カテゴリー「ねぇさんの理科実験」の34件の記事

2018年11月 8日 (木)

リンゴ・リンゴ~♪

リンゴの本格的な季節がやってきた。

信州飯田の「りんごの里農産物直売所」で買った紅玉が、6個450円と安くて蜜のまわりが半端なくて・・・、これならもっと買ってこれば良かった。

Applejam1_2

ジャム作るために買ったけど、勿体ない!そのまま食べてもでもクゥゥって感じのツンデレの甘酸っぱいおいしさ!ちょっと焼くだけで甘くなる。

Kogyoku

40年くらい前から実家で使っていたクロックポット。嫁入り道具としてもらってきたけど、ここ15年くらい使ってなかったわ。ジャム作りで復活させる。

Apljam2

カルバドスの変わりにアップルワインを少し振り、砂糖はちょっとまぶす程度、シナモン多め、果肉はあまり潰さず紅玉の皮で着色。

ジャムというより、コンフィチュール。

バターがリッチなブリオッシュに・・・合わないはずがない。

Kogyokujam

にぃさんは美味しいと珍しく褒める。適当に作っても美味しいのは紅玉のお陰。

猿は褒められると登るかもしらんが、私は登らんよ。

素材が良いものは、何も加えずしても美味しい。

| | コメント (2)

2018年11月 7日 (水)

蕎麦粉でもんじゃ?

10月初旬、岐阜の恵那にある古民家カフェ(過去記事)へ行った帰りに、道の駅「おばあちゃん市 山岡」へ立ち寄る。

どんだけ道の駅好きなんだ、私。

Yamokasuisha

NHKの連ドラ(見てないので知らないが)の影響で、岩村への観光客が増え、ここの道の駅も混んでいた。小里川ダム横にある新しい道の駅。日本一大きな木製水車が目を引く。

Yamaokasuisha1

ダム建設で水没した地域も水車(陶石の砕石のため)があったことから、産業遺産のシンボルとして作られたとか。

中津川阿木地区の耕作放棄地で栽培された蕎麦の蕎麦粉(500gで540円)を買った。

Agisoba

蕎麦粉だけのガレットレシピを探し、蓼科のLes Cerisierさんのレシピを見つける。

レシピによると、6時間~6日寝かす=発酵させる、少し酸味が出て味も濃く・・・、うん?そんなに寝かせても良いんだ~と、ものぐさな私としては貴重な情報だ。

Galletfmnt

とりあえず1日寝かした生地を、鉄フライパンへ、薄く、大きく流す。

レシピに蕎麦粉だけの生地は家庭のフライパンで薄く焼くのは難しいと書いてある通り。真ん中あたりの生地がフライパンにくっつき破れる。

→ 無理やり引っ剥がす → ヘラにもくっついて余計破れる

Galemonja

→ 上にのっけてたリンゴジャムも相まって、「もんじゃ焼き?」と、にぃさん呟く

→ 皿にすくい入れ、オーブンで少し焼いて誤魔化す

→ もはや、何料理?

→ にぃさんに食わす=不味いとは言わせない

「テフロンだったら、くっつかない」と、フライパンのせいにしながらも、大きく延ばすのは諦め、小さく、できるだけ薄めに、香ばしく焼くことを目指す。

破れかぶれの果てに、マイクロサイズの朝食用のガレットあらためパンケーキ。

Sobapcake

味は良いのよ、こう見えても・・・。

ヘラについた生地をフライパンで焼き付け、焦げ目がついたのをつまみ食い。これって、やっぱり、もんじゃ・・・。

半ば忘れて5日放置した生地。フライパンの温度が低すぎたのも敗因だと思い、高温でざっと流し入れて伸ばして焼く。「学習」っていうのができないのか、もんじゃを繰り返す。

Sobamonja1

もうね、塩振ったり、蜂蜜かけたりして、フライパンからダイレクトに、箸で食べたわよ。

ちなみに5日寝かした生地、味が馴染んで美味しいので、時間おいても大丈夫。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

スモブロ+ブリューゲル

先日食べたスモーブロー。自分でも作ってみたくなる。

とりあえず、ドイツパン屋のプンパニッケルを調達。

プンパニッケルは好きだが、薄切りだとボロボロ崩れ、厚切りだと息が詰まり、結局残して途方に暮れるという三重苦がなかなか克服できずにいた。

トッピングは、

*人参サラダ/レンズ豆コンソメ煮(頂いた飴色玉葱入り、ミント少々、酢多目)/ローストビーフ(安いオージー:焦げ目付け→冷凍庫急冷)/林檎・カブ・クリームチーズと蜂蜜

Opensand

フォークとナイフで食べることを前提に、プンパニッケルを厚め目に切っても、ドレッシングやソースが適度に染み込み、程よい食感。ボロボロになっても、具材と混ぜて食べれば良し。

今度は、胡桃入りライ麦パンとバゲットで。

先日ブリューゲル展で観た花の作品からインスピレーションを得て、黒い皿をキャンバスに盛ってみる。でも、食べ物を美味しく見せるって、ほんと、ムズっ!

