カテゴリー「ねぇさんの理科実験」の29件の記事

2016年4月 9日 (土)

理科実験29 猫用シャンプー

2月初旬、ここ数年通っていたヘアーサロン(大型スーパーのテナント)に、「今月いっぱいで撤退することになりました」と告げられた。

(´;ω;`)ウウ・・・。カットの注文しやすかったのに・・・。

カットの店はまだ開拓中だが、染髪は自宅でヘナを始めた。

シャンプーもナチュラル系にしてみようかと自然派を扱う店で見つけたシャンプー。モノグサな私には「リンスが、いらない。」は殺し文句。

Teatree

”ヤシ油と酢の洗浄成分をベースに、ティートリーの香りを生かし・・・”と、石けんのような安全性らしい。ティーツリーは、爽やかでスパイシーな香り。頭皮の脂を取り過ぎず、という感じ。

ただ2300円(税抜き)/260ml・・・コスパを検証中。

家の棚から、猫お嬢達に買った使い掛けのSolid Gold社ホホバシャンプー/コンディショナーを発掘。シャンプー1本(約500ml)3000円近くする。天然ハーブオイル配合でもちろんシリコン、石油系ではない。

Solidgold

動物用って、盲点?ちょっと、試してみる? 内なるジキルとハイドが呟く。

猫たちにシャンプーを激しく拒否られて以来7年も放置したし、さすがにヤバくない?

Solidgold1

7年前は液体に近いジェル状だったと思うが、スライムみたいな塊り。

でも、ハーブの良い香り健在。とりあえず泡立ててみた。いける??

Solidgold2

顔・頭を避け、泡をパシャパシャ。バスローション代りにコンディショナーも。バニラみたいな、めっちゃ甘い香りが1日中続く、ってか、使ったんかい!?

ハイ・・ (=´Д`=)ゞ 

敏感肌でなくとも蕁麻疹が出る私の挑戦、特に何も起こらず。

でも、やっぱ、古い液体を使い続ける勇気はないから、残りは処分。

馬(馬油ではなく)、犬、猫用シャンプーで洗髪して、意外と良いという人もいるよう。

動物用、試してみる価値ありか??

ところで、我が家のお嬢達は・・・。

激しく嫌がるシャンプー。今はお湯で濡らして緩めに絞った布で身体を拭くのみ。

*猫と天然精油の毒性について、猫獣医師さんのブログ「nekopedia"」に記述がある。間違っても柑橘系、ティーツリーなど猫にはよろしくないようだ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

理科実験28 1ポットは何グラム?

懲りずに繰り返される理科実験 (=´Д`=)ゞ。

毎朝質素な朝食に少しでも彩りをと、ケーク・サレ(甘くないお惣菜ケーキ)を異なるレシピで2種類作ってみた。

(1)ヘルシーにオイル少な目、チーズ入れずの、クックパッドのこちらのレシピ★で。 フィリングは、ベーコン、紫玉葱、パプリカ、カボチャ、ブロッコリー。

Cakesale

火は通っているが焼き色が付いてな~い。生地よりフィリングの分量が多かった?

Cakesale1

しっとり感は重過ぎず、食べやすいのだけど、もうちょっと、生地に軽さがあっても良いかな。もっちりは野菜の水分のせいかなぁ・・・?

Savvyfine98

サヴィのマズル(鼻の「ω」の部分)の色くらい焼き色を付けたかったんだけど。

(2)"chefNini"さんのルセット★
(仏語を解さなくても、オサレ~で美味しそうな料理の写真だけでも楽しめるよ)。

ヨーグルト入りで「より軽く、ふんわり柔らか」とある。ケークではなく、ガトー(フランス語で”菓子”の意)となっているのも気になる~。

生地の基本材料は、「ヨーグルト容器1個分」を基準にしているのが面白い。

* ヨーグルト1ポット(125g)
* 卵3つ
* 小麦粉T45(日本で言う薄力粉) 3ポット(約195g)
* ベーキングパウダー 1袋(11gかな・・・)
*  プロヴァンス料理系ドライハーブミックス  コーヒースプーン1匙
* 塩、コショウ
* オリーブオイル 1/2ポット(62.5cc)

材料は列記してある順に混ぜていく。混ぜたらフィリングを加え、型に流し180℃で45分焼く(レシピではミニケーキ型に入れてるので、25分となっていると思う)。

★フランスのヨーグルト1ポットは125g(=125cc)が一般的らしい。だけど、薄力粉1ポット=125gではないから要注意。計量カップで125cc分×3とすると良いが、私のスケールだと、125cc=65gになる。
★1 sachet de levure chimique は、ベーキングパウダー1袋のこと。一袋って言われてもと、仏のメーカーのものを調べてみると11g(500gの粉用)とある・・・。ふむ・・・。

