カテゴリー「美味なるもの」の64件の記事

2017年4月 7日 (金)

台湾から~の・・・

職場の皆の憩いのテーブルの上には、常に美味しい物あり。

最近、台湾旅行してきた方のお土産は、ピーナツのお菓子。

Twnsweets1

「你好我好」はお菓子の名前じゃなくて、日本の方が開いた店の名前で、「花生酥」がお菓子の名前なんだ・・・とネット検索で知ったけど、ピーナツ粉を固めたっていう感じ?ほろほろ口で溶けて、とても、美味しい。

ピーナッツ繋がりで・・・

Hylammon

ベトナムの学生さんがくれたという、ヒラムモンという店のピーナツ菓子。ピーナツを砂糖で固めたやつは日本にもあるお馴染みの味だが、これも美味しいね。

ナッツ繋がりで・・・、これは友人に頂いたフィリピン土産のピリナッツ。糖衣をまとったナッツなんだけど、口に入れた瞬間カリ・フワっと消える食感。これ、ヤバイやつ、止まらんやつ!

Pilinuts

2月に台湾一人旅に出た姉からは、定番の「東方美人茶」をもらった。これはこれで紅茶に近い感じで飲みやすく美味しいんだけど、別の方から頂いた、台湾の高級茶「梨山茶」は、フルーティーな香り♪

Twantea

Twntea2

上品な香りの良さで癒されるお茶。

皆さん、いろいろ旅行して美味しいものを見つけてお裾分けしてくれる。

仕事の第一ピークを越え、次のピークの前に、一息入れねば!

| | コメント (4)

2017年1月15日 (日)

美味に次ぐ美味

先週の連休、姉と義兄が名古屋に遊びに来るとの連絡。

昨年、義兄の母様が亡くなったこともあり、新年のお祝いはしないものの、会食しようということになった。もう、社会人になって2,3年の甥・姪っ子は来ないのかな・・・と寂しく思っていたら、一緒に来てくれることに。

名古屋メシ・・・ということで、「ひつまぶし」をチョイス。初の「3通りの食べ方」を姪っ子に指南。あ、でもね、鰻が本当に美味しい店で「ひつまぶし」を食べるのは勿体ない。

ひつまぶしは、鰻を刻んでいるし、薬味で「誤魔化せる」からね。鰻に自信のある店では、メニューに「ひつまぶし」がないところもある。

Hitsumabushi

鰻の前日、いつも行列で入れなかった天ぷら屋で、天丼いただいたんだっけ。

にぃさんチョイスのかき揚げ丼。海老プリップリっ!

Kakiagedon

ウップぅぅ~。お腹ん中、脂ギッシュなものでコーティング三昧だわ。

そんな丼ぶりものとは打って変わって、遊びに来てくれた甥っ子、姪っ子からのお土産がオサレ過ぎる件。

Mariagethe

Mariage Freresのマルコポーロ、アールグレイの茶葉と、ダージリン紅茶ジャムのセットは甥っ子から。フワ~んと高貴な香りに、なんだか、「婦人画報」のマダムの気分。甥っ子は、一見、「そういう物に疎そう」なのだが、どこで見つけてくるのか、お洒落に敏感な姪っ子も、その感度の良さに敵わないらしい。

そして、姪っ子と姉が、わざわざ出かけて入手してくれたのが、オサレなカヌレ。

Caneledj

Canele du Japon doudou のカヌレ。フランス・ボルドーの伝統の味から、甘酒、きな粉など、和のテイストや季節ごとの素材を使ったカヌレ。

Caneledj1

小さなカヌレに、ギュっと美味しさが詰まっていて、「これは、どんな味かな?」と次から次へと手が止まらない。可愛いし、美味しいしで、ヤバイでしょ。

何よりも、甥っ子たちが、「何が良いかな?」と考えて選んでくれる気持ちが嬉しい。

| | コメント (2)

2016年12月31日 (土)

2016年、皆さんにとっては、どんな年であっただろう。

年頭/年末の、David Bowie/Wham!のGeorge Michaelの訃報で、私の背伸びした青春の日々が遠きものに感じる。

天災、人災で被害を被った方々がいる中、日々何事もなく過ごさせて頂いたことには感謝。

ここ数日は、友らと楽しい食事をさせて頂いた。皆さん、本当にありがとう。

ブラジルの風を感じながら、久々の回らないお寿司。イクラは見事に満ちこぼれている!