Platebrugel1

料理上手ではないし、段取り悪いから、これだけ作るのに、ゼーゼー、ハーハー。

甘い煮ビーツが余っていたので、同量のリンゴをすりおろし、レモン汁、酢、塩・胡椒、オイルでドレッシングにしたら、ビーツ特有の土臭さも和らぎ、ローストビーフにもよく合う。

胡桃入りのライ麦パンに、クリームチーズと蜂蜜をトッピングして、このビーツドレッシングをかけると、じわ~と染み込み、フレンチトーストのようになり、それもまた美味~!

これに飽きず、成城石井で売ってるメステマッハーのを(9枚切り)買ってみた。

Pumperm_2

プンパニッケルの滋味は、酸味と、デンプンがカラメル化した甘み、ライ麦の香りのバランスが大事。メステマッハーは、結構いけてる(=黒パンがダメな人には徹底的にダメ)。

Pumpasamon

スモーク・サーモンとクリームチーズに、酸っぱいザワークラウトをトッピングしてみた。酸味のあるパンだけど、トッピングの酸味がむしろ強い方が合うような気がする。

プンパニッケルの残りは冷凍庫に。また別のトッピング考えてみよーっと。

| | コメント (0)

2018年3月31日 (土)

タマネギ

有難いことに、タマネギをたくさん頂いた。思いつくのは飴色に炒めて冷凍保存だが。

Ognion1

炒めるのが面倒になってきて、超簡単オニオンペーストを作ってみた。

繊維に沿って切ったら、ヒタヒタの水でタマネギが、ちょい柔らかくなるまで煮る。

Ognion2

鍋からつまみ出してミキサーに移し、ペースト状になるまで回す。

Ognion3

何年かぶりに使うミキサー。動くか心配だったけど、いい仕事してくれたわ。

Ognion4

タマネギ8個で冷蔵庫ストック用に1瓶、冷凍用に保存袋2枚分。

さっそく、ジャガイモを蒸して、オニオンペーストと合わたポタージュと、和風のドレッシングにしてみた。優しい甘みで美味しい。味噌汁に入れても良いね。これは、すぐ消費してしまいそう。

タマネギは、よく、血液をサラサラにする・・・と人間には良い食べ物と言われるが、猫達には、その成分が中毒(血中のヘモグロビンを変化させて、体内に酸素が送られない)を起こすらしい。

Savvyfine220

サヴィ、50ccの瀉血をしても、3週間後には再び多血の数値・・・。数日前も40cc弱抜いてもらった。タマネギでサラサラ~なんてことは絶対ないとしても、瀉血以外の方法で数値が下がってくれないかな~。

| | コメント (2)

2018年3月21日 (水)

飽きずに作る

このところ、朝食や昼食用にと作るものの備忘録。

ケークサレ・・・”chefNiNi”さん(過去記事★)の油分少な目のレシピを参考に、入れる具材が「多すぎないか?」くらいの量が自分好みになることが段々わかってきた。

(卵2個、小麦粉120g、油15cc、牛乳70cc、ベーキングパウダー小匙1を基本に)

Cakesalemimo

(ちじみ法蓮草+ベーコン+パプリカ+玉葱+ミモレット)

Cakesalebrcri

(ブロッコリー+シーチキン+コーン+パプリカ+玉葱)

コーンを入れると食感も変わって良い。具材に芳醇なミモレットや、生地に粒マスタードを入れたりするのも、なかなかイケるわ。

甘みのあるキャロットケーキは高石さんのレシピ(ダヴィンチニュース)を基本に、食事感出るように、油、牛乳、粉の量を変え、砂糖は半減(フルーツのシロップ漬けで甘みをカバー)することが定着。

Carrotcake1

Carrotcake2Carrotcake3

(卵L1個、粉100g、砂糖25g、太白胡麻油45g、牛乳45cc、人参約100g+BP小さじ1/2、重層小さじ1/4+スパイス、うめはらのフルーツミックス、胡桃多目に適宜)

