カテゴリー「Atelier"F"作品」の60件の記事

2017年6月25日 (日)

トウモロコシ?

週末にイベントで摘み取ったラベンダー。モリコロパーク内では”ラベンダー・スティック”作りも人気だったよう。帰宅後、せっかくだから作ろうと思ったんだけど、ラベンダー・バンドルって、なんか体操のこん棒とか、楽器のマラカスってイメージが強いから、そのアレンジで花カゴみたいなタイプを作ることに。

適当なリボンが見当たらず、先日買った麻紐を使用してみた。この麻紐、染ムラとかある”訳アリ品”でお値打ち価格。

Lvndstick

15本のラベンダーの茎を折ながら紐を交互に織り込んでいくんだけど、あれ、1週するごとに13本、11本、9本って、編む茎の本数が段々少なくなっていくような気がする・・・。

Lvndstick1

猫らが至近距離で私の作業を凝視し、時々借りたくない”手を貸して”くれる。

麻紐はリボンのような幅がないことを忘れてた!編む分量も多くなるし、カゴのようにテーパード状にならない(もう少し、蕾に近い所で折れば良かった)。猫らが本気で紐にジャレつき始めたから、もうここらで止め・・・。

Lvndstick2

食べ掛けのトウモロコシみたい・・・。香りは良いのでカーテンフックにぶら下げた。

はぁ。自分の不器用さをあらためて痛感する。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

猫様まつり2017(2)

先日開催の猫様まつりで連れて行った私の猫達。その作り方を、少しだけ紹介。

基本は、布に模様を刺繍していくんだけど、昨年と違うのは、模様の一部分に羊毛フェルトをのっけて刺繍し、猫毛のフワフワ感をプラス。

2017nekofes

岐阜にある糸屋さんでイイ感じの糸を見つけたので、ミュージカル「キャッツ」のワイルドなイメージで装飾してみた。もちろん取り外し可能だから、好みのリボンを結んでもらっても良し。

2017nekofeswasavvy1

でも、チャトラは可愛く、裏面と同じ生地でリボンにしてみた。

2017nekofeschatoras

撮影画質が悪くて(iPhoneの裏面カバーシール取り忘れたまま使ってた)わかりにくいけど、下のサバトラ風は綿(右)と麻(左)でもだいぶ違う。私の好みは麻なので、今後作るならば、麻布を選択するかな。

2017nekofestoras

本当は前後とも全面刺繍にしたら良いんだけど、指が疲労骨折しそうだから、後ろは布地のみ。シッポは、切りっぱなしの布と、モコモコ毛糸の三つ編みで。

2017nekofescatback1

2017nekofescatback2

販売にあたっては「手刺繍って書いた方が良いのでは?」と、アドバイスを頂いたが、「これって刺繍?」と気付いてくれる人達に出会えるのを楽しみにしたく、あえて作品説明はつけなかった。

模様一つ一つ手刺繍=同じ物は作れない=そして、一期一会。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2017年4月12日 (水)

猫様まつり2017(1)

今年は4月9日に開催だった猫様まつり。午後から雨も止み、ご来場者の皆様には感謝。

同じブースのonneaさん。「猫様まつりデビュー10周年」ということで、お値打ちなセット袋がお目見え。ゲットできた人はラッキー。

2017nekofesonnea

同じくdiolchさんは、いつもながら圧巻の数の猫達。「こんな猫、いないかしら?」とお客様と一緒に探すのも楽しい。

2017nekofesdiolch

いつもGWにラストスパートで作品を増やす私だが、今年は無理せず9匹を産む。

2017nekofescats

お嫁に行く猫達を入れられるよう、前夜、袋に猫を書いて準備~。表情のモデルは、作業を見守るワ・サヴィ。

2017nekofesbag

今回、手元に残ったのは、2匹のサビ猫のうち黒い方。私の「嫁に行くな」の念が強かったか?

