カテゴリー「美味なるもの」の76件の記事

2018年5月20日 (日)

昭和ではないのだが

先週金曜日から調子悪く、久々38度超えの熱も出た。

熱こそ下がったが、しつこく夜の咳と鼻水が止まらない。だから、食べ物が美味しくない=味が、ようわからんのだわ。

それでも、美味しいものが食べたいという矛盾。車で近くを通ったこともあり、気になっていたドイツ菓子のお店「グリュース」さんへ。

ナッツのケーキが欲しかったけど、残念ながらショーケースになかった。

迷って、やはりドイツらしいのを一つ。フランクフルタークランツ。かなりどっしりな食感。 

Francgrus

折しも昭和のアイドルの訃報に触れ、やはり昭和の頃は多かったバタークリームのケーキを思い出した。ジャムがはさまって、真っ赤なドレンチェリーが乗っかってたケーキも多かったなぁ。だから、このフランク・・を食べた時、「懐かしい」と思ってしまった。

残念なのは、私の鼻グスグスのせいで、きっちりと味がわからない。
キャラメリゼされたアーモンドをまとった、バタークリームのケーキ。昔の苺ジャムじゃなくって、「赤スグリ」のジャムは甘過ぎず、てっぺんのはキルシュで漬けこまれたやつ?が大人で上品・・・素朴だけど計算されて作られている・・・と思う。

もう一つ、シンプルなシュークリームを。

Chougrus

画像だけ見ると、「小さいカンパーニュか!」

ざっくりとしたシュー皮の中に、みっちり、みちみちとカスタードクリーム!

今度は、ちゃんと味がわかるようになったら、別のお菓子をたべてみたい。

お店の近くにある布池教会。小さい頃、何度となく礼拝堂でかくれんぼ。そんな思い出が、素朴なドイツ菓子だからこそマッチするのかも。

| | コメント (6)

2018年5月 2日 (水)

火と氷の国

GWに入ってから、近所にオープンしたばかりの、アイスランドをテーマにしたカフェ&ショップの「アイスランドマーケット」へ、ぶらぶら歩いて行ってきた。

ワンプレートのランチ、スモーブロー(オープンサンドイッチ)をいただく。

Smbrw

Smbrw1

薄切りライ麦パン3切れじゃ物足りないんでないの?と思うも、食べ進むにつれ、いろんな味が楽しめ、満足に変わる。GW明けのランチには、ブレッドボウル(パンをくり抜いてスープ入れたやつ)も登場するらしい。

カフェの奥にちょっとしたショップがあり、最近流行りのビーン・トゥ・バーのチョコを思い切って(お値段高いからね・・・)買う。包装紙のデザインは、日本の折り紙からインスパイアされたとか。

Omnomchc

休みをノンビリ過ごす北欧スタイルにあやかって、GWに苦めのチョコをチビチビ食べながらコーヒーをゆっくり飲むのも悪くない。

チョコレートとともに、Bollur(ボッルール)というシュークリームをお土産に。

Bollur_2

シュー生地ではなく、柔らかい白パン。生クリームとアーモンドクリームの2種類を。小さいクリームパンみたいで美味しい。

アイスランドは火山と氷河の国と言われるので、自然の荒々しい印象を受けるが、エッジの効いた自然の美しさが堪能できると解釈すれば良いか。

冬は暖流の影響で、極限の寒さにはならないらしい。オーロラ見に行くならアイスランドか?

まだまだ、地球上には知らないことがたくさんあるんだと実感する。

| | コメント (2)

2018年4月11日 (水)

たーけのこ!

仕事の山を一つ超えた。ジェットコースターでいえば、一番の絶叫落下を終えたところだ。

先週、「季節のもの」が大量に届いた。(毎度、有難うございます!)