「糖質制限」という世のトレンドのせいか、小麦粉の消費が多少気になる。

掘り出し物を探しに行くスーパーで、待っていたかのようにあった、値下げ処分の大豆粉と米粉を購入。大豆の特有の臭いの少ないタイプらしいけど、やっぱ、きな粉感が出るね。

Komeko

バナナとズッキーニがあったので、ケークサレの基本分量を参考にバナナズッキーニ・ブレッドを。

ZukknbnnZkknbnncake

(卵M2個、小麦粉110g、米粉25g、大豆粉15g、ハチミツ15g、太白胡麻油20cc、ヨーグルト60cc、バナナ(中)2本、ズッキーニ90g、スパイス・胡桃適宜、うめはらのミックスフルーツ70g、BP小さじ1、重曹小さじ1/4)

ちょっとしっとりし過ぎか。バナナとズッキーニの水分考えれば、バナナは1本にすれば良かったかも。

バターは使わず、太白胡麻油を使っているが、Mme.Figaro.jpの記事を読んだところ、ズッキーニ150gはバター100gの代用になるのだとか。うーむ、そうなると、自分で配合見つけるには、まだまだ・・・。いや、その前に、一旦飽きるね・・・。

でも、やっぱり、バターの風味があるケーキは美味しいよね~。

| | コメント (4)

2016年4月 9日 (土)

理科実験29 猫用シャンプー

2月初旬、ここ数年通っていたヘアーサロン(大型スーパーのテナント)に、「今月いっぱいで撤退することになりました」と告げられた。

(´;ω;`)ウウ・・・。カットの注文しやすかったのに・・・。

カットの店はまだ開拓中だが、染髪は自宅でヘナを始めた。

シャンプーもナチュラル系にしてみようかと自然派を扱う店で見つけたシャンプー。モノグサな私には「リンスが、いらない。」は殺し文句。

Teatree

”ヤシ油と酢の洗浄成分をベースに、ティートリーの香りを生かし・・・”と、石けんのような安全性らしい。ティーツリーは、爽やかでスパイシーな香り。頭皮の脂を取り過ぎず、という感じ。

ただ2300円(税抜き)/260ml・・・コスパを検証中。

家の棚から、猫お嬢達に買った使い掛けのSolid Gold社ホホバシャンプー/コンディショナーを発掘。シャンプー1本(約500ml)3000円近くする。天然ハーブオイル配合でもちろんシリコン、石油系ではない。

Solidgold

動物用って、盲点?ちょっと、試してみる? 内なるジキルとハイドが呟く。

猫たちにシャンプーを激しく拒否られて以来7年も放置したし、さすがにヤバくない?

Solidgold1

7年前は液体に近いジェル状だったと思うが、スライムみたいな塊り。

でも、ハーブの良い香り健在。とりあえず泡立ててみた。いける??

Solidgold2

顔・頭を避け、泡をパシャパシャ。バスローション代りにコンディショナーも。バニラみたいな、めっちゃ甘い香りが1日中続く、ってか、使ったんかい!?

ハイ・・ (=´Д`=)ゞ 

敏感肌でなくとも蕁麻疹が出る私の挑戦、特に何も起こらず。

でも、やっぱ、古い液体を使い続ける勇気はないから、残りは処分。

馬(馬油ではなく)、犬、猫用シャンプーで洗髪して、意外と良いという人もいるよう。

動物用、試してみる価値ありか??

ところで、我が家のお嬢達は・・・。

激しく嫌がるシャンプー。今はお湯で濡らして緩めに絞った布で身体を拭くのみ。

*猫と天然精油の毒性について、猫獣医師さんのブログ「nekopedia"」に記述がある。間違っても柑橘系、ティーツリーなど猫にはよろしくないようだ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

理科実験28 1ポットは何グラム?

懲りずに繰り返される理科実験 (=´Д`=)ゞ。

毎朝質素な朝食に少しでも彩りをと、ケーク・サレ(甘くないお惣菜ケーキ)を異なるレシピで2種類作ってみた。

(1)ヘルシーにオイル少な目、チーズ入れずの、クックパッドのこちらのレシピ★で。 フィリングは、ベーコン、紫玉葱、パプリカ、カボチャ、ブロッコリー。

Cakesale

火は通っているが焼き色が付いてな~い。生地よりフィリングの分量が多かった?

