カテゴリー「雑貨」の34件の記事

2019年12月21日 (土)

冬の飾り物

友人から素敵にアレンジされたスワッグをいただいた。

木端材の飾りとの相性が良く、小さなクリスマス・ツリーみたい!

Swg1Swg2

冬の、このシーズンの楽しみを加えてくださって感謝!

職場でコーディネートしている華道講座で、先月は余った石化柳の枝と、今月はサンゴミズキ、ヒイラギ、バ―ゼリアをいただいた。先にいただいた石化柳は芽が沢山ついている。枝先が帯化して面白い形。約1mあり立派。簡単に根も出てくるし!

Sekkayanagi

後にいただいたヒイラギ、グレーのバ―ゼリアに、スーパーで買った赤いバ―ゼリア、ユーカリと、テラスのコニファーで混み合っていた枝ものを切って添え、玄関に飾ってみた。

Flwmtrls

スーパーの安い花束は水揚げが悪く、赤いヘピリカムもあったけど、枯らしてしまった。ユーカリやバ―ゼリアもドライフラワーに成りかけてる。正月に向けて、花をちょっとずつ買い足したい。

サンゴミズキは、”ため”して輪っかに。ヒイラギを仮止めして、正月飾りとして思案中。

Wrth2 Wrth1

華道の先生は、切り残った端材まで大事になさる。講座で学生が切り残した10cmくらいのサンゴミズキの切り枝を集めて束ね、ヒイラギ、バ―ゼリアと合わせ、可愛いオブジェを作ったり。「植物の命を頂いているのだから、余すところなく楽しませて頂く」心をも教えてくださる。

年末・年始と行くところもなし。

家でまったり、何かゆっくり物を作ったりして楽しもう。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

癖になる丁字の香り

今年の3月にモミジバフウの落ちた実をたくさん拾い、洗って乾かしておいた。

Dkrkn

沢山お裾分け頂き、消費できずにいたクローブ(丁字)と、道の駅で買った野イバラの実。

木の実とスパイスとくれば、ザルツブルガーなオーナメントを作ってみたくなる。

とりあえずクローブをモミジバフウの穴という穴に入れてみた。

なんか、スターウォーズのダース・モールの頭部のような・・・。

Krkknd1

クローブだけでは寂しいので、隙間を野イバラと、金色に着色された”繭を薄く剥いだやつ”を丸めて入れてみた。

う~ん、何かが違う・・・。失敗した新作のチョコレート菓子か・・・。

次なるアイデアが浮かぶまでと、飾り棚の上に置いておいたが、付近を通るたびに、スンっと甘いクローブの香り。

段々とこのスパイシーな甘さの良さが分かってきた。

そうだ、オレンジポマンダーは?でも、クローブが足りない気がする。

Yuzupmd

デパ地下で見つけた「柚子3個108円」。大中小とある中の、小で・・・。

Yuzupmd1

後にリボンを掛ける部分を避け、爪楊枝で穴をあけて、クローブの蕾を潰さぬようを挿す。

溶け合う柚子とクローブの香りに癒される。ワビにはめっちゃ嫌われるが・・・。

あとはシナモンパウダー(なかったからオールスパイス)を全体にまぶす。

悪魔の実か・・・。いや、魔除け玉だから、、いいんだ、これで、これで・・・。

Yuzupmd3 Yuzupmd4

クローブとスパイスが防腐効果を発揮して、腐らず乾燥=柚子ミイラになるかな?

| | コメント (2)

2019年10月13日 (日)