下処理をしっかりした筍だが、本当に有難い。我が家では余してしまう量だったので、職場の皆さんにもお裾分けしつつ、「どうやって料理する?」とリサーチも。

土佐煮、炊き込みご飯、ワカメと味噌汁・・・の定番から、菜の花やブロッコリーと一緒にガーリックとオリーブオイル炒め、柔らかい部分は酢味噌和え、等々、なるほど。

Bmbsht2Bmbsht1

私は、筍・アサリ・コーンの炊き込みご飯、サバの水煮缶で作るカレーにも入れたり、キャベツと一緒に、ガーリックバター炒め~♪

Bmbsht

いつも筍切る時、、美味しく見えるくし切り(ヒダヒダ残る三角型)にするつもりが、全部輪切りにして短冊にして、「あ、やってもーた!」と気が付く。

Bmbsht0

食べきれない1本分を、ちゃんとくし切りと、短冊切りにして、冷凍庫へ。

成城石井で入手した「煎り酒」は万能調味料。筍の甘みをちゃんと感じられて、イケる。

Irizake

煎り酒、結構なお値段。日本酒の値段考えれば、自作する方が高くつく? いや、酒があったら、酒として、まず飲んでしまうか。

| | コメント (2)

2017年12月26日 (火)

クリスマス2017

年々淡々と過ごすクリスマス~年末年始。でも、全然何もしないのもつまらない。

週末、ホームで過ごす伯母の「年末年始の気掛かり」を解消するためにホームを訪れた。一つは家の玄関の正月飾りの付け替え。まだ新しいのを掛けるには早すぎたので、古いもの(伊勢はご不幸が無ければ1年中つけっぱなし)だけ取り外して来た。

伯母にそれを告げると、「前からあげようと作っておいたわ」と・・・

Wreath2017

デイサービスで作り方を教わったリース。殺伐としてた我が家の玄関に飾ったよ。

御年93歳の伯母、書家でもあり、日本人形作りや洋裁などもやっていたので、こういうものはお得意。ホームの時間での慰みに、プレゼントする人を思って作る幸せがあって、良かったね。ありがとう。

疲れていた自分にもプレゼント(?)。以前から欲しかった錫製のちろり。錫は酒や水を円やかにしてくれるとか。でも、普通に買うと、高い、高過ぎる。ヤフオクで安く落札できてラッキー。

Suzuhanchirori

「錫半」(1996年に廃業の錫製品の会社)のチロリ2個とと盃5枚。チロリは高さ10cm強と小さいので、一人呑みに丁度良い。「錫半?」と思って調べているうちに、大阪って錫の製造業で栄えていたんだと知った。

模様は若松だけど、なんとなく全体的に北欧チックで可愛い。盃もすごく小さいけど、角砂糖や小さなお菓子や煮豆なんか入れても映えるよね。すごく気に入っている。

ここ1,2カ月出費も多かったので、クリスマスは慎ましく。

Nibuta2017xmas

スーパーで300円くらいの豚塊肉で、紅茶煮豚~。ちょっと良い紅茶を使うことで、安い肉でも高級な香りになる。ソースは和洋中のなんでもいけるし。

デザートのケーキは、近所のスーパーで入手可能な広島の「くにひろ」さんの洋酒ケーキ。5個入りで約600円くらい。洋酒がかなりジュワ~っとくるから、1切れで十分満足できる。コーヒーにもよく合うのよ~。

Kunihirocake

日常をちょっとだけクリスマス的気分に過ごせた数日だ。

| | コメント (2)

2017年12月11日 (月)

今年のシュト-レン

サヴィ、、、、のってみた、モチモチ!

