カテゴリー「猫がアレルギー?」の12件の記事

2019年8月23日 (金)

猫生初200ml

ワビが・・・絶不調。お盆過ぎた辺りから、日に数回吐く。

ヨダレの件で抗生剤を注射してもらったのは7月中旬、その後は嘔吐しても食欲は盛り返していた。

オウン、オウンと低い声で鳴くのがゲロッパの合図。

(備忘録)

吐きがひどくなった2日目、外出から帰宅すると、嘔吐跡(ゴハン、胆汁、胃液)複数あり。柔めの黒い運子さんが複数散らばり、タオルで包み隠してある。

にぃさんが病院へ連れて行く。

脱水のため200mlの輸液(+整胃腸剤+下痢止め)。翌朝までの絶水食(あまり欲しがるようならあげても良い)するように言われ、プロナミドが4日分処方された。

これで収まらなければ、検査等・・・とのこと。

夜遅く、激しく「ご飯くれくれ」。ドライをほんの少量食べさせる。

翌早朝も少量ドライを。その後、ゲロッパ・・・。

朝8時~16時 ドライ少量を4時間おきに給餌。→ノーゲロッパ♪

17時 薬飲ませる。

20時(給餌予定時間)、安心したのも束の間、夕方未消化分を吐く。

止めときゃ良いのに脱水も怖く、ウエット少量→興味で喰いつくも、砂掛け。

いつになく具合悪く、呼吸荒めで、寝落ちる。

Wabigero

22時半、リビングで甘え、ブラッシングを要求。かまってアピールも。

Wabigero1

23時 迷いながらもウェットを少量。喜んで完食。

夜中3時、自分のベッドから滝ゲロ。廊下等でも胃液、胆汁でゲロッパ祭り。

ご飯催促も夜中~完全絶水食。

翌朝10時頃、薄黄色胆汁吐くも、ご飯催促。心を鬼にして絶水食。

恐々、16時にウェット+ドライを少量。即刻ゲロッパ。

かかりつけが休診だったので、24H365日対応の病院へ(今後救急の場合の下見も兼ね)。

経緯を説明、血液検査、レントゲン、輸液を。

レントゲンで小腸にガス玉1個が見られ、何か詰まっているかもしれない。点滴で吐き気が収まらなければ、造影、エコー検査という手順だろう(かかりつけ医と同じ説明)。詰まり物有りの場合→取り除く=手術。その他の原因の場合はCT等高度な検査を。

血液検査(異常見られず)、カリウムが低限ギリギリなので、輸液と一緒に注入。

かかりつけで処方の吐き止めプロナミドは、胃腸を動かすタイプ。今回は胃を動かさないようにする薬を注射。

1日分の輸液なので、水を飲まなくても大丈夫。翌日午前にかかりつけ医と相談し、検査するなら絶食のままの方がすぐに出来るはず。レントゲン画像CDと所見、処置について書いてくださる。

Wabigero3

病院から帰宅後、安心してグルーミング。甘えながら遠い目

そして、泥のように眠る。

ワビの猫生初めての輸液。健康優良児だったはずが、、、。

明日は朝一でかかりつけに連れて行かねば。

がんばれワビっ!

 

 

| | コメント (2)

2019年7月13日 (土)

チクンされた

ワビ、朝からワーワーと元気で、ゴハンも食べている。

それでも口の中の茶色い歯石と赤くなっている歯茎が心配なので、真夏になる前にと、にぃさんに病院へ連れて行かれた。

以前、歯石は器具でポコっと取れたが、今回は取れそうにないとのことで治療の選択肢が2つ提案されたらしい。にぃさんにはよくわからなかったのか、2週間効く抗生剤の注射を選択(もう一つは点滴で?)。

先生に「自然に歯が抜けるのを待つか、歯石をスケーラーで取るか」と言われたらしいが、その程度と考えて良いのかな。

いずれにしても、スケーラーで取っても歯石がまた付くだろう。う~ん、2週間の抗生剤は良いとして、その後は、、、どうするよ?

以前のようにボロリと歯が抜けるのを待つのか・・・?