Cakesale3

フィリングは、フェタ(ヤギミルクのチーズ)、七面鳥のハムとあるところ、ここはベーコン、熟成ゴーダチーズ、カボチャ、ブロッコリー、カシューナッツに代えてみた。

Cakesale4

食べてみると、野菜の分のもっちり感はあるけど、(1)のレシピよりも全然ふんわり柔らかい! チーズも味が引き締まるから、やっぱり適度に入れるべきね。

次回は、オリーブオイルをもう少し減らして、違うフィリングで作ってみようかな。でも、連日ケーク・サレは、さすがに飽きる。

専属被験者のにぃさんからクレームが来ない程度に、理科実験は続くのである。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (3)

2014年9月17日 (水)

理科実験27 しっとり、ふっかり

お野菜が高かった夏。少しずつ値段が落ち着いてきたようにも思えるが、それでも例年より高い・・・。

安い時に買うカボチャ。でも油断して綿のところからダメにすることが多かった(懺悔)。 使い途に合わせて「切ってそのまま冷凍保存」を実行するようにしてからは、食べられるうちに消費できるようになった。

Pumpkn

最近、にぎり酒(玄米酒粕)からの酵母パン元種が順調に継ぎ足しで出来るため、週1,2回のパン作りが続いている。でも、なかなか手作りパンで日を置いてもフカフカなタイプを作るのは難しい。

そこで、以前、サツマイモのちぎりパンがフカフカだったのを思い出し、今一度作ってみた。

(分量備忘録)

酵母元種100g/強力粉150g/薄力粉50g/ヨーグルト(ホエー少々含む)10g/水110cc~(?)/蒸してマッシュしたサツマイモ65g/砂糖15g/塩2.5g/バター15g/胡桃、オレンジピール、キャラメルチップ適量

水の量は、毎回計り忘れるんだけど、生地の手ごたえで足したりするから・・・。手捏ねでベチャベチャにならない程度・・・。

Spbread

パウンドケーキの型に入れたのと、ミニカップに入れて丸くしたもの。パウンド型の方は窯伸びがメッチャ良い。カップの方はフィリングを一杯つめて丸めたから(?)、さほど膨らまず。

Spbread1

わーーい!フッカフカ、でも、しっとり~。冷蔵庫で保存して3日目でもフワ・しと感は変わらず。卵を入れずに食パンのような触感が生まれるのは、サツマイモとヨーグルトのお陰?

次回も同じ分量で上手に出来るか分からない・・・というのが素人。

(以下追記: カボチャで多少分量を変えて作ってみた)
分量
酵母で起こした元種90g・ヨーグルト50g・水70g・強力粉150g+小麦粉50g
バター15g・塩小さじ1/2、砂糖大匙1、シナモン、くるみ、キャラメルチップ(使う前に少し霧吹き水で湿らせておく)、オレンジピール適宜

Pmpknbread_2

手で捏ねるにはちょっと水分多目でやりにくいから、しゃもじで生地をニューっと持ち上げ、すり捏ねを繰り返した。

Pmplmbread2

膨らむか心配だったけど、フッカフカのしっとりさん。ヘルシーカボチャ色。


Wabifine73

「そのパンは、私の柔肌とフカフカの被毛に匹敵するのかしら?」 by ワビ。 

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2014年8月28日 (木)

理科実験26 ピタパンッ!

今日、安売りのスーパーの青果売り場で心が折れそうになった。「きゅうり1本95円」って。あ、あり得ない。

今年は野菜が高いけど、お値打ち品(=名古屋弁らしいけど、お買い得の意味がある)の野菜を探して、たっぷりと摂りたい。

ナス、ズッキーニ、パプリカが安い時には迷わず作るラタトゥイユ(もどき)。
ひき肉、玉葱のみじん切りを炒め、トマトピュレ、コンソメと一緒に煮込む。
その上に、野菜を並べ、クレイジーソルトをたっぷり振って蒸し焼きにする。

手抜きっぷりがすごいけど、結構いけます。たっぷり作っておくと使いまわしができて良いね~。

Ratatouille1

この夏は、なぜかピタパンにはまっている私。いえ、ピタッとしたパンツにはまってるんじゃなくて、中東の国々でよく食べられるパン。

Pitapan

ピタパンは、生地を高温で一気に焼いて膨らませ、中を空洞にさせる(レシピはもちろん、膨らませるコツとか、クックパッドとかでたくさん紹介されている)。私は、以前記事に書いた★玄米酒粕酵母「にぎり酒」で元種を作って生地にしている。イーストを入れず発酵無しのレシピもあるみたいね。