2017nekofessavvysjpg

でもね、この子を見初めてくれた(と思う)、小さな女の子がいたのよ。私の猫達を見つけるなり、迷わず一直線に伸びた手は、この黒サビに。

「おかあさーん、これーっ」(と黒サビをじっと見ながら、母親を呼ぶ)

「えーー?それーー?」(色んな猫がいる中、なんでそれ?な反応の母親)

結局、黒サビを置いてお母さんに連れられ去っていった。

「お嬢さん、お目が高い!」と心でガッツポーズを取る私だった。

黒サビではないが、この子も「わかる人にはわかる・・・」というのが黒猫。

全身画像を取り忘れたが・・・、真っ黒ではなく、トラ模様を刺繍してある。

黒猫って、子猫の頃、うっすら縞模様が見える子が多い。大きくなるにつれ目立たなくなって真っ黒に見えるんだけど、かすかに縞模様が残っているような気がして。

2017nekofesblck  

この子を連れて行った方にも、この私のコダワリが伝わったならば嬉しい。

昨年に、この猫縫いぐるみの制作について触れようと思ったまま時が過ぎてしまったので、後日、記事にしてみようと思う。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

サビってる?

風邪引いて1週間。なかなか咳が止まらない・・・そして食欲も止まらない♪

職場でお裾分けいただいたお菓子。箱を開けると大量の白い包。商品説明はハングルで、唯一英語記載部分では、このお婆さんの功績しか見当たらない。賞味期限すらわからないが、韓国の学生さんが数日前にくれたとか。急いで食べよ~!

Hodkja

Hodkja1

韓国在住者にLINE(お仕事中、すみません!)。とっても有名なホドゥ(胡桃)菓子とのこと。白餡と胡桃が入った人形焼きといった感じ。美味しかった。きっと、学生さんも食べてもらいたくて買ってきたのかな。40個くらいのを3箱も持ってきてくれたらしい。

3月も後半に入った。

4月9日の猫様まつり(詳細★)に出品する猫作りも佳境に。ワ・サヴィの下宿する部屋は、私の工房と化している。まだ1つとして完成してないけど、こんな感じで猫産んでるよ。

Nekosamapre2017

ワ・サヴィの要らん手を借りながら、チクチクチク。。。不細工な子もおるよ~!

Sabicatf2017up

なかなかサビってるでしょ?

いかんがね、作っているうちに、お嫁に出したくなくなる・・・。

いろんな猫作品に出会える猫様まつり、お時間あったら是非とも!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ


| | コメント (6)

2017年1月25日 (水)

猫、はじめました2017

さぶい、さぶい・・・とばかり言っていたら、あっという間に春になってしまうがな。

春には、毎年恒例となった、猫様くらぶ主催の「猫様まつり」の猫アート市に参加させていただく予定。今年は4月9日(日)開催(詳細はこちらから)。

指を折って数えてみると、あと約2.5ヶ月弱じゃないの!

ということで、猫(作り)始めました。

Nekonui20171

昨年に8匹出産したのと同じ猫縫いぐるみ。

今年は、サイズこそ変わらないけど、少しだけバージョンアップ。

本当は、昨年に、縫いぐるみ作りについて、あれこれ書いてみようと思ってたけど、サヴィの突然の不調で、それどころではなかった。今年は余裕があれば、少し書いてみたい。

Nekonui20172

まだ全て未完成だから、ここからどうなったかは、実物を確認したい方は、ぜひとも猫様まつりへ!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (7)

2016年6月 9日 (木)

猫様まつり2016(2)

私の産んだ8匹を、どどーんとご披露。

Wasavvynekof2016

Hachiware2cf2016

Chatora2cf2016

Buchi2cf2016

Kijitoracf2016

Chatora1cf2016

Ameshocf2016_2

約20cmサイズの猫ぬいぐるみ。

一番手が掛ったのは、なんといっても、サビ猫よ。

Sabi2cf2016

Savicatf2016

時々サヴィにモデルになってもらいながら。難しいんだな、刺繍の加減が。でも、途中からミュージカル「Cats」の衣装デザイナーになった気分で作ってみた。

次回は、制作のあれこれについて書いてみようと思う。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (5)

2016年6月 6日 (月)

猫様まつり2016(1)

