カテゴリー「オススメ!」の24件の記事

2017年5月 7日 (日)

トンネルを抜けると

GW最終日、新聞記事で知った愛岐トンネル群の特別公開に行ってみた。JR中央線「定光寺」駅下車。昭和41年に廃線となり、長らく藪の中に埋もれていたという。

Aigistart

往復3.4km、4つのトンネルをくぐって歩く。最初のトンネル(3号基)にはD51のタペストリー。

Aigid51

Aigitin

途中に古い残存物があったり、レンガの説明があったり、自然への優しさだったり、保存再生委員会の方々の思いが随所に感じられる。

Aigidogu

Aigibrck

トンネル毎に趣きの違う、出口の緑の風景が眩しくて美しい。

Aigtout2 Aigtout3 Aigitout1

散策路は敷石が残されているため運動靴でも結構疲れる。最後の6号基は333m長、真っ暗でゴロ石の上を歩くから懐中電灯がないと転びそう。

Mgconsert

6号基前のレンガ広場では、モンゴルの馬頭琴コンサート。奏者は近隣の大学のモンゴル人学生さんとのことだが、ホーミーで歌う人もいて、皆、本当に上手で聞き応えあり。

公開は春・秋の各数日だけ。秋のトンネル群の紅葉も素晴らしかろうな。

さ、明日から再び仕事・・・。新緑の元気をもらったから頑張れそうかな。

| | コメント (2)

2016年10月29日 (土)

雲海で運開?

金曜日、サヴィの瀉血と血液検査。先週7mlの瀉血後、赤血球数(1392)とPCV(58.3%)が上昇。先生も渋い顔。今週は、後脚2本と前脚1本から計10cc弱しか抜けない。

造血量が多くなったか、速度が速くなったか、あるいは水分量とのバランスか・・・。1週間後に再検査し、場合によっては頸動脈からの多量瀉血も考えられなくもないと。

サヴィ、病院から帰った後は甘えモード全開、爆食、駈けっこ催促で元気!

私が凹んでどーするよ。

そんな気分を晴らすため、自然現象に出会えることを期待して南信州へ。

出発は午前3時45分。中央道を飛ばして1時間ちょいで付いた場所。

Unk1

ヘブンス園原。出会える自然現象は・・・「ハローキティー」?

Unk2

暗闇の中、ゴンドラと展望台リフトを乗り継いで、日の出前の山頂を目指す。

Unk3

天空の楽園で出会いたかったのは、雲海。晩秋~初冬に様々な気象条件が揃わないと出現しない。

雲海Harbor」が始まった10月半ばから、気象条件の揃う週末を狙っていた。

昨晩は雨が降り、天気予報は日の出予定時刻には曇り、昼に向けて晴れ。微妙だが一か八かで出掛けたのだ。気温9℃、やっぱり濃霧のためご来光は拝めず。光が時々のぞくも、ガスって遠くは山の稜線すら見えない。

Unk9

「日の出から30分は粘ってみてください」という案内人のアドバイス。

濃霧は一向にに消えず、6時半を過ぎると多くの人が諦めて下山。我々が雲海の中にいては見えないもんね。

朝食にと持参したバゲットサンドを食べながら、もう少し、もう少しと7時過ぎまで粘ってみたが、「今日は難しいかも」という案内人の話し声が聞こえ、諦めることに。

Unk10_2

下りのリフト。早朝に森のマイナスイオンを吸いに来ただけでも儲けもの。

Unk11

リフトからゴンドラ乗り場へと歩く途中、紅葉も見ごろを迎える山が、ちょっと覗く。

観られなかった残念さと、サヴィを想う気持ちで、心の霧は増していく。また、前日、仕事のことを考えていたら一睡もできず、心も体も晴れることなし。

12人乗りゴンドラに、にぃさんと二人ぼっち寂しく乗る。

ほどなくして外が眩しく光っているのに気が付く。

ええ?もしかして・・・!?

