« 潔いリフト・オフ | トップページ | イメージ »

2019年1月29日 (火)

Space Savvity

(サヴィへの温かいお言葉、心に染み入ります。ありがとうございます。)

昨日の涙雨の空から、冬晴れの本日。凛と冷たい空気が気持ち良い。

夕方近く、にぃさんと一緒にお寺へ行き、サヴィをお骨にしてもらった。

まったく骨まで可愛い・・・。最後に食べて産みたかった運子さんまでコロコロと並ぶ(笑)。

どうしたもんか、枯れたババァに、まだ涙湧き出る泉があったとは・・・。

手の平に乗るサイズになったサヴィを抱え外へ出ると、寺の木々の間から綺麗な夕日。

Chourakuji2019

夕日と一緒に、サヴィの物質的な部分は沈んでいったんだなぁ。

お寺での僧侶の方の読経が、なぜかDavid Bowieが歌う「Space Oddity」の、ロケットの打ち上げのカウントダウンを連想させて、、頭の中でループ。

YouTubeのボウイ、ミュージカルのキャッツに出てきそうな風貌で・・・。

歌の内容は、宇宙へのロケット打ち上げの地上管制塔と、打ち上げられた”トム少佐”のシンプルなやりとりなんだけど、情景、状況は聴き手の想像次第。

結局、交信が取れなくなって行くのだけど、なんか、宇宙という果て無き永遠となっていくというか・・・。

Spacesavvy精神的に永遠のサヴィは、いつでも交信してくれる、そう願う。

寺の待合室で、にぃさんが見守り中に撮影した写真を「かわいい、かわいい」と連呼するので、親馬鹿ながら、数日前(生前)のサヴィを。

Savvyfine240

呼びかけに喉を鳴らし、律儀に鳴いて応えておったな。

サヴィのことを気に掛けてくださった皆様の中にも、サヴィが生き続けますように!

|

« 潔いリフト・オフ | トップページ | イメージ »

コメント

Of course, Savvy, you are always in my mind.
I wish you would see Mao as you knew well
and then,Tom (a ginger cat!)came from Britain.
Have a lovely tea time together!
(宇宙のサヴィへ交信)

投稿: diolch | 2019年1月29日 (火) 21時20分

Dear diolch-san,

I'm glad to communicate with you!
(As savvy-nee believes) I just encountered my fluffy brother Mao, I haven't seen on the planet earth!
OK, I will try to find Tom to enjoy "Afternoon Teas" in a British style and in Japanese Sabi style!

(サヴィの交信を盗聴中)

投稿: サヴィねぇ | 2019年1月29日 (火) 22時04分

美しいです。ロウソクの火のような冬の夕日。サヴィちゃんの身体はその光の中に溶け込んでいったんですね。

私もいつも保護猫たちと一緒に暮らしています。一昨年はみっつの命との別れがあり、重なるお寺での供養に泣いてばかりの日々でした。
でも、大事な命たちを見送るたびに、サヴィねぇさんと同じく、「生涯愛し、大切にする」ことがきちんと守れたことに安堵もします。

サヴィちゃん可愛いなぁ。にぃさんじゃなくても連呼してしまいます。その可愛さは永遠なり。
ワビちゃんは〈おおばあちゃん〉になるまで元気でいておくれ。これからもずっとここで見させてください。

追伸
猫様まつりのサヴィねぇさんの作品。ブログにアップされるたび一目惚れしていました。距離的に近くなく行けないのが毎年残念でしようがなかった。おまつりは去年終了とのことですが、今後も作ってほしいです。そしてオンラインショップをオープンしてくれるのを願っています!

投稿: つぶ | 2019年1月29日 (火) 22時44分

つぶさん

つぶさんのお言葉に、心癒されます。ありがとうございます。
保護猫ちゃんとの暮らしで重なった看取り、お辛かったでしょうに。
それでも長くも、短くも、時間に関係無く、その子達の生涯を愛して、大切にしたという安堵のお気持ちになれて良かったです!本当に、これは味わってみないとわからぬ感情ですね。

サヴィがワビの分まで病気を引き受けてくれた気がして、ワビは尻尾が9つくらいに別れるまで、私達に付き合ってくれるんじゃないかな〜!

