« 伊根2019 | トップページ | 舟屋に泊まる2019 »

2019年6月16日 (日)

伊根色々2019

京都・伊根=日本海の漁村=やっぱり昼食は新鮮な魚介料理?

ここは変化球で、伊根の筒川地区(山側)の湯之山という小さな集落にあるカフェを目指す。地元の無農薬・有機栽培の野菜、魚介、鶏肉を使ったメニューがあるらしい。

長閑な里山。カフェの看板を見つけ、ちょっと上った所に、それらしい駐車場(↓画像)に停めたけど、そこは他所の駐車場なので要注意。

Inezmny2

お店の方に誘導して頂き、敷地内に停車し直す。

イネノソラGOHANさん(2018年11月オープン)。改装された民家で、気さくなご夫婦が切り盛り。

Inesraghn

畳敷きの部屋のオススメの縁側の席へ。ジワっと暑い日だったが、室内に入る爽やかな風が心地いい。

Inesraghn1

金曜日だったので、ワンプレートランチを頂く。水・木曜日はご主人が作る「中華そば」らしい。

Inesrghn3

新鮮野菜、いろんな味と食感が楽しめて、一つ一つが美味しい。中華そばも気になるじゃないの!

味も空気も美味しい、伊根の里山のカフェだった。ご馳走様。

舟屋群に戻る前、周辺も回ってみようと「新井の棚田」へ行ってみたが、たぶんそこであろう場所は草が茂っていた(伊根観光協会によると2019年は田植えは行わないと)。耕作の厳しい場所だし、高齢化と後継者問題を考えると、耕作放棄地は増えるのだろうか。

さて、もう一つの変化球は、舟屋の台湾茶葉専門店「靑竈(チンザオ)」さん。1週間前にドライブで訪問した姉から「面白いよ」と話しを聞いていたのだ。

Ineqz

舟屋の建物を奥に進むと広がる風景。

Ineqz1_1

Ineqz8

簡易なテーブル構えがアジアンな感じを醸し出す。ここで猫飼いたい・・・(一個人的感想)。

Ineqz3

まずメニューがない。姉から「オススメは何か聞いてはだめ、お店では全部オススメだから」と聞いていた(笑)。客の味の好みを聞いて、店主が豊富な種類の茶葉から選んでくれる。「甘い感じでも、スッキリしたもの」というザックリなオーダーで、「梨山茶にしましょうか?」という具合。

Ineqz5 【梨山茶の淹れ方備忘録】

小さな急須(お湯入れて茶葉がこんもり一杯になるくらい)にお湯を注ぎ、蓋をして50秒数える。

急須→ピッチャー→グラス→ピッチャー→茶杯(量を少しにして冷ます=冷めた方が美味しい)

グラスは香りを聞くため。変化する香りを楽しむ(徐々に甘い、ココナッツに似たような芳香も立つ)

二煎目は10秒、以降は8、10、15、25、30・・と十煎くらいまで楽しめる。

Ineqz6お湯は毎回最後の1滴まで出し切る・・・を、にぃさんに守らせる。

Ineqz7

一煎目を淹れ、ドライフルーツのお茶請けを出してくださった後は、放置してくださる。

宿のチェックインまで時間があったので、5~6煎ゆっくりと愉しんだ。

最初は面喰うが、もちろんお茶のことを聞けば、色々なことを丁寧に教えてくださる。「雪茶」というものが欲しかったが、在庫切れの上、冷凍で持ち帰れる(発酵を止めるため冷凍してある)距離じゃないと・・・。また仕入れされるそうだから、ぜひ、ネットでも注文したい。

そうそう、姉と姪っ子と3人で、「台湾行こうよ~」と話しをしているところ。現地でお茶を楽しむのも良いなぁ。

と、舟屋観光からは随分と脱線したが、次回はお宿について~。

|

« 伊根2019 | トップページ | 舟屋に泊まる2019 »

コメント

伊根町ってテレビで見た事はあるんですが、行ったことはないですね。
大叔母の家が福知山なのでそこを経由して、天橋立までは何回も言った事はあるんですけど。

ランチも台湾茶もいいな~。
ねぇさんとにぃさんは素敵なお店を見つけるのが上手ですね!
うちの夫は絶対にこういったお店には入らないんです。
私の場合は一人旅がいいのかも。
いや、妹と行くかな。
天橋立も昔、妹と二人で「電車」で行ったんですよ。
途中で駅弁食べながら。

お姉さまと姪御さんとでぜひ台湾旅行してくださいね!
次のお宿の記事楽しみにしています♪

投稿: ぺん | 2019年6月19日 (水) 14時28分

◆ぺんさん、

私もテレビで見てから、何年越しかに訪れることができました。
大阪から車で行った姉夫婦さえ「遠かった」というので覚悟していきましたが、運転を交代しながら、遠くても疲れずに行けたので、思い切って行って良かったです。

そうそう、名古屋から電車で行くことも考えて調べている時、「福知山線=確かぺんさんの大叔母様が・・」と思い出していたところです。

電車での移動も時間はかかるけど、その過程が楽しいということもありますね。駅弁・・・いいなぁ~!

SNSの時代、何かしら情報がアップされていると、「見知らぬ土地の知る人ぞ知る」が、簡単に調べれることができちゃいますね・・・。

ふふふ、お店などは、趣味趣向が合う人と行くのが一番。
にぃさんには、「初めて」のところへ「連れ込む」方式で、好き嫌いは言わせず!です(笑)。

ぜひぜひ、伊根にも足を延ばしてみてくださいね。

投稿: サヴィねぇ | 2019年6月19日 (水) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊根2019 | トップページ | 舟屋に泊まる2019 »