Unk5

Unk6

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Unk7

ゴンドラのガラス越し、逆光、バッテリー残量がわずかなiPodという悪条件で急ぎ撮った画像が惜しすぎる。実物はもっと透明で大迫力なんだけどな~。

Unk8

ああ、神々しく、天使とか降りてきそう。いろんなこと懺悔したくなる~。

ヘブンスそのはらのブログでも、「ここまで大逆転の雲海も珍しい」と書かれていた。きっと山頂で見るのも素晴らしかろうが、偶然にして座った「15分間の空中の特等席」、それで十分。

心洗われた。「雲海」という言葉聞くだけで、涙出そう。

秋晴れの山間を、途中「道の駅」に寄りながらドライブして帰宅。ワ・サヴィがお昼ご飯をおねだりしに出てくる。

そう、大逆転・・・。きっと何かそういうことってあるよね。

| | コメント (4)

2015年9月21日 (月)

ピタ・リング

シルバー・ウィークでも、にぃさんの会社は関係なく通常ウィーク。

だから私も休み気分でもなく、溜まっていた家事を片付ける日々。

「私がお手伝いの手を貸しましょーかー?」

Wabihand

夏に買ったメガネ。フレームを調整してもらったけど、しょっちゅう鼻の付け根からズリ落ち、気になる。

何か良いものないかしら・・・と探していたところPITA RING(ピタリング)を発見。

Pitaring

エストラマー樹脂の輪っかを、眼鏡のテンプル(耳の後ろか、こめかみの辺り)につける。付け方によって、三段階の強さで固定できる。

どうかなぁ・・・と思って付けてみたら、けっこう止まってる~。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2015年2月11日 (水)

干す!

雪の舞う寒い天気から一転、今日は穏やかな晴れ。

こういう日は、洗濯、掃除の家事も気持ちいいね。猫達も日向ぼっこ。サヴィ、ファァァーーとアクビをしながら、今日も程よく焦げている。

Savvyfine104

季節が春に向かうのは嬉しいが、花粉やら黄砂やら、いろいろ飛んで来るのは困りもの。

洗濯ものを屋外で風に当てながら干したいが、晴れても空がドンよりしている日は、日当たりの良いリビングで室内干し。

これまで、屋外の物干しスタンドを室内に入れて使っていたが、場所も取るし出し入れが面倒。何かコンパクトに使えるものはないか探していたところ、こんなの見つけた。

Hosukurin

”ホスクリーン”とい商品。窓の木枠両端に取り付け、竿を掛けられる(って、ヒモ代用中)。使わない時はアームを立てて収納できるし、カーテンの開閉の邪魔にもならない。片側のアームだけで12kgの耐荷重性あり。

で、こんなものも干してみた。

Hosidaikon

洗って1.5cmくらいの輪切りにした大根(こら、衣類を干さんかい!)、紐に通して表面が乾く程度に干す。

Hosidaikon2_2

 

お味噌汁の具や煮物はもちろん、そのままオリーブオイルで焼いてお好みの味付けで大根ステーキにしても良し。お日様に当てると甘くなって味わい深い。

蒸してから干す方法もあるけど、洗って、切って2,3日干すだけでの手間要らず。

Wabifine79

ワタシを干したって、甘くなんてならないんだからね!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2014年10月26日 (日)

息継ぎ

最近、まだ鬱々とした気分の日々・・・。

でも、こういう負のエネルギーは、身体を動かし、とっとと使ってしまうのが一番と、車でちょっと出掛けパークゴルフをしに行った。

1ホールの最長は100m以内で18ホールある。シャフトが短いドライバーみたいなの1本で、プラスチックの球を打ってカップを狙うスポーツだ。子供の遊びかと思いきや、開園直後から「マイ・クラブ」を持ったオジサン達がワサワサと現れる。

Parkgolf

公園などの遊休地を環境に配慮しながら利用し、年齢、性別に関係なく楽しめるように作られた”コミュニティー・スポーツ”らしいが、クラブのスイートスポットに当てるのや、距離感をつかむのも難しい。カップも芝目や傾斜をある程度見ないと入らない。やってみると意外と面白かった。

1時間くらいで終え、続いてディスク・ゴルフもすることに。公園の木々の中をディスク(フリスビー)を飛ばしながら18ホール回る。

Komakiseason

以前にもやったことがあるが、明後日の方向へディスクを飛ばすにぃさんの後ろで、若い女性が「チョー、ウケルんですけどぉ」と呟いていたのを思い出す。

飛距離も出ず、方向も定まらず16ホールでギブアップ。

Diskgolf

ワンコがいたら、広い芝生で投げたフリスビーを取って来てくれるし、遊ぶのも楽しそ~、と思う一方、室内で玩具のネズミちゃんを投げて、適当に猫と遊んでる方が楽・・・というのが正直なところ。

