« 尾道・猫集め2 | トップページ | 猫の次は鹿 »

2019年4月22日 (月)

広島市内。

1泊旅行の広島。できるだけ色々観たく、昼過ぎに尾道駅からJR山陽本線で早目の移動。

約1時間半の電車移動はキツイかとも思ったが、運動と食後の昼寝に丁度良い。広島市に午後3時前に到着。

路面電車~。これはGreenmover Max。よーく見ると、前中央、側面上に「SANFRECCE」のステッカー。広島だねぇ~。

Hrsm

その土地の乗り物での移動は、街の景色だけでなく、乗車の方法、社内の広告やアナウンスなど、自分が住む地域との違いを楽しめる。交通系ICカードが使えて便利な時代。

目的地は原爆ドーム。私もにぃさんも、一度も訪れたことがなかった。

Hrsm4

テレビ映像や写真で見た印象で、「最寄り駅から遠景にドームが見え、徐々に近づくいて行く」という勝手なイメージを持っていた。でも、路面電車を降りた直ぐに目に飛び込む距離にある。「えっ、こんな所に!?」と、当時の人々の生活の中に突如原爆が落とされたという事実に、、、震えた。

Htsm5

Hrsm6

街が美しい。70数年前の状態は・・・。心中に様々な思いが去来する。

平和記念資料館(改修工事中)は、展示資料の前に多くの人が集まり動かず、見られずで、時間に余裕がない時の訪館は避けるべきだった。それに、原爆ドームやその周辺は、時間を取って、ボラティアの人に話を聞きながら回れば良かったな・・・。

日も少し暮れかけてきたので、宿へと向かう。

ゲストハウスなるものに泊まってみたく、利便性を考え広島駅に近い「広島ステーションIN」に。

ビルの2階にある。2段ベッドの造り。奥側は女性専用エリア。水回りも含めて清潔。他の滞在者は外国の方ばかり。

Hrsm1

ツイン(1室5千円。日によって変動)のスペース。陽が差し込んで明るい。直立できない天井高だけど、圧迫感はなく、荷物置くスペースもあり、寝床として十分。幸運にも平日で滞在客が少なかったので、共有部分での音もさほど問題なかった。ってか、にぃさんのイビキが一番うるさい!

Hrsm3

接客も良く、チェックイン後の時間からでも行ける場所、食事のオススメ場所など教えてくださった。

残念ながら、今回は入らなかったが、インの階下には、なんともそそる素敵な飲食店の路地ありっ!

Htsm9

広島初心者は、夕食はお好み焼きと決めていたから。

観光客はベタな情報に従って、フロア全部がお好み焼屋の「駅前ひろば」へ。店選びも難しく、夕方早めの時間でも客の入りが良い=人気店なのか?と、「電光石火」に。

鉄板を前に、ここは「広島カープ」に敬意を払って、「赤い」トマトサワーを。♪カ~プ、カ~プ、カ~プ広島、ひろしまカ~~プ♪って、ここしか歌えん。

Htsm7

さすが、オタフクソースの地!この容器、地元スーパーで売ってたよ。

来た~!店名と同じ「電光石火」はフワっとオムレツのよう。メニューは、「人にやさしく」とか、ブルーハーツの歌名が付いている。

Htsm8

隣のサラリーマンのオジサマ(普通の豚玉そば選ぶあたり、ツウか?)に習い、コテで食べてみるが、難しい・・・。

Hrsm9

あっさりとした薄味。残念な舌の濃い味慣れした名古屋人は、オタフクソースを都度掛けながら食べる。

牡蠣の鉄板焼きも食べてみたかったが、時々、牡蠣との相性が悪いこともあり、翌日に備えて我慢。

「お好み焼きハシゴして行こうか?」と調子こいていたが、結構なボリュームだったので、胃の小さ目な我々は、おとなしく1軒で終了。

宿に帰り、腹7分目のところに、食べ比べで買った八朔大福、投入♪

Hrsm10

翌朝の宮島行きの時間を確認し、22時には消灯する。ザザ、ザザ、という滞在客の家族が洗濯機を回す音を子守唄に寝落ち。

つづく。

|

« 尾道・猫集め2 | トップページ | 猫の次は鹿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾道・猫集め2 | トップページ | 猫の次は鹿 »