« 美ヶ原高原2019.5(4) | トップページ | 松本・美ヶ原2019.5(お土産編) »

2019年5月26日 (日)

美ヶ原高原2019.5(5)

美ヶ原高原で初めて宿泊し、前夜の食事で胃腸がパンパンのはずが、”朝活”のお陰で空腹を感じる。

宿のレストランから望む風景。雲海明けの雲が残る蓼科・八ヶ岳方面。日の出の時に見えていた富士山はお隠れに。

Frstresview2

え?朝からこんなには無理、無理・・・って、平らげた。焼き立てピザ(2人分)。

Frstbrf1

追加投入の「林檎と蜂蜜とろ~り溶けてるっ♪」と歌いたくなるピザ。もう無理!と言いながら平らげた。 

Frstbrk5

じゃがいものスープ。優しいお味で胃袋を攻めてくる(笑)。

Frstbrf3

この他に、サラダ、ヨーグルト、ハム&目玉焼き、牛乳、コーヒーを、、どれも美味しく全部頂いた。

そして、とどめの焼き立てパン。これ食べたら、胃が即死・・と思っていたら、ちゃんとお持ち帰り用の袋あり。翌日の朝食パンになったわよ~。

Frstbrf4

帰りは松本駅までの送迎バスで王ヶ頭ホテルの客と合流するため、王ヶ頭ホテルへ立ち寄る。

王ヶ頭ホテルは満室が多く、行ける日の予約が取れなかった。でも、我々には今回利用させてもらった「ふる里館」の方が向いているのかも。それでも機会があれば、王ヶ頭ホテルにも宿泊してみたいものだ。

ふる里館を出る際、バスで「桜清水茶屋」へ寄って蕎麦(昼食)を食べるコースも案内されたが、はち切れた胃袋が、「止めておけ」と脳に信号を送る。

ただ、松本駅からの帰りの高速バスまで時間もあり、何か食べるとして、やっぱ蕎麦かなと、”松本・十割蕎麦”でググって見つけた松本城近くの店は、蕎麦屋っぽくない外観。

CCubeさん。

Ccube1

前回、別の店で食べたのは、「磨き過ぎじゃないか?」と思えるほど真っ白な更科蕎麦。私的には上品過ぎて、、、。

CCubeさんの盛りそば。奈川産、下栗産の蕎麦を石臼で挽いた手打ち十割蕎麦。香り、コシ、甘みがあって好きなタイプ。美味しい。

Ccube

ザルの中央が窪んでいるので、食べ進めると蕎麦が増量したようなお得感。蕎麦湯は、蕎麦粉が入っていてトロミが良い。はぁ~、はち切れたんじゃなかったのか、私の胃袋?

店を出たら、立て札が「準備中」に変わっていた。食べられてラッキー。

備忘録のお土産編につづく。

|

« 美ヶ原高原2019.5(4) | トップページ | 松本・美ヶ原2019.5(お土産編) »

コメント

楽しみに見ています。
ついに素晴らしい雲海!
そして、やっぱり山々が良いです。

ボリュームたっぷりの朝食!
信州と言えば犬宿しか知らないワタシには、朝からピザは新鮮です。
きっと完食しちゃう。

やっぱり、信州良いですね

投稿: QUママ | 2019年5月26日 (日) 22時09分

◆QUママさん

美ヶ原高原、良かったですよ〜。
宿泊が伴うと、お天気に左右されますが、雲海から太陽が昇って来た時の神々しさは、別世界〜!
また、東西南北の主要の山々が観られるのは良いですね。近いけど、ヘブンスでは味わえないわね。
行けるなら、今度は冬に、と思ってます(ワビの防寒対策しっかりして)!
宿の食事は、朝もバイキングとかでなく、きっちり出してくれて、つい食べ切って、結果腹が苦しい思いをしましたが、良心的な宿でしたよ。

投稿: サヴィねぇ | 2019年5月27日 (月) 21時19分

最近、テレビでうちの県にある「出石そば」はお殿様が国替えで引っ越してきた時に
信州のそば職人を連れてきたのが始まりと言うのを見て
「なるほど~、元々は信州からなのね」と。

いいですね~信州。
ああ!行きたい!
旅行記、大変楽しく読ませていただきました。

蕎麦もピザも食べたくなりました。
お蕎麦は、近くに十割そばのお店が出来てそこが美味しいので(いつもいっぱい)行くことにします♪

お土産編、楽しみにしています。

投稿: ぺん | 2019年6月 1日 (土) 09時08分

◆ぺんさん、

蕎麦の産地は他にもあっても、蕎麦好きにとっては直接現地(長野や岐阜)で食べることができて幸せ~。
十割蕎麦がすべてではないものの、やっぱり蕎麦をダイレクトに味わいたいですもんね。

自然は心が洗われますね。
信州は何度行っても、またすぐ行きたくなります。
(軽井沢は好きではないのですが)エリアごとに、いろいろ楽しめて・・・。
もっと中部・東海エリアから出なくてはと思いつつ、気が付くと信州旅行になってます(笑)!

投稿: サヴィねぇ | 2019年6月 1日 (土) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美ヶ原高原2019.5(4) | トップページ | 松本・美ヶ原2019.5(お土産編) »