床に転がって、”わたし、ここにいる”アピール。

Wabifine102_20190713220901

病院から帰って、しばらく拗ねていたけど、リビングに出て来てグッスリ眠る。

Wabifine103

ワビの”リトル・ベア”は健在だ・・・。

Wabibear

病院から帰ってから昼ご飯をペロリと平らげた。とりあえず・・・だな。

| | コメント (2)

2018年8月 3日 (金)

ワビ、10歳になりました

今日は名古屋は気温40℃。狂ってる・・・。

サヴィも出した舌をしまい忘れるほど・・・。

Savvypero

そんな暑い夏だが、10年前に生まれたワビ。酷暑だって結構へっちゃら。

もう、起きている間中、ほぼ、ゴハンのことしか考えてない。

回数を分けてしか食べられないサヴィ=お姉ちゃんだけ、たくさんもらっている、と思っていると思う。サヴィが食べている所へと、じりじりと間を詰め、横取りしようとする。

「ダメ!」と言うと、サヴィが止めてしまうので、ワビには「ダメ」という代わりに「ナイ、ナイ!」という言葉を教えた。

何度も「ナイ・ナイよ!」と怒られるので、イジケ気味。

Gohngohn

ワビ、人間の年齢では56歳! 我々の年齢を越してしまったのに、いつまでたっても幼い、幼い、可愛いワビなのだ。

Wabi10yrs

健康で、100歳の幼子になるんだよ!

| | コメント (2)

2017年8月 4日 (金)

ワビ、9歳になりました

8月1日、妹猫ワビの誕生日(人間都合)だった。

毎年、忘れられて9月~10月になって思い出すが、今年はかろうじて覚えていた。

Wabi9yrs

ワビは4姉妹だった。保護時は春・夏・秋・冬と名付けられ、三毛の「夏」だった。

一番最初に里親候補が見つかるも、「懐かない」的な理由で、たった10日で保護主さん宅へ出戻った。新しい環境に置かれ、直ぐに良好な関係を築ける子ばかりじゃない。私だって、我が家に来た初日、布団の中であやしていたつもりが、思いっきり指噛まれ流血しましたとも。

あれから9年、人間の視界にいつも入っていたい甘えっ子。抱っこだって、10秒くらいは我慢できるようになった。自分から人の膝を求めてくるよ。

ジャリジャリと我々のことを愛情をもって舐め続けてくれるワビは、我々を「人」ではなく「猫」だと思ってくれてるんだろうな。

ふっ、最初の里親候補さん、こんな幸せを私達にくれるために、早い事「夏」を見限ってくれてありがとう(←ほぼ皮肉?)。

ワビ、あなたは、そのままで良し。天性の明るさで、いつまでもサヴィの可愛い妹で!

| | コメント (2)

2015年12月20日 (日)

腎臓が小っちゃい?

今年は暖冬だが、それでも猫達には随分と寒くなってきた。

あら?恐竜の卵?

Wabitamago

顔は細めの身体ムチ子さんのワビ。しっかり身が詰まって弾力あり。

Wabiseat

ご飯大好き、玩具大好き、マッサージ大好き。いつも全力。とにかく天真爛漫。

そんなワビは、にぃさんに連れられワクチン+血液検査。

文句なしの健康優良児である。

Wabiblood2015

おまけに撮ってもらったエコーでわかったが、体つきに対して、両方の腎臓サイズが小さいらしい(態度はデカイのに)。いつから小さいのか(生まれつきなのか)は不明。

(ググってみると、こんな記事★を見つけた(岡本動物病院さん、院長のブログ))

いずれにせよ、加齢とともに腎臓の負荷は大きくなる。年齢も7歳、血液検査クリアとはいえ、気を付けてやらねば。

最近、サヴィのロイヤルカナンの腎サポをスペシャルからセレクションにかえてみた。

Dryfood

1粒のサイズが大きい・・・サヴィにどうかな?と思ったけど、お気に召したよう。

幸い、ワビはご飯の好き嫌いがなく、サヴィの腎臓サポート食もヨダレタラタラ横取り。

ワビもサヴィも、食欲があることが、この上なく嬉しい。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2011年9月10日 (土)

シャンプーハットは、まん丸に限る

Medicineワビザベス、瞼の赤い腫れがヒドくなったので、病院へ。
今回は、かかりつけとは別の病院へ行ってみた。その病院は2,3年前、近所に開業し、HPには、「アトピーなどの皮膚病にも力を入れる」と書かれてあったので、かかりつけとは、別の見方をしてくれるかな、という期待もあった。
病院を選ぶ時、先生が全般的な知識を持っていることは当然であるが、特に何に強いか(動物の種類や病気)が参考になると思う。
診察室に入ると、先生だけで、AHTさんがいない。先生が「ワビちゃんは、暴れますか?」と聞く。 「この子は、恐がって固まるタイプです」と、一応、先生を安心させる(?)。 「じゃ、ワビちゃん支えててくださいね~」と。顔、口の中を診てもらう。歯との境目辺りの歯茎も炎症していることを指摘され、猫風邪など、免疫低下しているとこういう風に赤くなるともおっしゃる。でも、鼻水、目ヤニ、食欲低下などもないので、アレルギー性のものかなぁ・・・と