Mochisavvy

ああ、ワビのムチムチとは対照的に、痩せてゴツゴツ煎餅か・・・。

Savvymttb2

いただいたマタタビ棒を凝視。

Savvymttb1

ちょっと元気がなかったけど、マタタビ棒にジャレる。

ご飯をちょっぴり強制給餌することもあるけど、吐かずに食べてるからOK。

さてさて、クリスマスシーズンのお楽しみは「シュトーレン」。今年はどこのを試してみようかと迷っていたところ、友人と昼食するために出かけた名駅のミッドランドスクエアに「ベーカリー&レストラン沢村」がオープンしていたので。

Sawamurastln1

シュトーレン(小140g 1400円+税)。毎年思うが、味を知らないまま買うには冒険の金額。シュトーレンはどこの店もお値段高め。「この値段でこれはちょっと・・・」とガッカリなものも多々あるから。

Sawamurastln2

Sawamurastln3

中央にイチジクがしっかりと入って納得のお味(=私の好み)。にぃさんと”大きい方を取った”、”いや端っこを食べたから、組み合わせで同じ量だ”だのと子供のような喧嘩に。

美味し過ぎてクリスマス前に食べ終わってしまうではないかっ!!

ああ、本場ドイツ ドレスデンのシュトーレンが食べてみたい・・・。

| | コメント (3)

2017年12月 3日 (日)

冬の食。

最近の食の備忘録。

夏に買ったまま飲む機会を逃していた岩手県紫波町の地ワイン。

Siawwine

サングリアとかにしても良いかなと、かなり甘口の赤をチョイス。この季節ならホットワインも向くしね。結局ストレートにそのまま。デザートワイン的甘さ。飲み過ぎていかん。

ワインの御供は以前から気になっていたAKITAHAMさんの冬場限定の白カビ熟成のドライソーセージ。わりかしご近所に支店が出来たので寄ってみたら、「昨日、本店から入荷したところです~」と。ラッキー!

Aktsirokabi

フランス伝承の味というキュルノンチュエさん(過去記事★)のを食べたことがあるが、そちらは黒胡椒が入っていて、AKITAHAMさんのよりも固めの触感だったような。100gあたりのお値段が、私のつまみ用としては贅沢過ぎて、買うのに勇気いるのよ。でも、AKITAHAMさんのは買いやすいお値段。

しっかし、ジューシーで旨いよ。

Aktham

ドイツで修行され、国家認定マイスターとなったAKITAHAMさんのレバーケーゼやソーセージも美味。「日本人に合わせない」。いいね、それっ!

合わせないと言えば・・・?インドネシア料理(こちらはデザート系が多い)♪

Indoncsiaf1

から~の、アフガン料理~。ちょっとしたイベントがあって、その準備中に撮影させてもらったから全容ではないが。

Afganf

干し葡萄が入った炊き込みご飯(って、説明が下手)に、塩気のパンを添えてくれて、スパイシーなソースかけてくれた。その他のお国の料理もあって、毎年頂くんだけど、どれもお国の家庭の味なんだろうな~。新しい発見もあって、嬉しい。

他国の料理と言えば、最近重宝しているのは、ラトビア製のこれ。

Borsiti

レッドビーツはもちろん、野菜が煮込まれていて、同分量の水や牛乳で伸ばす。肉っ気がないので、ミートボールやソーセージと、大きめのジャガイモなどの野菜と、鶏がらスープを加えカスタマイズ。二人だと3回分はあって、お手軽に作れて有難い。

最後に、冬の我が家の常備薬。

Carbadosgai

スーパーで安くなっていたら、絶対に買う。買う。買う。

| | コメント (3)

2017年9月24日 (日)

混む前に!

名古屋人には嬉しい、IKEA長久手が間もなくオープン。我が家からは近いんだけど、混むこと考えると、オープン直後なんかには行きたくないかも、、、。

IKEAの近くに、気になっていたインドネシア料理のお店がある。近辺が混む前に!

西ジャワ家庭料理のサウンスンダHirokoさん。

こ、こんなところにあるんだろか?的な場所にある倉庫レストラン。

Westjawa0

ランチは2種類、Aセット1400円、Bセット1000円。

Aセットは大豆の発酵食品「テンペ」が入っている。納豆を連想するにぃさんに拒否反応。量的にも今回はBセットで。

Westjawa

Udang Kari(エビのカレー)に、野菜のかき揚げ、生野菜の和え物に、スープとドリンク付き。

先日、美味しいタイ料理を食べてきたけど、こちらの西ジャワ料理は、カレーでも優しいお味。カレーとターメリックご飯に、かき揚げと和え物も混ぜて食べると食感も味も変わって面白い。とっても美味しかった!