私の作品も見てて下さって、か、感激です。
先代猫のマオは、私が絵を再び描く原動力となり、サヴィはそこから創作の楽しみに発展させてくれました。ワビはそれを続けるサポーターになってくれるかな。
そんな猫達への感謝も込めて、これからも、ボチボチいろんな形で作品を産んでいこうと思っていますので、気長に(?)、楽しみにしてくだされば、幸いです。

投稿: サヴィねぇ | 2019年1月30日 (水) 00時27分

サヴィちゃん、そろそろ安定軌道に入る頃でしょうか。
うちのレオちゃんもその辺を周回してるはずなので、仲良くしてくれたら嬉しいです。(うちのレオちゃんは完全箱入り息子で、他の猫さんとのご挨拶マナーを知らないかもしれませんが、サヴィちゃんから教えてやってもらえればと。あ、ベルちゃんと言うバネのようなワンコもきっと。ちょっと騒がしいけどいい子なのでよろしくです。)
宇宙開発が様々進む今日この頃。スペースキャット&ドッグチームと再会できる日も近そうです。

投稿: KYO | 2019年1月30日 (水) 07時44分

サヴィちゃん、やっぱりかわいいわ!
もう、初めてねぇさんのブログを見た時からサヴィちゃんに一目ぼれだったの。
(コメントを書き込むまでに何年かかかったけど)
それにとてもお利口さんで。
前回、コメントに書いたタマも(シャム猫なのにタマ・・・)とっても賢い猫だったんです。
今でも母や妹と集まるとタマの話になります。
「お利口だったよね」って。
うちのタマも随分昔に行ったのだけど宇宙にいるかな?
だといいな。
サヴィちゃん、会ったらよろしく。

投稿: ぺん | 2019年1月30日 (水) 19時37分

KYOちゃん、

ありがとう!
そうよね、貴公子レオちゃんに会えるなら、サヴィもラッキーだわね!(レオちゃん、同じフッサフサ毛並みのマオには会ったかしら・・・!?)
サヴィも結構、「猫」には手厳しいので、レオちゃんに挨拶代わりシャフたりして・・・。許してね~。
ベルちゃんに遭遇したら、最初は固まっちゃうだろうけど、きっと、すぐに仲良しになれるかも!

本当に宇宙旅行もすぐそこまで・・・。いや、私が、サヴィ達と同じ意味での宇宙へ旅立つ日と、どっちが早い(笑)?


ぺんさん、

サヴィに一目惚れしてくださってありがとうございます!
そして、コメントして繋がってくださって、嬉しいです。

タマちゃん、ふふふ、まさかのシャム!
お利口さんだったのね。

サヴィとタマちゃんは、お利口さん同士、話が合うと良いわ~。

もうね、おバカさんなワビと正反対にお利口だったサヴィ。そのコントラストが強くて・・・、今、足元でスヤスヤ眠るワビに、「あんたはどうして、そんなにおバカさんなのかねぇ」と言ってしまうほどです。

コブちゃんも、ぺんさんにとって、また大切な存在だと思います。どうぞ、これからも思いっきり愛でてあげてくださいね!

投稿: サヴィねぇ | 2019年1月30日 (水) 21時22分

 
サヴィちゃん、ありがとう。
大好きです。
また絶対会おうね。
前澤さんよりも早く宇宙へ旅立ったんだから、どや顔で胸はっていいゾ!
宇宙旅行楽しんでね。

ワビちゃん、寂しくて泣いてないかなぁ?
その寂しさは、ねぇさんとにぃさんにいっぱい甘えて補ってね。
これからは独り占めだからね・・・

ねぇさん、にぃさん、旅の準備お疲れさまでした。
大変だったと思いますが、とっても素敵なお見送りをされたと思います!

投稿: サヴィ母 | 2019年2月 1日 (金) 00時14分

サヴィ母さん、

ありがとうございます!
ワビへの気遣いまで・・・(ワビは淡々として、でも多少甘え気味だわ)。

母さん家のサヴィちゃんとは名前が一緒だ!と思ってたら、さび模様のしーちゃんが来て、もう、私の中では運命的繋がりを感じてました。そして繋いでくれたのは、サヴィなんだな、、って。

長い年月の治療を頑張ったサヴィ。辛い事より楽しいことの方が多かったと信じています。
息を引き取った後、悲しみなのか、達成感なのか、開放感なのかよくわからない感情がありましたが、錆模様のごとく、それもあり・・そう思っています。

そうですとも、アーティストを引き連れて宇宙旅行のZOZO社長よりも早く、存在がアーティスティックなサヴィが宇宙デビューだわよ!

いつか、ワビも打ち上げる時が来るので、その時は、サヴィが「遅かったじゃないの!」とプリプリしながら迎えてくれると思っています。

サヴィちゃん、しーちゃん、夜空を母さんと見上げてね。錆光る星があったら、それはサヴィだからね!


投稿: サヴィねぇ | 2019年2月 1日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潔いリフト・オフ | トップページ | イメージ »