翌日は、食べてみたいと思っていたAfternoon Teaセットのある「Musico」さんへ。

Musicoafternoon1

セットは二人分。サンドウィッチ、スコーン、ケーキ、クッキーに、紅茶が付いてくる。

Musicoafternoon2


Musicoafternoon3_2

スコーンやケーキも美味しいのだけど、私は、人参のサンドウィッチが好き。

ジャズの流れる中、紅茶を3杯ゆっくり飲みながら、「暮らしの手帳」を何冊か読み、少し陽が傾きかけたところで、店主さんのとっても丁寧な見送りを背に店を出る。

家までは徒歩20分くらい。行きと帰りで道を変え、どこかに猫が隠れていないかと探しながら、ゆっくりと。

ふぅ~。次の休憩までの息継ぎが、ちょっとできたかな。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2014年9月27日 (土)

気分爽快~!

仕事が本格的に忙しくなる前に、また、いろいろ「憑いた情念」(笑)を落とすために、今日は朝~昼過ぎにかけて、私が好きな地へドライブ~!

さて、問題。これは何の畑? 

Sovafield

こーんな感じで、山に囲まれた約5ヘクタールで白い花が満開を迎えている。

Sovafield3

山と空と・・・一面に広がっているのは、信州(長野)に近い、木曽(岐阜)にある椛の湖自然公園の蕎麦畑。奥に見えるは高峰山。

Sovafield2

翌日(9月29日)は、ここで「そば花祭り(やさか観光協会ページ★)」が開催され、気球なども飛ぶそうだ。天気が良ければ気球の上からの蕎麦畑も綺麗だろうな。 でも、人で混む前に、静かな風景を(にぃさんさえ我慢できれば、風景スケッチでもしたかった)。

少し辺りを歩いていると・・・こんな看板発見。

Cafesova1

へぇ~、あえて”ソヴァ”とは、洒落てるね。自然公園の施設を利用しての期間限定オープンのようだ。

Cafesova2

おーーい、SovaがSobaになっとるぞ~。この緩さが良い。 中は・・・まぁ、ちょっとした休憩場みたいな喫茶スペースだけど、蕎麦粉や、この地の特産である栗を使ったお菓子の販売がある。

山の大自然に囲まれたこの地は、母の故郷(伯父宅)があり、小さい頃は、日本昔話に出てくるような伯父の家で、毎夏休みを過ごしたものだ。すぐ近くには観光名所の馬篭があるし、下呂や高山、あるいは長野方面へのアクセスも良い。そして、ギターを弾く人なら知っているであろう、「世界のTakamine」(高峰楽器製作所)★がある。

願わくば、高峰楽器で働いてみたい! (求人募集に「ギターが弾ける方、体力的に自信のある方・・・ってところで、すでに応募が・・・できん。)

と、名古屋から中央道で1時間もあれば着いてしまう、ヒノキやスギ花粉症の人は絶対に住めない、木曽檜に囲まれた、自然豊かな地。

Wabifine74

「そこは、冬は寒いんでしょ・・・、あたちには、ちょっと無理」 by 寒がりワビ。

次回は、この地方の美味しい食べ物を紹介してみたい。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (4)

2013年10月23日 (水)

名古屋なのに、インドからヨーロッパへ!

まずは、ハロウィンも近い食欲の秋ってことで、onneaさんの季節ものクッキーはいかが?猫好きさんにはたまらないデザインも!注文はお早めに!要チェックよ★ (by 宣伝部長)

さてさて、友人との南インド料理ランチの後、香辛料で黄色くなった指を気にしながら(笑)、木~土曜日の午後数時間のみOPENしているカフェと雑貨ギャラリーのお店へ。

市内のこんな所に?と思える場所。友人のスマホの助けがなかったら辿り着けなかったかも? しかも、こんもりとした丘の上のテッペンの細い路地。私の古い愛車が軽自動車で四駆だったのは幸いだったと、今更ながら思ふ。

葡萄など蔦類で覆われている一軒家。もう、玄関だけでも雰囲気あり!

Ms037  Ms036

扉を開けると、そこはヨーロッパの田舎の家⁉︎ 奥行きのある空間が程よく仕切られ、可愛らしい手作りの雑貨や、アンティーク小物などがディスプレイされている。 (デジカメを持って行かず、携帯で撮った写真が残念過ぎる・・・。保存し忘れたものもあるし!)