Pitapan3

焼いたものを袋に入れてしっとり冷まし、半分に切って、開いた空間に具を詰めるだけ。ラタトゥイユとか、レンズ豆のサラダとか、塩サバ焼いて野菜と一緒に詰め込んだり、鶏肉の味噌焼きも美味しいよ。

うまく膨らまなかったら、そのままピザ生地に応用できるから、気軽に作ることができる。(クリームチーズとハチミツのせて焼いたピザは、ちょっとしたオヤツにもなって美味い。)

たくさん作って、冷蔵・冷凍保存もできるから、小腹が空いた時に良いね~。

と、こんな感じで、私は食欲がもどってきたのだ~!

| | コメント (7)

2014年3月22日 (土)

理科実験25 イカ墨ボトル

前の記事は、「黒い」お菓子。ここはまた黒繋がりで・・・。

近所に何軒かあるイタリアンの店の一つに、シンプルながらとっても美味しい発芽玄米のイカ墨ピラフを出すところがある。何度か食べに行っているうちに、家でもイカ墨ピラフを作ってみたくなった(しかもお店とは真逆に、限りなく手抜きで・・・)。

オサレなボトルの形だけに魅かれて買ったイカ墨ペースト。網にかかったイカを思わせる洒落っ気。1本で2人前のイカ墨パスタができるらしい。

Ikasumi

このイカ墨ペースト1本を基準に炊飯器で作ってみる。

(軽く4人前)

  • ”炊飯器で炊ける”発芽玄米1合と白米1合を洗わずに水で少々すすぐ。
  • 白米2合分の水(うち白ワイン少々)にイカ墨ペースト1本を溶き入れる。
  • 細かく切った人参1本、玉葱1個、ベーコン数枚と、中くらいのエビ数尾のぶつ切り(もちろんイカの身も良いが、私はエビの方が好き)をそのまま投入。
  • そしてコンソメキューブ1個を砕き、塩少々を加え入れる(イカ墨やエビ、ベーコンに塩気があるので、お好みで加減)。
  • バターを少々散らし、炊飯器のスイッチ、ポン!

(φ(・ω・ )メモメモ: リゾットで米の芯を残すように、炊飯器で炊く発芽玄米の、プチっとした歯応えが残るのが良い。)

Ikasumip

あはは!色薄っ!このイカ墨ボトル、味の癖がない分、米2合では、ちょっと物足りないかも。次回は米の総量は1.5合にしてみよう。

エビ以外の具を予めニンニクなどと炒めたり、アンチョビだとか入れると、さらにコクが出るのだろうが、この手抜きピラフ、あっさり目で十分美味しい。

| | コメント (5)

2012年12月 9日 (日)

ねぇさんの理科実験24 にぎり酒再び。

おお寒い・・・、夜になって雪がチラチラ降っている。昼間は日差しが差し込んで、猫達のお昼寝には丁度良かったのにね。

Wasavvy32

寒い時は、美味しいことを思い出そう!
玄米酵母の「にぎり酒」。Cさんに頂いてハマり、近所のナチュラルフード系スーパーで入手可能なため、あれからいろいろ作ってみた。

Nigirizakechapati

【チャパティ。無印タイカレーと合わせみた。エンドレスで食べられる(危険)】

Nigirizakesweetpotetopan

【サツマイモちぎりパン。サツマイモのパワーも加わり、驚きのフカフカ】

ちなみに、サツマイモパンは、鬼まんじゅうを作りたくなるも、「蒸す」という作業が急に面倒に思え、別物になったのだ。
(鬼まんじゅう:昨今では、名古屋名物として紹介されているようだが、サツマイモの角切りが入った、昔ながらの蒸しパンみたいなもの。)

サツマイモちぎりパン分量は:
元種(米の代わりに全粒粉で)100g、マッシュしたサツマイモ100g、強力粉180g、
全粒粉20g、牛乳約 100cc(加減あり)、塩小さじ1/2、砂糖 10g、マーガリン10g、
アーモンドチップ、オレンジピール、シナモンパウダー適量。
目分量を数値化したので、これで作れるかどうかは、あなた次第(←無責任!)。

にぎり酒を使ったレシピは、にぎり酒販売元の寺田屋さんも紹介している。
クラッカーのレシピに、「粉の2割のにぎり酒」とある。欲張って3割にしてみたら、案の定、玄米粒が「ぼそぼそ」して生地がまとまらない。しかし、クラッカーは生地を「練ってはいけない」ので、水と油を微妙に足して、なんとかまとめてラップに包み、上からも握り締め、冷蔵庫で30分以上休ませてみた。
ラップの上から生地の端っこを圧縮成形しながら1cm弱厚に伸ばし、細く切る。
断面はボソボソ、生地がかろうじて繋がっている感じ。以前に普通の酒粕で作った、猫選抜のように型抜きは出来ない感じだ。これで大丈夫かと半信半疑で焼いてみたが、焼き上がりは問題なく素晴らしく軽い歯ざわり!