今年3月にオープンされ、評判が広まってお客さんも増えてきているよう。

これでIKEAがオープンしたら、予約必須になりそう。

Wasavvyne

私達にお留守番させて、また、美味しいもの食べてきたのね~。

| | コメント (4)

2017年9月 2日 (土)

発信

神宮の遷宮の年から月1回は伊勢の施設にいる伯母を訪問している。

用事のある伯母、父の実家は外宮近所なので、賑わいのある内宮のおはらい町、「おかげ横丁」や、他の観光スポットにに行く機会はほとんどない。

また、毎度の伯母の訪問では心身衰弱が激しいため(笑)、外宮界隈でも、あまり一人でゆっくりと見て回る余裕がなかったのだが、先日、新たなスポットが出来ていたことに気が付いた。

Ddlionchoco

うん?ダンデライオン?たんぽぽ?チョコレート?

一度通り過ぎて、とりあえず伊勢うどんをかっ喰らい、伯母に会う前のエネルギー補給にしようと、看板の店 DANDELION CHOCOLATE へ。

老舗フレンチレストラン「ボン・ヴィヴァン」のある旧山田郵便電話分室の一部が「うみやまあひだミュゼ」という ”クラフツマンシップを世界に発信する” ためのカフェ&ギャラリーになっていた(昨年末頃にオープン)。

カフェ奥にあるミュゼでは、9/30まで自然布(大麻布)の展示がおこなわれていたようだが、残念ながら週末祝日のみオープンのため入場できず。

外宮前で、サンフランシスコ発祥のチョコレート?

天照大御神の食を司る外宮の豊受大御神様のことだから、「ほぉ、”ちよこれいと”という食べ物もなかなかイケる」と寛大にお受入れになるのだろうな。

残暑厳しき昼、とにかく冷たいもの・・・で、フローズンホットチョコレートを。

アメリカンなチョコチップクッキーと、「いくつでもお好きなだけどうぞ」というマシュマロが付け合わせ。もちろん、チョコレート菓子も別売りで楽しめる。

Frzchoco

まずはホイップクリームを避けてフローズンチョコを飲んでみる。爽やかな酸味があり、カカオが果実だってことを思わせる。ホイップと合わせれば甘さが増す。ふー、気分が落ち着くね。

Ddlionchocorm

大正12年に建築された建物内、畳に座るスペースもあり、赤福のお店を連想する(笑)。

おそらく観光客の多い週末を避ければ、ゆっくり一息つけるスポットとしてお勧め。

新しい物もチョコレートも好きな伯母には黙っておこう。もし教えたら、無断外出しかねないからね。

| | コメント (2)

2017年8月20日 (日)

最近の間食

最近、トミーズ(富澤商店)で買ったドライみかん。

ドライフルーツは、砂糖を使ったものも多いけど、これは皮ごとスライスしたみかん(熊本産)を干してあるだけ。果肉の甘みと皮の苦味が結構やみつきになる。コーヒーのお供にも。少々歯にネチっとくるので、沢山食べ続けようとは思わない=それが良い。

Drymikan

物は試しで買って、友人と試食し、その帰りに2袋追加買いしたほど。

もう一つドライフルーツ。職場の同僚さんが差入れてくれた天日干しのホワイトマルベリー(白い桑の実)がとっても美味しかったので、通販もの(トルコ産)と、なかなか見かけない店頭売り(イラン産)のものを買ってみた。食べ比べるとイラン産の方が若干甘みが強いが、たまたまかも。

Malberry

 

味の表現として、「キャラメルみたい」とされるように、確かに噛むほどにそんな甘みを感じる。ビタミンAが多く(目に良い)、天然のインスリンを含むとか。

同僚さん曰く、「本当はもっとカリッカリして、それが美味しいんだけど」。

ああ、そんなカリっとしたもの、おそらくトルコやイランなど天日干し後、日が経ってないものを現地で買わないと無理?