Wabifine51結果、原因わからず。以前、ステロイド処方で痒みが引いたことを伝え、同じように注射と、飲み薬をもらった。
ノミやダニという可能性を「潰して」いくことと、猫のフィラリア予防のために、レボリューションを勧められる。同じ環境でサヴィが痒がらないので、ノミという可能性はどうかなと思ったけど、室内に蚊がいたこともあって、レボリューションも処方してもらう。

以前、かかりつけでは、血液検査で何に反応を示すかを知ることはできると聞いていたが、こちらの先生は、アレルゲンは特定することができない(難しい)とおっしゃる。双方を統合して考えるに、アレルゲンの可能性となるものは分かっても、本当に取り除けば治るとは言えないということか。
食事のアレルギーの可能性も捨てきれないが、まずは、ステロイド投薬で様子見ましょうということになった。

先生に、脚の肉球も診てもらいたかったので告げるも、ワビがモゴモゴ動くせいか、先生が猫に慣れていないのか、しっかりと診られず・・・、ははは、どうやら先生、「犬」の方が慣れているのかも。
会計の時、先生も窓口へ出てこられる。私が手に持っていた手製ベス・カラーを見て、「それ、何ですか?」と。

Shamph

よくぞ聞いてくださった。「シャンプーハットを切って作ったカラーなので、柔らかくて軽いんです。」と、オバさんはすぐに自慢したくなる・・・。先生も「なるほど、参考になります。」と腰が低い・・・・。

Shampoohutさて、青いシャンプーハットのベス・カラーは、100円ショップで買ったもの。当初、お試しで作ってみたが、ワビには合っているので、替え用のハットを100円ショップへ探しに行った。
しかし、最近、どの100円ショップに置いてあるのも、形がまん丸ではない。

試しに変形ハットを買って作ってみるも、形が美しくなく、フィット感もよろしくない。ワビが長時間つけることを考えると、妥協は許されない。
ドラッグストアでまん丸形を見つけるも500円以上。かつて100円で入手できたことを考えると、もう少し安くならないかな~と、手が出ない(ケチ~、甘いもん我慢すれば、500円なんて安いじゃん!)。

Wabifine50ワビ、痒いのを我慢して、ストレス溜めてるんじゃないかな。大好きなにぃさんの体にピッタリくっついて気が紛れるといいね。涼しい季節になって、痒みも減ってくると良いのだが。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

猫娘・・・汗ばむ。

「我が名はワビ・ザベス。痒みに耐えているのじゃ!」

Wabifine49最近のワビ、またベス・カラーを巻いたり、外したりを繰り返す。未だ原因が見つからず、左右どちらかの目・耳の周辺だったり、首の下だったり、気がつけば赤く腫れるまで前脚で撫で付けるか、後脚で掻く。1~2日で腫れや赤味は引くのでカラーを取ってやると、また・・・。

にぃさん曰く、「もう、ザベスでいる方が本当のワビみたいだな」と、なんと可哀相な事を!

先日は、爪の付け根に茶色の垢が溜まり汚れていると記事にしたばかりだが、今度は、肉球周辺の茶色に変色した毛に気づく。

にぃさんに、ワビの手の平おっぴろげてもらい撮影してみたが、「ウンPでも踏んだ?」という茶色部分、お分りであろうか?この部分、毛色が変色。皮膚を見ると、くすんだピンク色で、ちょっとカサついた感じ。綿棒などで拭くと茶色く染まる・・・。

Sikanen

どうやら、指間が炎症していると思われる。
ネットでぐぐってみると、多くは、犬に見られる症状であるようだが、猫でも見られるようだ。なんらかの原因で舐めたり、汗ばんだりした指の間が湿った状態にあり、そこが痒くなり、痒いからまた舐める、そして炎症が進むということらしい。
そういえば、最近、ネッチネッチとしつこく指の間舐めてたけど、単なるグルーミングじゃなかった?

いつからだろう・・・。

ワビの肉球は、いつも、かなり湿っぽい。今年の夏も暑かったから、余計汗ばんだ?この指の炎症と、顔周辺が痒いのと、何か関係があるのか・・・。 一度、かかりつけとは別の病院(HPの診療案内に、アトピーなどの皮膚病にも力を入れていると書かれている)で診てもらうか。

ワビの真っ白なお手手が、サヴィみたいに、サビていく~!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

猫爪垢

雨模様の週末、最高気温が30度を下回る。ああ、このまま秋に突入して欲しいが、その前に3日連続で真夏の晴天に戻って欲しい。なーぜなら・・・、かなり遅めに漬けた梅を、干したいからである・・(;´▽`A``。
まぁ、梅漬けって事でも良いけど、やっぱり「梅干し」にしたいな。