SushikanSusikan2

「昼からビール」はチェコとドイツのクラフトビールに、タイのお土産付き。

Thairetoruto

大晦日は、ちょこっと掃除をした後、買い物ついでの年越し蕎麦。

Sojibo

「お正月、迎えられるね」と、にぃさんに褒められるサヴィ。

Savvyfine207

寝ても覚めても遊びたいワビ。

Wabifine90

正月準備は簡単に、お雑煮用の具材を煮込んで終了。

特別は何もないけれど、穏やかに年を越す・・・それだけで十分。

皆さん、良いお年を!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2016年9月14日 (水)

食いしん坊

近所に昼営業のみのカフェがある。野菜中心に十数種類もの惣菜で盛り沢山なワンプレートランチが美味しい。当然お客さんが多く、入店できればラッキーだ。

数種類の持ち帰り弁当もあり、30分くらい前に注文しておけば作っておいてくれる。

週替わり弁当(650円)を注文してみた。メインは鶏ハンバーグ。ワンプレートランチで出される惣菜数からすれば半分くらいだが、その分安い。

Lusicca

お惣菜の1つ1つが美味しくて幸せになる。

最近、だいぶ暑さがやわらいだが、我が家の今夏のブームはこれ。

Grarich

バニラアイスにグラノーラと、最近注目されているタイガーナッツをトッピング。

グラノーラは味源の「グラリッチ」のナッツ&フルーツが好き。

食べ過ぎはいけないので、にぃさんと200mlのカップアイスを半分っこだけど、十分満足。

サヴィ、自分で食べる量が増えたけど、まだ半分以上は強制しないと・・・。

好きで食べてくれるウエットの腎臓ケア食があったら良いのにね・・・。

いつも、いやいやながら付き合ってくれて、ありがと。

Bibu

でもって、マッシュルームな妹ワビ。食べるために生きているといっても過言じゃないね。腎臓ケア食も大好きで、サヴィの強制給餌の際の「こぼれ飯処理」は見事である。

2日前の晩、サヴィの強制食を入れたチャック付きビニール袋をキッチンに置いておいたのだが、他事をしている間に、ワビが袋を破って食べてしまった。ビニールに噛み痕がついているが、所々が欠けているので、幾分はお腹の中。その後排便がない。

当猫は、嘔吐もなく、変わりない食欲で激しくゴハンを要求。

頼む、今晩こそはウンコせよ!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2016年7月 1日 (金)

喉をアルコール消毒

喉の調子が悪いなぁ・・頭もボーーー、で、熱が出た・・・。

伯母を訪ねて伊勢へ行く予定だったけど中止して、午前中ベッドに。

Bigsmallwabi

寒気がして、布団を被っていたら、ワビも「私も寒い!」とばかり、布団の中へ。

Wabifine88

可愛いけど、暑い・・・よ。

どうもいかん。溜まった疲れが表面化し始めたかな。

でも、横になってばかりいても疲れるしね。天気が良いから掃除、洗濯!

少し前に、味醂の梅酒をいただいた。ほぼキッチンドランカー的に、台所で調理しながらまずはロックで。

Mirinumeshu

味醂の甘さと梅のコラボは、古酒のような味わい。夏ならば、サイダーで割っていただくのも良さそう。しかし、コクリとストレートで頂けば、喉痛が治りそう(←幻想)。

Chijimu

シラス、ニンジン、ニラ、アサリ、ヤングコーン、玉葱を入れたジョンを。

体調悪いけど、食欲だけは健在なのがありがたい。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2016年6月13日 (月)

美味しい休憩

何となくストレスフル。

というか、自分の好き嫌いだけで物事を振り分けて、嫌いに入るものが消化できずにいるだけ。自分の小ささを嗜めることができず、寛大になれない時は、嫌いなものを忘れることを実行するのみ。「美味しい休憩」もその方法の一つ。

金曜日の夕方、ビルにあるクレプリーのテラス席で。友人にガレット&シードルを付き合って頂いた。

Galette

生ハムで薔薇が演出されている、そば粉のガレット。はぁ、美味しい。

猫様まつりの前、週末の昼食を作る余裕もなかったので、以前から気になっていた焼き菓子店の、サンドイッチBOX(テイク・アウト)を頼んでみた。

Bsadwich

野菜、玉子、ハムの懐かしい感じのサンドイッチと、お店の焼き菓子が入って580円。とっても優しい味のランチボックスに癒された。

以前飲んだ「赤」が美味しかった岐阜県のワイナリー「長良ワイン」。友人にそのロゼと白を買ってきて頂いた。

Nagararoze1

ロゼを食後に飲んでみた。かなり甘い方か?でも嫌味のないフルーティーな甘さで、とにかくチーズとの相性がとても良い。一人で一本/一晩というペースを抑え、半分を。

Nagararoze2

残りを2日目でも十分楽しめる。甘口と割り切って、食前酒、食後酒に飲むものとしては、かなりコスパがよろしいかと。個人的には好きだ。

また、週末には、白(辛口)を飲んでみるのが楽しみだ~。

| | コメント (2)