Ms035 Mk034

Mk032   Mk033

曇りの日、陽の差し込むテーブルでケーキセットをいただく。置いてあるもの、使われるものはアンティークか手作り品。時間を忘れさせてくれるような空間で、手作りケーキと飲み物のセットが500円だなんて・・・!

「どうやって家具など集められたのですか?」と、ご年配の女性店主に尋ねてみた。

「いろいろだけど、このテーブルは、フランスが好きで永住したいと渡った兄が置いてってくれたもので・・・」と、もっと聞きたくなるような素敵なエピソードを語ってくれた。

Mk031_2

そして驚くべきは、家具や内装などご自分でお作りになるとか!上画像の複数の小窓扉も、ご自身で取り付けたとのこと! ああ、DIYでここまで!? 素晴らしい、見習いたい!

こちらのお店、名古屋のカフェ好き女子なら絶対ご存知であろうが、隠れ家的存在であって欲しいから、あえて名前を伏せておこう。

家に帰ってから、マンションの部屋の仕切り壁をくり抜いて、小窓を作りたいと真剣に思っている私。

| | コメント (7)

2012年12月11日 (火)

今年も猫サンタ~?

通勤時の市営地下鉄。車内アナウンスに♪We wish you a merry christmas♪のメロディーが。世間じゃ宗教的にではなく、クリスマスはハッピーな冬の行事となっている。私もちゃっかり楽しませて頂いているわけで、しばしクリスマスにまつわるネタを。

クリスマス、幼稚園から小学生頃までは何かしらパーティやイベントに参加していたような気がする。お楽しみの一つはプレゼント交換。参加者で持ち寄り、音楽に合わせてグルグル回し、曲が終わった時に持っていた包みが自分のものとなる。「大きなつづらか、小さなつづらか・・・」みたいな日本の昔話を思い出しながら、スリリングに包みを回したものだ。

以前、にぃさんと、プレゼント交換をしたことがある。しかし「一人500円まで」という制限をつけた。「遠足のおやつ代300円で何を買うか」ぐらい難しかった気がする。
私からは、BONOXの犬みたいな形のステープラー。480円くらいだったかな。
にぃさんからは、NUNO WORKSの猫ちゃんが刺繍された鍋つかみ。

Presentexchange1
これ、500円じゃ買えないぞ~。まぁ、猫ちゃんが可愛いから、反則しても許す。

さてさて、これから誰かに美味しいプレゼントをしたいと思っている方、ぜひ、onneaさんのクリスマス・クッキーを! 特に猫好きには嬉しい、猫ヴァージョンありなのだ。そして、今回もメッセージカードで協力させて頂いた(って、おい、自分の宣伝か!)
ちなみに下画像ではない。この画像は、11年も前に、参加していた絵本作りのサークルが12月に作品展を開催した際に、DM画として作成したもの。メッセージカードは、この絵を元に、プレゼントを意識した作品。下画像はIllustratorで描いたが、カードはPainterで作成したので作風もかなり違うのだが・・・。

Xmasp

もう1点、これもクリスマスにまつわるモチーフでカードを作成・・・。興味のある方、いや、なによりもonneaクッキーをプレゼントしたい方、オーダーは19日まで受け付けているそうですぞ!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0)

2012年6月24日 (日)

鉄板スパ、ローラー作戦

熱々のステーキ用鉄板皿に溶き卵を引き、ケチャップ味のイタリアン・スパゲティーが盛られている。名古屋でイタ・スパというと、この鉄板スパを思い浮かべる人も多いはず。私も小さい頃から食べていた思い出の味だ。しかし最近では自分好みのイタ・スパに出会うことが少ない。
以前住んでいた近くの喫茶店には、イタリアン、インディアン(カレー味)、ミートソース、ソースヤキソバと、いずれも溶き卵を引いた鉄板で味わえたが、その店のイタリアンは、私にとってパーフェクトだった。残念ながら閉店して以来、納得のいくイタ・スパに出会っていない。

私が求めるイタ・スパとは・・・
*「アルデンテ」とは程遠い、コシなし太麺。鉄板の上で程よく焦げている
*甘すぎず、酸味が程よく残るケチャップに、余分なスパイスが入っていない
*麺はしつこくケチャップをまとい、具はごく少量のシャキシャキ感が残る、玉葱、人参、ピーマン
*鉄板の上の薄焼き卵は、麺をフォークで丸めると、ペリっと剥がれ絡まる厚さ
*ウィンナーは、2本、もちろん赤いやつ
*タバスコと粉チーズで自分の味を完成できるフレキシブルさ