残すもの

大型台風・・・幾つもの大きな河川が氾濫し、多くの人が被災した状況に心痛む。台風の進路が少しズレていれば、と思うと、ニュースをヒトゴトとして見てもいられない。

美しい自然がある分、その厳しさがある事も思い知る。

台風の前日、テラスを片付けながら、家の中の断捨離も。

物に愛着を持っても、執着してはいけない。

捨てるものを選別すること=残すものを「どう残すか」考えること。

先日、猫達が時々寝床にしていたメイズ(トウモロコシの皮)の編み籠を処分した。

サヴィが激しく爪を研いでいたので、大きく裂けてしまったのだ。

籠の中に入れてあったクッションは、何度か洗って、この通り。

Repair1

ボロボロだけど、思入れがあって捨てられない(過去記事★)。

オリジナルの良さを出来るだけ残したく、布の破れが少ない所は糸で繕う。

布が大きく引き千切れた所は、断捨離対象の布から近い色相のを探し、上から被せ縫う。

Repair2

植物柄をセンス良く組み合わせて作ってくださったのに、自分の手持ちに色の合う植物柄が無い。

新しい布は買わない。今後、さらに修繕が必要になったら、自分の持ち布で模様もやがて揃ってくるだろう。

Remakecatclth

赤い方も同じく花柄が無いが、・・・猫柄を。

サヴィも使い、ワビにもお気に入りのクッションだからね。

このクッションを頂いた時の思い出に、使った年月の思い出が加わり、また未来に想いを馳せられそうなので、残しておくものだと思う。

Wabifine121

ラグビー日本 VS スコットランド、良い試合だった。

イェイッ!

 

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

丁寧に愉しむ(2)

数年前に一目惚れして買った日傘を無くし、大いに凹む。思い当たる場所は限られ、期待して問い合わせるも「ありません」と。

この酷暑で日傘がないのは辛く、買おうと見に行くが、無くした傘とどうしても比べてしまってダメだ。とりあえず色の濃い折畳み傘を代用し、気長に探そう。

失ったものもあれば、新しい出会いも。

先日、姪っ子への結婚祝いを購入したmokodiさんでは、石岡 泰さんの作陶展が開かれており、素敵な器がた~くさん。でも、我が家では台所用の器は足りている。

 

でも、このオブジェの誘惑には勝てなかった!

 

Ichioka1

 

 

 

 

 

 

 

一輪挿しの壁飾り。木の実を挿してみたけど、可愛くて、見る度に、萌える。

 

にぃさんはこっちの方が好きだと買ってくれたのがもう1つ。ありがと。

 

Ichioka2

 

 

 

 

 

上下では色も形も違う水玉。こちらは玄関にオブジェとして。帰って来る度に優しい丸模様が目に入るのは良いものだ。

 

断捨離してはいるものの、日々を雑に過ごさないためにも、このような愉しみは、ちょっとだけプラスして行きたい。

でもって、大切な物は、「肌身離さず」だ、、。嗚呼、日傘ちゃ〜ん!

| | コメント (2)

2018年7月15日 (日)

丁寧に愉しむ(1)

先日、姪っ子が入籍し、新しい生活を始めた。式は秋頃を予定しているようだけど、まずはお祝いを贈りたくてmokodiさんへ。

 

う~ん、自分が欲しいものばかり・・・アフリカの打楽器とか・・・何度も脱線し軌道修正して購入したのはチーク材のカッティングボード、リトアニアリネンのクロス数枚とケニアの匙。

 

ボードは家庭が円満であるよう丸形を。

 

でも、ちゃっかり自分用に四角いのを。サヴィっぽい色も好き。

 

Cuttingboard

 

 

 

京都でデザインし、タイで雇用創出し作ったものだとか。彫りのある表はプレートやトレイに、平らな裏はカッティングボードになる。使い込むほどに味が出そう。

 

Cuttingb

 

お店で売られていた「粉灯(ことう)」さんの”ほろり”というお菓子の素朴さと、トレイがマッチして、お茶の時間が愉しくなる。

 

新婚の姪っ子夫婦が、どんな家庭を築くか、とっても楽しみ。お幸せに。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

ミネバリ

週末、デパ地下の食品売り場へ行くと、「PAUL」が限定出店していた。

 

蒸し鶏のクロワッサンサンド~♪

 

Paul

 

 

 

バゲットのような堅めのパンも好きだけど、昨年取れた前歯の義歯が怖くって・・・。

 

固いと言えば・・・

 

長野県木祖村の名産品の「お六櫛」。

 

TV番組でも紹介されていたけど、パリの老舗L'Officine Universelle Buly  (美容薬局)でも良さを認められ、”ミネバリ”という商品名で取り扱われている。

 

ミネバリ=折斧樺(オレオノカンバ)というとても固い木で。

 

欲しいなぁと思っていたところ、ふるさと寄付金(納税)の返礼品となっているのを発見!