先日、韓国へ旅行された方からお土産をいただいた。


Nekomanicure Escargomask

キャーーo(*^▽^*)o 猫キャップのマニキュア! 飾っておくだけでもキャワイイ!
そして、話題になっていたエスカルゴのローションマスク。よーするに、あのネバネバが、お肌に良いということらしいが、どんなにパッケージでポップな色使いをしようと、カタツムリはカタツムリだな。 もうちょっとしたら使用してみるか・・・。

ああ、女子の美しくなりたいという願望は、幾つまで続くのか・・・。

そして、猫女子はというと、キレイ好きであることには間違いない。が、サヴィはアゴの下に、また、ニキビ(黒ゴマみたいなツブツブ)が、そして、ワビは・・・・。

Wabitumeaka

(あまり美しいものではないですが、どんなのか見てみたいという方は、画像をクリック)

後脚だけ、爪と指の間に黒い粘着性の垢がつく。脚指の分泌物が多い体質なのか?濡らしたティッシュで拭いても取れにくく、3日もすると付いている。サヴィの脚爪を見ても、そんなものは付いておらずキレイ。 ネットでぐぐると、同じような猫ちゃんが意外と多い。病気や怪我ではないので、ま、いいか。

でも、美猫の看板背負ってるんだから(?)脚の爪の先まで、綺麗でいてもらいたいものだ。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

ワビザベス再び・・・

今朝からワビはザベスカラーを装着されている。また右目周辺が赤く腫れぼったい。

Zabeth1 Zabeth2

いつも原因が分からず、症状が治まらなければ病院行きだが、今回も腫れが自然に引くことを願うのみ。
「原因が分からず・・・」と言ったが、たぶん、サヴィに叩かれたんだと思ふ・・・

ι(´Д`υ)ハハハ・・・。

そんなワビ、つい最近、キャリーケースに敷いておいたキルティング布を食べた・・・。ケースの扉をしっかり閉めていなかった私のせいだ。また、時折、簡易コタツの中で被せてあるフリース布をコッソリ噛む (;;;´Д`)。 
やっぱり布食いはおさまりそうにないなぁ。

Wabifine43 Wabifine44  Wabifine45

ワビ、じっとしていると美人三毛さんだけど、本当は、かなりガサツで空気が読めない女。得意はゴハンを用意する傍らで、「ゴワン」と大声で催促すること。可愛い我が家の末妹。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

ワビ、ワビザベスになる!

Wabibeth2(まったく親馬鹿な発言だが)ワビは美猫だ。
しかし、昨晩、そんな美猫の右目周囲が全体に赤く膨らみ、2,3時間もすると、お岩さんのように腫れあがっている。

Σ(゚□゚(゚□゚*) ド、ドウチタ?

右目が気になり前脚でこすっていたせいだが、元々の原因が分からない。初夏に顔・耳を中心に痒みに悩んだワビ。晩夏からは症状が出ず、季節性(強い日差しによる炎症)の可能性を疑ったが、今になって、まただ。何かにアレルギー反応を示しているのだが、その原因がつかめぬままだ。

これ以上ヒドくならぬよう、ハンドメイドのエリザベス・カラー装着!
ペットクリニックのプラスチック製”パラボラ・カラー”は大きく、ボタンの重みなども加わって、ワビの行動に大きな制限ができるので、他の犬猫飼いさんも作っている、手製のカラーをつけてやった。

(材料) 
100均で購入した、子供用シャンプーハット、幅広のマジックテープ(裏面テープ付き)
(作り方)
1.マジックテープの幅分の留めしろを入れて、ワビの首にフィットするよう輪を切る。
2.留めた時にラッパ状に開くよう調整しながら、マジックテープ上下を軽く張り、試着させる。
3.サイズが良ければ、テープを押しつけ、更に剥がれないようにホッチキスなどで留めて強化して完成。

Wabibeth1カラーの役目は、患部をいじらさせないこと。ワビの場合は、目の周りを前脚で掻かなければ良いのだ。写真のは子供用シャンプーハットだが、幅が足りない場合、介護用(大人)シャンプーハットが良いかもしれない。
とにかく、軽くて柔らかいが、ある程度しっかりしており、防水というのが良い。しかも安価である。
ワビの場合、カラーをつけても暴れて取ろうとはしないので、何度も使用できるようマジックテープを貼り付けた。暴れて自分で取ってしまうなら、ガムテープで頑丈に止めるのもありだ。

最小限のサイズで軽量、首周りもソフトなのか、カラーをつけてもネズミちゃんを追いかけ廊下を爆走できるワビ。

大人しくしていれば、中世ヨーロッパの高貴な人のようで、「ワビ」ではなく、「ワビザベス」と呼びたくなる。

肝心の右目だが、現在は腫れがおさまっている。カラーを外してやったが、また、腫れないか心配である。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