2016年5月15日 (日)

ジャリジャリ、チクチク

最近のトレンドなのか知らないが、雑誌に「コーヒー風味のグラノーラ」というのが載っており、オサレなスーパーでは話題の商品としても陳列されていた。

とある製菓材店で「バイヤーのイチオシ!」というポップに推され、買ってみた「じゃり豆」。

Jarimame

コーヒー味の衣をまとったヒマワリの種。一粒5mm大くらい。口の中で、サクッ、カリっと、ヤバイくらいクセになる味と食感。思わずにぃさんをパシらせ、リピ買い。

ヒマワリの種、カボチャの種、アーモンドのチーズ味の衣バージョンもイケる。

と、口ん中をジャリジャリさせながら、日々、布に糸をチクチク、チクチク刺す。

2016nekofes1

2016nekofes2

6月5日の「猫様まつり」までに、8匹くらい・・・産めるかなぁ・・・。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2016年3月25日 (金)

赤か白か?

岐阜県の”長良天然ワイン醸造”さんへ行かれた友人に買ってきて頂いた1本(感謝)。

ワインは白を選びがちだけど、長良ワインの赤はスルスル飲みやすい♪。ラベルは清流を泳ぐ「鮎」なんだ~。

Nagarawine

週末、白米抜きの夕食にしたのでワインをあける絶好のチャンス。にぃさんは下戸なので、私一人で飲んだくれる。

Grapemasta

赤ワインに合うかもと、これまたワインを作る前の葡萄果汁に浸したマスタードを買ったので、ソーセージに合わせみた。このマスタード予想以上に甘ーーい! 

野菜にはどうだろう・・・とマスタードの種類も追加して味比べ。

Moutardes2

Moutardes

右:Delouis社 Moutarde entiere au citron et au vinaigre de cidre (白)
  (リンゴ酢・レモンで漬け込んだマスタード。酸味が美味)

左:PERCHERON社 Moutarde au Mout de Raisain (赤)
  (葡萄果汁に漬け込んだマスタード。葡萄の甘さが際立つ)

Moutarde2

白マスタードには、茹でブロッコリー。塩気には醤油と粉末出汁を。少々の味醂は隠し味。箸休め、お弁当の隙間に、活躍しそうな一品。

Moutarde1

赤マスタードは、酢、塩、オリーブオイルを加えて人参ラぺ(+パプリカ)。

野菜と赤マスタードの甘さがあるので、しっかり酸味のあるザワークラウト、生ハムでバゲットサンドにしたら美味しかった~。赤マスタード、アイスクリームのようなものに混ぜて、デザート感覚で頂くのも良いかも。

Savvyfine202

サヴィは、酸味加えず、まんまの甘甘ちゃんでいいのよ~。長いお髭が元気だ!

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2016年1月 6日 (水)

酒だ、酒だ、酒だ~!

今年は伊勢の”元旦しめ縄”仕事から始まった。

2、3日も伯母が「強硬手段に出た」ため、正月三箇日にご迷惑をおかけした関係者へのお詫と、今後について考える必要が出てしまった。

ええい!酒だ酒だ、酒持ってこ~い的な気分である。

正月2日目、姉家族が遊びに来てくれた。

いつも、おじいちゃんの酌の相手をしてくれる優しい甥っ子に、名古屋のお酒でもと、

9heiji

名古屋の萬乗醸造の「醸し人九平治」の秋冬限定の熱燗用「火と月の間に」。地元名古屋でも特約店は少なく、店頭もネットでも在庫切れが多い(泣)。

九平治でも高価なものは比較的ネットで入手しやすいが、父の好みは熱燗のため、この九平治をなんとかネットで探しまくってゲット。緑ラベルの「雄町」(岡山県赤磐の酒造米)バージョン。

9heiji2

一番に我が家へ着いた甥っ子に、二人でまず常温を試飲してみた。

まず酸味が広がるが、すぐに円やかになり芳醇。ワインのよう。スルスル飲めるぞ~。私は料理出す方に手が一杯で、熱燗でまだ飲んでいない。

ラベルに「お好みの温度を探してください。必ず見つかります」って書いてあるけど、どこまで飲んだら見つかるんだろう。まったく、ヤベッゾ。

甥っ子は甥っ子で、希少なワイン(アベイ・ド・レランス  サン・セザール  シャルドネ)を持ってきてくれた。社会人1年生、奮発したなぁ~!