まったく本場イタリアのパスタ料理とは程遠い、庶民の料理である。
紙ナプキンが巻かれたフォークなんか出てきたら、加点の対象となる。

Itasupa

昨日、初めて入る喫茶店で名古屋名物を謳ったいイタ・スパを食べたが、一口食べて、がっかり。私の求める条件を何一つクリアしちゃいない。

古くからやっていそうな喫茶店が近所には数軒ある。あの懐かしい味を出してくれるイタ・スパを求め、これは1軒、1軒入ってみるしかないか。

(注)名古屋(と、この地方)の喫茶店メニューにイタリアン・スパゲティーとあっても、「鉄板」にのっていないものもある。店前に料理サンプル陳列ケースがあるなら、鉄板にのったスパゲティーがあるかを確認すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

ゆる過ぎるキャラ・・・

最近、仕事が恐ろしく忙しかったり、落ち込んでしまうような知らせがあったりする。こんな時こそ、何も考えず「ゆる~く行かねば」心が折れてしまう。そんなことを思いながら、通勤で利用する地下鉄の駅に置いてあるチラシにふと目をやると・・・

「名古屋城 ゆるキャラ祭り」

ゆっ、ゆる過ぎやしないか?と思いつつもチラシを手にとってみる。ご当地PRイベントだが、話題の名古屋イケメン武将隊による「おもてなし演武」もスケジュールに入っている。ダメもとでにぃさんを誘ってみると、意外にも行くという(大丈夫か、中年夫婦よ)。

Nagamasakun(以下、掲載画像は個人撮影後に加工したもの)
東海地方を中心に40体あまりのご当地キャラが集結し、観光PRをするのだが、会場は、前回の記事で紹介したトリエンナーレの光のパフォーマンスがあった名古屋城二の丸広場。ここは何でもありなのか?

最初は・・・滋賀県長浜市のご当地キャラ「ながまさくん(浅井長政)」。手描き感たっぷりの怒り顔がゆる過ぎる!ながまさくんの三姉妹(長女は茶茶=秀吉の側室)も来ていたが、キレキャラの父とは違い、着ぐるみ完成度が高く、可愛いキャラとなっている。

Yananaにぃさんは、岐阜市柳ヶ瀬の「やなな」に会いたいらしい。何ソレ?なんで知ってるわけ?って見てみると、田舎のキャバ嬢じゃないよねーー?なんか、弾け具合も他のゆるキャラと違う。

という感じで、すでにオバさんは、かなりハマっている。
ゆるキャラではあるが、しっかりと「ご当地」の特色を印象付け、観光PRマスコットとしての任務を果たしている。個性的であればあるほど、人々の関心は、そのキャラを生み出した「ご当地」に向くのではないか?

Igagurio Ebizabesu Hacchi Stkun

全国に知れ渡ったセント君は、さすが。一緒に記念撮影したい人の輪ができている。しかし、意外と小さい。

私のお気に入りは、伊賀市の「いが☆ぐりお」。キュートなポーズを、ありがとうheart04
名古屋のマスコットも9種類ほどあるのだが、やはり、かなり個性派揃いである。
「エビザベス」は、しゃちゃほこならぬエビフライを頭につけ、ナイス過ぎるネーミング。平べったい着ぐるみでバランス悪く、移動にはスタッフのサポートが必要だ。
そして、「ハッチー」。これは名古屋市交通局のマスコット。しゃちほこと、名古屋の市章「まるはち」をかけたものだが、要するに、半魚人?

そんなハッチーに”ハイタッチ”している年配の女性ファンを発見。名古屋はドラゴンズのマスコット、ドアラのように、キモかわ系が成立しうるようだ。

Sakurapandaこのように、あーだこーだと言われるマスコット達。その中に入っている人は本当に大変だと思う。
企業からもマスコットが参加していたが、これは松坂屋大丸のさくらパンダ。ステージに登場し、可愛いダンスで弾けて、フィニッシュを格好良く決めようとしたのだが・・・思いっきり後向きにポーズが決まる。どうやら「中の人」には前が見えてないようである。司会のおねーさんに慰められ、やっとスタッフに正面を向かせてもらっている。

それも 「かわいい」 キャラ演出だとしたら、おそるべし・・・。

次回は、名古屋おもてなし武将隊 をレポしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)