 

O6gushi

 

 

 

届いた手作りのお六櫛。しっとりした手触りで優しい梳き心地。気持ちいい~♪

 

最近、ヘナ染色で乾燥し、静電気怒りまくりだった髪が、椿油で磨かれた櫛のお陰か、梳いた後、程よくまとまる。

 

御嶽山の麓の村の一つである木祖村。とても好きな地域の伝統工芸の応援に寄付(納税)できるのも良い。

 

 

 

Wabifine95

 

 

 

アタシもミネバリで梳いて~!

| | コメント (2)

2017年5月 6日 (土)

使う時に、使う。

連休の後半、「物より思い出」ではなく、「物から思い出」な買い物。

 

「名古屋骨董市」で見つけたシノワズリーな柳籠(と言えばオサレか?)。「最終日なので千円引きます」が購入の一押しに。

 

Basket1

 

編物の毛糸を入れるものを探していたが、ドンピシャなイメージ。とても頑丈な取っ手にコットン糸で編んだモチーフをぶら下げて柔らかいイメージに。猫らが入ると、コロンコロン揺れる~。

 

その後、北の住まい設計社nagoyaで見つけたのが、ラトビアのピヌム・パサウレの籠。

 

「さっき籠を買ったばかりだが・・・」と躊躇しつつも・・・。

 

Basket2

 

 

 

木苺摘みに行くために・・・、いや裁縫時に道具や材料が散らかるので、まとめて入れておくのだ。あえて底浅め、面積広めのベリーバスケットを。これに合うカバーをBoutisで作ろうと思う。

 

同じく北の住まい設計社nagoyaでおこなわれていたHALLELUJAの「百年後の羊飼いの服×百年前の羊飼いの服」の展示販売で気になった羊飼いのローブ。散々迷った挙句、にぃさんが買ってくれると言うものだから・・・。

 

Hlrjyrobe

 

 

 

ポッケにエサを入れて、草原へ羊守りに行きたくなるほど、心地よい。布地の分量が半端ないから、脚を広げてチェロを構えても余裕。ずっと着られるローブ。

 

にぃさんへのお返しに帽子を掛けるフックをmokodiで。

 

Mokodkanagu

 

 

 

 

 

「これ、絶対死ぬまで着るわ、使うわ」的なものに出会ったら迷ってる時間はないと、最近思う。そういうものは、しょっちゅう出て来るわけでもないし、ものすごい高価なものが欲しいわけでもないから、買い過ぎたり、散財することもない。

 

良いものに出会うと、私も刺激を受けて色々と作りたくなる。

 

にぃさんの財布が軽くなった分は、節約するよ~。

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

点灯!

親馬鹿ではあるが、サヴィは頭が良い。

 

扉やドアは人間の行動を見てて開け方を覚えてしまう(開けっ放しだから、閉めてくれると良いんだけど・・・)。

 

そして、また一つ。

 

Turnoff

 

 

これは寝室の一角。寝室の窓を開けるということではなく、ベッドサイドのLEDライトの話。このスリムなライトは、デスクワーク用のようだが、寝室の手元ライトとして使っている。

 

パイプの先端に軽く触れると点灯。もう1回触れると光量が半分になり、再度触れると消灯する。暗い中でスイッチを探さずとも先端を触れるだけで操作できるのは便利。

 

便利なのだが・・・。学習力の高いサヴィ。たぶん先端に鼻を付けた時に覚えてしまったのだろう。

 

Turnon

思いっきり鼻チュン点灯で、出勤日ではない日の寝坊な私の顔面を照らしてくれるので、起きざるを得ないのである。

こういう棒の先端、猫ならついつい匂いを嗅ぐか、グリっと顔を擦り付けるから、偶然といえば偶然。

先日は、このライトの「ピッ、ピピッ」という操作音が寝室で鳴っていたので覗いてみると、ワビが点灯、消灯を繰り返していた・・・。無駄に学習する女である。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (9)

2013年12月11日 (水)

心の準備体操開始!