Stcesaire

修道院のシャルドネ。南仏カンヌ沖のレランス島の有機土壌で、”労働を神に捧げる”ストイックなモワンヌ(修道士)たちによって作られた、ありがたい1本。

口の中で広がる香りが濃厚な、大人な辛口ワイン♪。少し残ってしまったのを4日経ってから飲んでみたが、あら?角が取れた?最初より甘く感じる。面白い。かなり美味しい!!飲み干したグラスの花のような果実香まで楽しめる。

さて、こちらはアルコールではないけど、ワイン用のブドウで作られたジュース。トラウベンモスト(オーストリア産)。にぃさんが会社の人にもらってきた。

Vinejuice

 

いや、これ、葡萄100%のジュースだけど、今まで飲んだ100%とは別物。美味しい。そして、ポリフェノールの含有量もワインより多いそうで体にも良い。くださった方、ありがとうございます。

最後は・・・、これは飲んでいないのだけど、デパートのワイン売り場の木箱に・・・

Catvine1

クシャミをしても、この中から大魔王は出て来ない・・・って、そうじゃなくて・・・

Catvine2

猫ラベル! ドイツのフランケン地方の辛口ワイン。”ボックスボイテル”という独特な形のワインボトルも猫っぽい?ワイン名に”カッツェン・コップ”とあるのだけど、「猫の額」(=狭い畑の葡萄で作られた)を意味している。

飲んでないのに、猫だけで、”美味しい”と決めつけている。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (2)

2015年12月 2日 (水)

冬に美味しいもの

昨年は、”ベルトの穴が2つも縮まった”冬だが、今年は・・・すでに穴2つ元に戻り、1穴拡がりそうなくらい食欲あり。だって、美味しいものに出会ってしまうもの。

先日、長野から帰る途中の道の駅で買った”すんき”だが、木曽福島の「ふるさと体験館」では、この時期”すんき漬け”の体験ができる(やってこれば良かった)。

Sunki1_2 Sunki2

塩を使わずに、赤カブの葉の乳酸菌で発酵させた冬限定の漬物。醤油をかけて、あるいは蕎麦やみそ汁に入れて食べるようだが、この酸っぱさに慣れるまでは、ゴマ油で炒め(砂糖と醤油で味付け)、鰹節をかけると良い。野沢菜も好きだけど、すんきもクセになる。

Corngaufre

開田高原のトウモロコシは、こんなお菓子にも。挟まれたクリームがトウモロコシ味!予想していたよりトウモロコシってわかって、美味しい。

話は変わって、国内外のいろんな物を仕入れている近所のスーパーで見つけた、ちょっとレトロな缶のボルシチスープ。売れ残ってたのかなぁ、少しお安くなっていた。

Borusichi

福岡のロシア料理店「ツンドラ」さんの缶スープ。これ、当り!しっかりスープにコクがある。お野菜、肉が大きくて食べ甲斐あり。美味しいパンでお皿を綺麗にふき取りたくなる。今度見つけたら、また買うな。保存食にもなるし。

脈絡なく話は「美味しいもの」の羅列になるが・・・。

先日、友人と出かけた、名古屋の堀川沿いの納屋橋夜イチ。一気に気温が下がった夜に、とりあえず一杯ひっかけようと。露店は、ソーセージや鶏のから揚げなどが多いが、イマイチ心魅かれない。

Yoichi

露店で野菜を売っていたおにいさんから、「自分の育てた芋を揚げている」というブースを教えてもらい、ジャガイモの素揚げをちょっぴりの塩で。味噌ヤキトリを加え、日本酒の冷やで(画像は友人のオサレなスパークリングワイン)。これとオシャベリだけで、贅沢な時間。

別の露店で見つけた柚子胡椒の小瓶は、斎藤商店さんの”御嵩柚子なんばん★。柚子の量が多いのと、結構辛い青唐辛子のピリリ感が私好み。「冷凍してシャーベット状で使うと風味が長持ちする」とのこと。

Yuzukosho

ニンジンとアサリのむき身を生姜で甘辛く炊いたものに、ちょっぴりこれを入れてみた。ヤバイね~、箸が止まらない。

どれも千円にも満たない小さな食の贅沢は、大きな心の潤い・・・。感謝。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