Nigirizakecracker

【クラッカー。以前作った酒粕のより断然美味い。クレイジーソルト入り】

ちなみに油はオリーブ油を。塩をクレイジーソルトにしたので、酒粕のチーズ風味とよく合うのだぁ~!
にぎり酒の発酵パワーが落ちて、パンの元種作りが難しくなったら、このクラッカーはオススメである。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

理科実験23 残り90個の使いみちは・・・

久々に来客があったので、レモンパイを焼いてみた。我が家には手頃な大きさのパイ皿がなかったが、近所の店で、小振りの容器(紙にPETフィルムが貼ってある)を見つけ使用してみた。パイを切り分ける必要もなく、簡単に開けられるので型から外すのも楽。プレゼントには、そのままカップごと差し上げられるのも良い。

Espoircup

私はお菓子作りド素人。レシピは、どなたかに、「レモンカードの材料配分量をちょっと変えて、パイシートに流して焼けば出来るのよ!」と聞いてメモしておいたもの。(以前作ったものの記事

(レシピ 直径6.3cm・2.5cm高のカップ型10個分)
*レモン果汁45cc
*卵M2個(室温に)
*バター50g(室温で柔らかく)
*砂糖 120g(ちょっと少なくしてみた)
*パイシート(市販の発酵バターが入った4枚入りのやつ2.5枚分)
*1晩つけた砂糖に漬けたレモン輪切り適宜

手順は、
(1)卵を割りほぐし、砂糖とよく混ぜる。
(2)柔らかくなったバターを(1)とよく混ぜ、パイシートを伸ばして入れた型の7分目まで流し入れる。
バターは混ぜた時にダマになっていてもOK。ただし複数個の型で作る時は、フィリングのバターの分量が均等になるように気をつける。
(3)砂糖漬けレモンを上に乗せ180度のオーブンで約40~50分、こんがりと焼く。

Lemonpies

私はメレンゲが乗っかったやつや、コンスターチとか入れるタイプより、一部がキャラメルになるまでしっかり焼いたこのタイプが好き。市販のパイシートでも十分美味しい。
10個焼いて半部は冷凍庫にポン。3日後、にぃさんが「冷凍庫から出してそのままでも美味しいよ」と言うので食べてみた。確かに、ガチゴチに凍るわけじゃないからイケる。冬は温めて、夏は凍らして出しても良い?

ちなみに、この紙容器、ラミネートされたPETフィルムの融点は264℃らしい。レシピの180℃/50分で、油分の多いパイとなると、オーブンの熱の伝わりが不均等なこともあり、ラミネートが浮き剥離する容器がある。よく調べると「200度で20分まで」は問題ないとあるので、油分が多い材料や高温で長時間の料理には使用しない方が良いのかな(ちなみに「仮に樹脂が溶解しても人体に影響がない」とされている)。

あと90個・・・何に使おう?

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

理科実験22、にぎり酒 (・∀・)b

(今日の記事は、自家製酵母パンに挑戦していたIさんへの追悼の意もを込めて。)

先日、久しぶりにお会いしたCさんと自家製酵の話で盛り上がると、後日、寺田本家の「にぎり酒(発芽玄米酒粕)」を送ってくださった(ありがとうございました!)。名前だけは知っていたが、通販でしか手に入らないものだろうと買わずにいたものだ。スーパーで手に入る白い「板酒粕」を想像し、この玄米粒を見るとかなり面食らう(笑)。

Nigirizake Nigirizakef

さっそく封を切り、一粒噛んでみると、甘くて優しい香り!炊いた米がなかったので、全粒粉と水とにぎり酒を混ぜてパンの元種をつくることにした。もう、混ぜた時からプチプチプチ~と元気な音♪。気温が30度を下回る室内なので、冷蔵庫に入れず、30分もすると・・・プクプクプク♪