Cakesale1

しっとり感は重過ぎず、食べやすいのだけど、もうちょっと、生地に軽さがあっても良いかな。もっちりは野菜の水分のせいかなぁ・・・?

Savvyfine98

サヴィのマズル(鼻の「ω」の部分)の色くらい焼き色を付けたかったんだけど。

(2)"chefNini"さんのルセット★
(仏語を解さなくても、オサレ~で美味しそうな料理の写真だけでも楽しめるよ)。

ヨーグルト入りで「より軽く、ふんわり柔らか」とある。ケークではなく、ガトー(フランス語で”菓子”の意)となっているのも気になる~。

生地の基本材料は、「ヨーグルト容器1個分」を基準にしているのが面白い。

* ヨーグルト1ポット(125g)
* 卵3つ
* 小麦粉T45(日本で言う薄力粉) 3ポット(約195g)
* ベーキングパウダー 1袋(11gかな・・・)
*  プロヴァンス料理系ドライハーブミックス  コーヒースプーン1匙
* 塩、コショウ
* オリーブオイル 1/2ポット(62.5cc)

材料は列記してある順に混ぜていく。混ぜたらフィリングを加え、型に流し180℃で45分焼く(レシピではミニケーキ型に入れてるので、25分となっていると思う)。

★フランスのヨーグルト1ポットは125g(=125cc)が一般的らしい。だけど、薄力粉1ポット=125gではないから要注意。計量カップで125cc分×3とすると良いが、私のスケールだと、125cc=65gになる。
★1 sachet de levure chimique は、ベーキングパウダー1袋のこと。一袋って言われてもと、仏のメーカーのものを調べてみると11g(500gの粉用)とある・・・。ふむ・・・。

Cakesale3

フィリングは、フェタ(ヤギミルクのチーズ)、七面鳥のハムとあるところ、ここはベーコン、熟成ゴーダチーズ、カボチャ、ブロッコリー、カシューナッツに代えてみた。

Cakesale4

食べてみると、野菜の分のもっちり感はあるけど、(1)のレシピよりも全然ふんわり柔らかい! チーズも味が引き締まるから、やっぱり適度に入れるべきね。

次回は、オリーブオイルをもう少し減らして、違うフィリングで作ってみようかな。でも、連日ケーク・サレは、さすがに飽きる。

専属被験者のにぃさんからクレームが来ない程度に、理科実験は続くのである。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (3)

2014年9月17日 (水)

理科実験27 しっとり、ふっかり

お野菜が高かった夏。少しずつ値段が落ち着いてきたようにも思えるが、それでも例年より高い・・・。

安い時に買うカボチャ。でも油断して綿のところからダメにすることが多かった(懺悔)。 使い途に合わせて「切ってそのまま冷凍保存」を実行するようにしてからは、食べられるうちに消費できるようになった。

Pumpkn

最近、にぎり酒(玄米酒粕)からの酵母パン元種が順調に継ぎ足しで出来るため、週1,2回のパン作りが続いている。でも、なかなか手作りパンで日を置いてもフカフカなタイプを作るのは難しい。

そこで、以前、サツマイモのちぎりパンがフカフカだったのを思い出し、今一度作ってみた。

(分量備忘録)

酵母元種100g/強力粉150g/薄力粉50g/ヨーグルト(ホエー少々含む)10g/水110cc~(?)/蒸してマッシュしたサツマイモ65g/砂糖15g/塩2.5g/バター15g/胡桃、オレンジピール、キャラメルチップ適量

水の量は、毎回計り忘れるんだけど、生地の手ごたえで足したりするから・・・。手捏ねでベチャベチャにならない程度・・・。

Spbread

パウンドケーキの型に入れたのと、ミニカップに入れて丸くしたもの。パウンド型の方は窯伸びがメッチャ良い。カップの方はフィリングを一杯つめて丸めたから(?)、さほど膨らまず。

Spbread1

わーーい!フッカフカ、でも、しっとり~。冷蔵庫で保存して3日目でもフワ・しと感は変わらず。卵を入れずに食パンのような触感が生まれるのは、サツマイモとヨーグルトのお陰?