百均ショップ(Seria)へ寄ってみたら、こんな可愛いウォール・オーナメント発見!お腹の部分にフック穴があり、釘などに引っ掛けられるようになっている。

3birds1

白と焦げ茶色・・・、もうこれだけで、ワビ・サヴィにしか見えない親馬鹿。でも、2羽じゃ寂しいかと3羽購入。断・捨・離で殺風景になりすぎた部屋の、天井に段差のある壁に掛けてみた。

3birds2

長いマチが付いた画鋲に、念のため両面テープを巻き引っ掛けたのだが、フック穴の形状が悪くて、いまいち安定性に欠ける・・・う~ん、これが100円たる理由か?

2週間ほど前のこと、サヴィが突然ゴハンを食べなくなった。嘔吐もあり、毛もバッサバサで、背中の皮を摘まんで離しても戻りが悪く、脱水。病院で皮下輸液と血液検査。

体重 4.0kg → .3.75kg   
BUN(12~30)  29 → 32
Cre(0.8~1.8) 1.8 → 2.4
リン 正常値内で、かなり低め

BUN、Creの値が悪くなっているが、リンが高くなっていないことを考えると、以前のように結石が尿管を詰まらせた急性腎不全を疑うのではなく、慢性として腎機能が少しずつ低下していると考えた方が良いと。 嘔吐、食欲不振は「胃酸過多」を疑い、点滴及び薬を処方していただく。

翌日、やはり食欲なく、嘔吐。「薬がこれから効いてくるのかもしれないが、念のため」と、先生がもう一度胃酸抑制の点滴投薬すると、その翌日からは食欲が一気に戻り、嘔吐もなくなった(ホーッ)。

「食べるなら、皮下輸液はなくても大丈夫」とのこと。

Savvyfine93

サヴィ、今は元気。毛艶も良くなり、ワビと陽だまり争奪の仁義なき戦いを繰り広げ、私の後を追ってよく甘える。胃酸抑制の薬も3日だけ。点滴した日から2,3日は多尿になったが、今は気になる程の多尿ではない。

とはいえ、腎機能低下は否めない。胃酸過多は、腎不全から来る症状としても頷ける。あの悪夢の診断から3年半、1個の腎臓で頑張っている。 慢性腎不全で逝ったマオの看病で多くを学び、どのような経過を辿るかは経験している。

サヴィのこれからは、たとえ病状が下向きになっても、“諦め”とは違う“ 柔軟性”を心に持って、穏やかに見守ってやりたい。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (7)

2013年12月 6日 (金)

猫はおはじき上手?

先日の「断捨離」で、部屋の片隅に置かれていた木製品をオイルで手入れし直し、机の上に置いてみた。四隅が開いた正方形の物。これが何だかご存知だろうか?

Nekobeya4

CAROM(カロム)という、おはじきビリヤードのような盤上ゲーム(滋賀県彦根を中心とする地域でのみ親しまれているゲームらしい。詳細は、日本カロム協会★のHPで)。
20年前くらいに東急ハンズで一目惚れ。60cm×60cm大の頑丈な木製品、結構重量もある(そして、お値段も張る・・・)。

Nekobeya5

ゲームのルールは簡単だが、狙った通りにパックと呼ばれる駒をポケットに入れたり、相手の駒を弾いて邪魔したりするため正確に弾くのが結構難しい。猫らには真剣に観戦され、しばしば乱入も。チョイチョイと反則技で駒をポケットへ入れられたり、場外へ弾かれたりしてゲームはめちゃくちゃにされる。

Savvyfine94

私と勝負してみない?

ちなみに、いまだにぃさんに勝ったことがないから、秘密の猛特訓で挑戦状叩きつけようかな。

カロムで遊びたい方、ぜひ我が家へ!ただし、爪に激痛が走る可能性あり。

お気に召しましたら、ポチっとご投票ください!
にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (8)