昨日の年1度の猫様まつりも盛況。開場の貸しビルはペルー大統領選挙の投票場にもなっており、ビル来訪者は「猫」か「大統領」かの2択状態(笑)。

まずは、毎年お越しくださるYKちゃん親子、そして遠方への帰りに寄ってくれたKちゃんのご来場に感謝。

diolchさん、onneaさんの品の隙間に、連れて行った9匹の猫を置かせていただいた。

Diolch2016Onnea2016Atelierf2016

お陰様で、全猫、新しい家族の元へ。「1匹では可哀想」と2匹連れ帰っていただいた方もおり、そのお気持ちにホッコリ。

後半、お腹の調子が悪くなり、半ば上の空。他の出展者さんの作品をもっとじっくり見たかったのに。

猫たちへのお土産は、マタタビづくし。帰宅してトイレへ直行した私が置いた荷物カバンから、さっそく咥え出したキッカー(いただきもの)は、半日でボロボロ。

Maatabi2016

緑の枝は、フレッシュなマタタビ。これ1本で猫二匹が「おかしなことに」なる!

そして、黄色いのは、マタタビの香りのエビ天(薄茶色のエビフライもあり)!

運営してくださった「猫様くらぶ」の皆さまに、また、色んな情報交換をしていただける他出店者の皆さまに、再度感謝。

また、備忘録で、連れて行った猫達の紹介をさせていただきたいと思ふ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2016年6月 3日 (金)

猫を求めて動く!

今週の日曜日(6月5日)、名古屋で猫好きさんが動く。

やはり猫好きさんが産んだ自慢の猫達が待っている場所へと。

私も、こんな猫を産んで・・・、猫? 猫~??

Doraemon

ドラえもんモドキじゃなく、ちゃんと猫に成っているからご心配なく!

2016nekofes3

つづきは、猫様まつりで!

(また、後日、作品紹介したく、お暇だったらこのブログも覗いてね)

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2016年5月18日 (水)

清々しい季節ではあるものの、日中の最高気温が夏日と言われるほど上がってきた。

保護当時のワビの名前は「夏」。4姉妹で保護され四季になぞらえ付けてもらい、サヴィの妹として迎えた時に、「和美(ワビ)」とさせてもらった。

夏ちゃん・・・だったからか、ワビはとっても寒がり・・・。

いまだに布団に潜りこんで人間に密着し、昼間は窓辺でお日様に救いを求めている。

Wabifine87

段々陽が高くなり、入り込む日差しが身体全体には届かなくなったね。

仕事と家事の合間は、猫様まつりの出品作にかかりっきり。

毎年思う・・もっと早くから始めれば良いのにと。でもね、ひとつ言い訳すると、

Savvyfine204

どんなに早く始めようとも、作品「助手」が可愛すぎて、作業が進まんのよ~。

「作品をもっとリアルな猫にするため、私が猫毛をつけてあげましょう」

裁縫材料は、丁寧に「コロコロ」しながら、今日も猫産んでます!

今年はAtelier ”F”の作品数は少ないけど、diolchさん、onneaさんと同じブースで参加。その他の猫作家さんの作品にも出会える「猫様まつり」、お時間あれば、ぜひ、お越しを。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2016年5月15日 (日)

ジャリジャリ、チクチク

最近のトレンドなのか知らないが、雑誌に「コーヒー風味のグラノーラ」というのが載っており、オサレなスーパーでは話題の商品としても陳列されていた。

とある製菓材店で「バイヤーのイチオシ!」というポップに推され、買ってみた「じゃり豆」。

Jarimame

コーヒー味の衣をまとったヒマワリの種。一粒5mm大くらい。口の中で、サクッ、カリっと、ヤバイくらいクセになる味と食感。思わずにぃさんをパシらせ、リピ買い。

ヒマワリの種、カボチャの種、アーモンドのチーズ味の衣バージョンもイケる。

と、口ん中をジャリジャリさせながら、日々、布に糸をチクチク、チクチク刺す。

2016nekofes1

2016nekofes2

6月5日の「猫様まつり」までに、8匹くらい・・・産めるかなぁ・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