださった。

Hikarigoke

iPhoneのズームでこの画が精一杯。暗い岩に入る光の反射で光るので、少し離れて角度を変えながら見ると、キラッと光る。準絶滅危惧種の一つだそうだ。

光苔が拝めるのは10月下旬までかな。

光苔ではなくても苔の絨毯が敷かれたような古道もあり、目にとても優しい。

手水舎にある観音様越しの三重塔。池にも反射。

Kozenji3

木々から漏れる陽射しが神々しい。桜や紅葉の時期はライトアップもされるようだ。

Kozenji4

Kozenji5

本堂には伝説の霊犬「早太郎」の大きな木彫刻がある。早太郎のお墓も三重塔近くにある。境内の紅葉はこれからといったところだが、春の枝垂れ桜も美しいらしい。

寺前の和菓子屋さんで買った護摩団子。パッケージが渋い。

Gomadango

Gomadango1

タラ~りとした黒ごまのペーストが入っている。直球の黒ごま味!一口で行くべし!

寺を後にして、田切の道の駅へ寄ってスチューベンをゲット!

Stubetakiri

大きな2房で350円。とっても甘くて大当り!信州来るたびにスチューベン探しちゃう。

さて、この後は南信州のドライブの主目的の場所へ。

つづく。

|

« 御狐様?お猫様? | トップページ | 南信州2018 (2) 最高の蕎麦 »

コメント

護摩団子、食べてみたい!

紅葉が進んできましたよね。
素敵な風景です。
この秋から私は多分かなり時間が出来るので近場にはなると思いますがあちこち行ってみようと思ってます。
「今年の秋」を堪能しようかと。

早太郎・・・どんな霊犬なのか・・・ちょっと調べてみると、「日本昔話」で見た事ある!
猿の化け物を退治するんですよね。
ここだったんですね!


太郎CEO!
なんという貫禄!
雇ってみたい気がします。

投稿: ぺん | 2018年10月31日 (水) 17時51分

ぺんさん、

護摩団子のゴマペーストは、黒ごまの苦味もそのまま、濃い~ペーストの団子でした!

そうそう、本堂のお守り販売所には早太郎の絵本もあり、ヒヒを退治して亡くなった寂しい最期・・・。日本昔話しでも紹介されてたんですね。

毎年、季節が季節らしくないことがあって、何だか、見るべきは見る、感じるべきは感じる、五感をフルに使っておきたい気分になります。
ぺんさんも、新しい発見も楽しみながら、今年だけの何か、そして次の何かを楽しんでくださいね。

CEO太郎、ものすごく大きな黒猫君でした。もう貫禄ありあり!

投稿: サヴィねぇ | 2018年11月 2日 (金) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御狐様?お猫様? | トップページ | 南信州2018 (2) 最高の蕎麦 »