« 南信州2018 (1) | トップページ | 秋のもの備忘録 »

2018年11月 2日 (金)

南信州2018 (2) 最高の蕎麦

10月も終わりに差し掛かった平日。中央道に乗って疲れない範囲のドライブで目的地に選んだのが駒ヶ根。光前寺を参拝した後、目指すはJR飯田線の田切駅近く。

Google Mapを頼りに、中央アルプスを背にして南アルプス方面を向いて進む。

長閑な道の途中にあるお蕎麦屋さん。

Hinemos1

すごい、立派な塀・・・。

Hinemos2

Hinemos4

立派な松・・・・。

Hinemos3

昭和な香りの民家。縁側でお庭と伊那の山を望むテーブルに。

Hinemos6

軒下には、柿も干してある。ああ、信州はもう冬の準備?

Hinemos5

アラジンのストーブを点けて下さるほどヒンヤリ。

Hineintr

信州といえば蕎麦だけど、どこで食べても美味しいとは限らない。先月に松本で食べたのは更科系。美味しかったが、真っ白く磨かれた上品な蕎麦は私の舌向きではない。

今回訪れた「ひねもす」さんは、丸抜き(実の黒い殻を取ったもの)と、玄蕎麦(黒い殻も含む)の粗挽き十割蕎麦の2種類が味わえる。

丸抜きの白い方・・・例えるなら、ワビだな。色白美人で、物腰柔らかかと思いきや、しっかりとしたパンチも繰り出せるツンデレ。

Hinewsoba

Wabifine37

玄蕎麦の黒い方・・・サヴィだな。期待を裏切らない香ばしさ。粗暴と思いきや繊細な滋味で、しっかりと楽しませてくれる。

Hineksoba

Savvyfine235

ザラッとして、すごく芳ばしい香り!そして甘い!岩塩だけで最後まで行っても良いくらい。ヤバイ、私がこれまで食べてきた中で一番かも。御漬け物まで美味しい。

新蕎麦の季節で、お店でもそろそろ出す頃らしいが、熟成された実の蕎麦は、甘い。濃い。旨い!

Hinesobayu

そばがきっぽいのが入った蕎麦湯も申し分なく、幸せな気分になる。

そして、信州と言えば・・・の林檎と蕎麦のケーキ。

Hinemoscake

若い女将さんが、「お隣さんの畑の林檎なんですよ」と。ああ、、ホッペが落ちるよ。蕎麦粉のクッキーも付いて、美味しい蕎麦づくし。

もう、大満足。

そして、ここ、猫の姿はないものの、「絶対に猫がいるはず」と思える店。それも良い。

帰りに、お庭から見える山の名前を聞くと「陣馬形山と言って、山頂からの眺めが素晴らしいんですよ」とのこと。行き方マップまで頂いたが、これは次回のお楽しみとしておこう!

満足したら、帰りの道は林檎道~。

つづく。

|

« 南信州2018 (1) | トップページ | 秋のもの備忘録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南信州2018 (1) | トップページ | 秋のもの備忘録 »