職場では「お菓子を断ち」をしている人達も。なんと強い意志・・・。せめて私もスナック菓子などをナッツ類に置き換えようと、少しずつ試している。

フィリピン土産でいただいたピリナッツが美味しかったので、無添加ローストものを。

Pili

柔らかい食感で、まったりとしたコクがある感じ。少量で満足感が得られて良い。

他には、ナッツのハチミツ漬けを。

Honeynuts

ハニーナッツはスーパーでも見かけるけど、結構なお値段がする。でも、ローストしたナッツを蜂蜜に漬けるだけで簡単に出来るから、作ってみた。

私的には、おそらく塩味のナッツは食べ出すと止まらないけど、ハニーナッツはハチミツの甘さのお陰で少量で満足できるから、良いかも。

何を食べるにしても、「過度」が抑えられる食べ方ができると良いね。

| | コメント (2)

2017年5月21日 (日)

トルコ料理を教わる(2)

蒸し~と暑くなって忘れる前に、先日教わったトルコ料理の続き。

と、その前に、食前食後と、ずっと出してくれたチャイ。あれは結局何の葉だったか、フェンネル?トルコの2段式ポットで。

Trkchay2 

上段に茶葉を、下段はお湯を。下段のお湯が沸くと上段の茶葉が蒸らされ、そこにお湯を注いでお茶を作る。下段のお湯で濃さを加減。なーるほど。

Trkchay1

【レンズ豆とクスクスのキョフテ(ハンバーグ)サラダ】

材料:レンズ豆、クスクス(もしくはブルグル)、玉葱(1/2~1個)、トマトペースト(大匙1~2くらい?)、パセリ、レモン、オリーブオイル、塩、粉唐辛子(レンズ豆:クスクスは1:1とするレシピが多いけど同僚の「適当」加減を数値に置き換えると、クスクス半分くらいでも良さそう?)

①レンズ豆がかぶるくらいの水から調整しつつ柔らかくなるまで煮る(画像くらい?)。火を止め、クスクスを入れて蒸らす(レンズ豆が吸った水分量で少ない時は、多少お湯を足す?)。

Renzumame2

②玉葱をみじん切りにして、オリーブオイルで炒め、トマトペーストも加える(実はこの部分、覚えていなくて、別レシピを参考)。

③②、パセリのみじん切り、塩、粉唐辛子も入れて、ハンバーグ捏ねるみたいに、よく混ぜる。感触として、ハンバーグ捏ねるくらいの固さらしいよ。

Renzmamesld1

③レモン汁も絞り入れて混ぜる。

Renzmamesld2

分量は、おそらく何度も作って感覚で覚えるしかない?

同僚は、「レンズ豆にクスクス加えたら、蓋をして蒸らしても良いけど、蒸らし過ぎたりとかわからなくなるから、蓋しないで、レンズ豆の水分を吸ってクスクスが開く感じで。。。」と。

と、これくらい豪快でも大丈夫だ(笑)。

Renzmamesld3

片手でお寿司のシャリくらいの大きさに、職場の同僚達でニギニギ。

Renzmamesld4

これはレタスなどで巻いて食べるのだけど、取り皿に他の料理も盛り付け~。

Trkdishes2

バターライスは、細いパスタを焼いた物を一緒に入れて炊くんだって。

Trkdishes1

同僚と、ご主人が作ってくれたものは

焼きなす&サワークリーム(ヨーグルトに、ニンニク、パセリ、塩を入れる)のディップ

鶏肉と大豆のトマト煮

トマト、キュウリ、玉葱のサラダ

牛肉とハンバーグをバーベキューの炭火で

トルコ風漬物(継ぎ足し作ったもの)

どれもこれも、本当に美味しく、そして何よりも楽しかった。

こんな機会を作ってくれて、皆で集まって、本当に良かった。ありがとう!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