次回も同じ分量で上手に出来るか分からない・・・というのが素人。

(以下追記: カボチャで多少分量を変えて作ってみた)
分量
酵母で起こした元種90g・ヨーグルト50g・水70g・強力粉150g+小麦粉50g
バター15g・塩小さじ1/2、砂糖大匙1、シナモン、くるみ、キャラメルチップ(使う前に少し霧吹き水で湿らせておく)、オレンジピール適宜

Pmpknbread_2

手で捏ねるにはちょっと水分多目でやりにくいから、しゃもじで生地をニューっと持ち上げ、すり捏ねを繰り返した。

Pmplmbread2

膨らむか心配だったけど、フッカフカのしっとりさん。ヘルシーカボチャ色。


Wabifine73

「そのパンは、私の柔肌とフカフカの被毛に匹敵するのかしら?」 by ワビ。 

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2014年8月28日 (木)

理科実験26 ピタパンッ!

今日、安売りのスーパーの青果売り場で心が折れそうになった。「きゅうり1本95円」って。あ、あり得ない。

今年は野菜が高いけど、お値打ち品(=名古屋弁らしいけど、お買い得の意味がある)の野菜を探して、たっぷりと摂りたい。

ナス、ズッキーニ、パプリカが安い時には迷わず作るラタトゥイユ(もどき)。
ひき肉、玉葱のみじん切りを炒め、トマトピュレ、コンソメと一緒に煮込む。
その上に、野菜を並べ、クレイジーソルトをたっぷり振って蒸し焼きにする。

手抜きっぷりがすごいけど、結構いけます。たっぷり作っておくと使いまわしができて良いね~。

Ratatouille1

この夏は、なぜかピタパンにはまっている私。いえ、ピタッとしたパンツにはまってるんじゃなくて、中東の国々でよく食べられるパン。

Pitapan

ピタパンは、生地を高温で一気に焼いて膨らませ、中を空洞にさせる(レシピはもちろん、膨らませるコツとか、クックパッドとかでたくさん紹介されている)。私は、以前記事に書いた★玄米酒粕酵母「にぎり酒」で元種を作って生地にしている。イーストを入れず発酵無しのレシピもあるみたいね。

Pitapan3

焼いたものを袋に入れてしっとり冷まし、半分に切って、開いた空間に具を詰めるだけ。ラタトゥイユとか、レンズ豆のサラダとか、塩サバ焼いて野菜と一緒に詰め込んだり、鶏肉の味噌焼きも美味しいよ。

うまく膨らまなかったら、そのままピザ生地に応用できるから、気軽に作ることができる。(クリームチーズとハチミツのせて焼いたピザは、ちょっとしたオヤツにもなって美味い。)

たくさん作って、冷蔵・冷凍保存もできるから、小腹が空いた時に良いね~。

と、こんな感じで、私は食欲がもどってきたのだ~!

| | コメント (7)

2014年3月22日 (土)

理科実験25 イカ墨ボトル

前の記事は、「黒い」お菓子。ここはまた黒繋がりで・・・。

近所に何軒かあるイタリアンの店の一つに、シンプルながらとっても美味しい発芽玄米のイカ墨ピラフを出すところがある。何度か食べに行っているうちに、家でもイカ墨ピラフを作ってみたくなった(しかもお店とは真逆に、限りなく手抜きで・・・)。

オサレなボトルの形だけに魅かれて買ったイカ墨ペースト。網にかかったイカを思わせる洒落っ気。1本で2人前のイカ墨パスタができるらしい。

Ikasumi

このイカ墨ペースト1本を基準に炊飯器で作ってみる。

(軽く4人前)

  • ”炊飯器で炊ける”発芽玄米1合と白米1合を洗わずに水で少々すすぐ。
  • 白米2合分の水(うち白ワイン少々)にイカ墨ペースト1本を溶き入れる。
  • 細かく切った人参1本、玉葱1個、ベーコン数枚と、中くらいのエビ数尾のぶつ切り(もちろんイカの身も良いが、私はエビの方が好き)をそのまま投入。
  • そしてコンソメキューブ1個を砕き、塩少々を加え入れる(イカ墨やエビ、ベーコンに塩気があるので、お好みで加減)。
  • バターを少々散らし、炊飯器のスイッチ、ポン!

(φ(・ω・ )メモメモ: リゾットで米の芯を残すように、炊飯器で炊く発芽玄米の、プチっとした歯応えが残るのが良い。)

Ikasumip

あはは!色薄っ!このイカ墨ボトル、味の癖がない分、米2合では、ちょっと物足りないかも。次回は米の総量は1.5合にしてみよう。

エビ以外の具を予めニンニクなどと炒めたり、アンチョビだとか入れると、さらにコクが出るのだろうが、この手抜きピラフ、あっさり目で十分美味しい。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