1日発酵させ、冷蔵庫で1日休め、週末にパン作りをしてみた。強力粉(+全粒粉)の分量と水、塩、砂糖、バターの目安はレシピがあるも、面倒くさがりの私は、参考程度で大雑把に計って捏ね始める。ナッツ類を入れ捏ね終え、1次発酵で1.5倍。オレンジピールを入れて成型し、2次発酵1.5倍で焼く。

Nigirizakepain

焼き上がりはかなりいい感じ。で、焼きたてが美味しいのは想像がつくので、ぐっとこらえて翌日の朝に食べてみた。
おぉぉぉぉ~、1日たったのに、フッワフワ!今まで作ったパンは、焼きたては美味しいものの、時間を置いた時の味や食感が課題だった。今回のは自分でも客観的に美味しいと思える! 玄米の味がナッツに合う! 焼いたパンは冷蔵庫に入れ、2日間で食べたが、風味が落ちない! 噛むほどに甘くて美味しい。

おそるべし、にぎり酒!

先日、ビオだとかにこだわる近所のナチュラルフード・ストアへ行ってみた。お酒コーナーで寺田本家の玄米酒「むすひ」が置いてあるのを見て、もしや、と思い味噌、豆腐などのコーナーへ行ってみると、「にぎり酒」が置いてあるではないか!
初めての自家製酵母でパンを作る人にも失敗知らず・・・というだけあって、あれだけレシピ無視、いい加減な発酵、成型で出来たのだから、これは使える。

今まで板酒粕でパンの元種を2度ほど作ろうとして失敗したが、酵母の熟成が進みすぎてダメだったのか。にぎり酒も新しいものでないと酵母が自己消化していきパン作りには向かないとある(確かに、後日パン作りに使ってみたが、発酵力は落ちてくる)。
Cさんに、この他いろいろレシピをいただいたので、残りのにぎり酒は他のもので試してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

ねぇさんの理科実験21 ミューズリー・ブロック

近所の洒落たカフェで食べたシリアル・ブロックがとても美味しかった。それで自分でも作ってみたくなり「カントリーファーム」のフルーツナッツ・ミューズリー(原産国:ドイツ)というのを買ってみたのだが、どうもそれだけでは「鳥のエサ」感が拭えない。そのため、クルミとカシューナッツを加えてみた。

Musely

ミューズリーとナッツ類を軽く炒っておいて、バターとマシュマロを溶かしたものに混ぜ、バットに広げ、オレンジピールをトッピングして冷ます。バターとマシュマロの代わりに、溶かしたチョコレートを混ぜてもOK(分量はかなり適当)。

このまま綺麗に切り分けて、ミューズリー・バーにしても良いが、適当な大きさに割ってジップロックに入れ、冷凍庫へ!小腹が空いた時に、ついつい手が出る。結構多めに作っても、すぐに無くなってしまう。好きなナッツやドライフルーツを入れて、自分好みのミューズリー・ブロックを、一度お試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

ねぇさんの理科実験20 ケチャルパン比較

じわじわと春の訪れを感じる今日この頃。お日様シャワーを甲羅に受けるワビ。

Wabifine55

極楽、極楽♪

私はお彼岸であることも忘れ(ついでに嫁のすべき仕事も忘れ・・・)激忙真っ只中。
しかしお陰様で、体調を大きく崩すことも無く、今のところ生きながらえている。

落ちない食欲にも助けられ、友人、知人から頂く美味しいものを躊躇無く口に放り込み、仕事のストレスを発散している(皆さんに感謝!)。
美味しいものとして、昨年末に初韓国旅行で友人に頂いたケチャル(ゴマもち)パンがある。実は、ホームメイド用にMIX粉も頂いていた。それに加え、その後、美味しいと評判のパン屋のプロデュースするMIX粉もくださったので、さっそく作り比べ。

Kechalmix Kechalhomemade
Kechalmixtlj Kechalhomemade2
 

(上)Q oneホームメイド (下)TOUS les JOURSプロデュースのBeksulホームメイド
両方とも、作り方は同じ。違いはもちろんMIX粉の配合(残念ながらハングルが解読できないので、何がどう違うかは?)。Beksulの方は、SESAMI TAPIOKA BREAD MIXと書いてあるように粉の袋を開けた時にゴマの香りがホワーンとしてくるので、ゴマの粉末も混ぜてあるようだ。
Q oneの方は、もっちり感がしっかりあり、Beksulはゴマの風味が生地の中にも広がり、もっちり感はあるけどスコーンに近く、お菓子っぽい。どちらが良いかは好みの問題だが、私は両方好きheart01

残念ながら、ケチャルパンのMIX粉は、日本で見かけないのよね~。
次は、先日、姪っ子がソウルへ遊びに行った際のお土産、ホットックのMIX粉を試してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)